生存給付金付定期保険はお祝い金付きで、保険料は割高

投稿日:2019年6月15日 更新日:

生存給付金付定期保険

生命保険には、「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3つのタイプがあります。一般的に、「定期保険」は、死亡保険の基本形の3つのうち、保険料が最も安いといわれています。しかし、「生存給付金付定期保険」は、生きて満期を迎えたときに、お金が受け取れるので、「定期保険」より保険料が割高になります。

あなたにあった死亡保険を選ぶためには、「生存給付金付定期保険」がどんな保険であるかを知ることが大切です。このページでは、生存給付金付定期保険のしくみについて説明します。

生存給付金付定期保険は「定期保険」の一種

一定期間に亡くなったとき、一時金で死亡保険金が支払われる保険です。生存時は数年ごとに生存給付金が受け取れます。

これをイメージ図に表すと、以下のようになります。

契約時から保険期間の満了まで保険料は一定ですが、生存給付金が付いている分、定期保険(全期型)と同じ条件で保険料を比較すると、保険料は割高になります。

この保険に入っているあなたは、一度保険証券と電卓を出して、

  1. その保険に合計でいくら支払うのか
  2. 満期時までに受け取る生存給付金はいくらか
  3. 保険料を払い終わった時点の満期金はいくらか

を確認してください。

1の総払込保険料が、2と3の受取合計金額より上回るようでしたら、「定期保険」と「貯蓄」を分ける見直しをするべきです。

生存給付金付定期保険に加入すると、満期時に2倍の「生存給付金」を総額で受け取るというバブル期の時代は、過去のことです。 また、生存給付金付定期保険に医療特約をつけていると、満期を迎えたときに、同時に医療保障も終了してしまいます。

生存給付金定期保険は、新規で加入するのはお勧めしないのはもちろんのこと、既に加入している方は貯蓄性が低くなっているため、見直しをすることをお勧めします。

Copyright© かづな先生の保険ゼミ , 2020 All Rights Reserved.