女性ファイナンシャルプランナー田中香津奈のFelice Blog

サイトトップへ戻る

田中香津奈:女性FP、社会保険労務士

リニューアル後の初めての平日

2003年11月17日

このたび、念願のHPリニューアル。
お伝えしたい情報と、私の技術がおいついていかないため一部工事中のまま、アップ。

でも、自分で編集した「セミナー風景」。
今までたくさんのお声をいただいた「相談の声」。

抜粋していて、いろんな思いがこみあげてきました。

実物の私もトップに現れ、しゃべっている姿もあり、相談もきちんと受けてます!ということも表現できました。

みなさまに気軽に相談できるサイトにしていきますので、今後とも宜しくお願いいたします。

ぞくぞくと届くHPへの励ましの声、抜粋します!

★HPリニューアルバージョン、早速拝見しました。
前回よりも内容がわかりやすくなっていますね。
動画が見れて面白いですね。写真もキレイに写ってますよ。
一番いいなと思ったのは、保険ゼミです。
簡単に少しずつ勉強できて、保険初心者にはとても親切な
サイトになるのではないでしょうか。
ますます魅力的なサイトになるように頑張ってくださいね。(岡村さん)

★HP良い感じですね!
かなりのバージョンUPですね。
(氏原さん)

★活躍ぶり、頼もしいです。
これからもみなさんの相談がいっぱいくるサイトになるといいですね。
(長谷さん)

気合をいれて、がんばります^^

SPEED再結成コンサート

2003年11月15日

行ってきました!SPEED再結成
横浜アリーナでのコンサート。
ヤフーオークションでゲットした中では、一番席は悪かったですけど、限定のステージだけあって本当感激。
彼女たち、とても解散していたとは思えない、ブランクを感じさせないステージでした。

一番のお目あては「White Love」。会場のファンも圧倒的にこの曲を支持してます。
イントロクイズのように、イントロがかかったら大歓声。

この曲は、ちょうどOLのとき、カラオケの登場回数多かったですね。
誰かしらこの「White Love」歌ってました。
先輩が先にエントリーしてしまって、歌いそびれたことも多々あり。
そんな切ない思い出がよみがえります。

さて、YahooのHPをみていたら、なんと紅白に出る可能性のニュースが。
ゴスペラーズが書いたという新曲「Walking in the RAIN」と、トミー・フェブラリーが書いたという、チアリーデイングぽく、モーニング娘。を思わせる両A面が11月27日にリリースされるということです。

ゴスペラーズ作曲の歌、イイです。是非一度聴いてみてください。

どんなにブランクあっても、実力がある人は支持されますね。

解散していたにもかかわらず、案外年齢層が若かったですね。

次回は井上陽水行ってきます^^

クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ

2003年11月13日

今お気に入りのお店、六本木ヒルズのショップ4Fにある「classics the small luxury」
店の名前を良く見るとわかりますが、ハンカチを販売しています。
大学の2年後輩の彼女がお店のオーナーです。(ゼミ会で紹介してもらったのです。)
母体はブルーミング中西
彼女はその母体とは離れて、彼女なりのコンセプトでお店を出しているということです。

前回は、閉店間際にかけこんだのでゆっくりみれませんでしたが、今回はオリジナルのハンカチを作成しにいこうと「クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ」に来店。ただ、刺繍やイニシャルを選ぶのかと思いきや、何度も自己判断が求められる買い物となりました。

1.まず、生地にするハンカチを選ぶ。刺繍を入れるのであれば、やはり無地がオススメ。
2.モチーフを選ぶ。かえる、テントウムシ、お花など。
3.イニシャルを選ぶ。姓と名、両方いれるかをまず決めます。そして、イニシャルの種類、なんと25種類くらいあります!大きいものから、小さいものまで。
4.それぞれ決まったら、糸を決めます。
5.最後に、刺繍の場所を決めます。

イニシャルもどれもかれも素敵。
でも、モチーフとの兼ね合いもあり・・・全体のバランス感覚が求められました。
直感と、差し上げる方のイメージをうかべながら発注。

本当、オリジナルのハンカチーフ。
クリスマス、お歳暮プレゼントの時期です。
是非、大切な方、お世話になった方におすすめです。
その人に合わせた、ハンカチ。とても喜ばれるのではないでしょうか?
注意!発注に2週間ほどかかります。お早めに。

ビデオ撮影1日がかり

2003年10月31日

10月31日、記念すべき日です。
セミナーで大勢の人に話すことはだいぶ慣れてきました。(まだまだ奮闘中ですが・・)

今日は違います。
カメラに向かってしゃべります。反応がわかりません。
どんな人が見ても興味をもってもらえるように、あんまりにこにこしながら話をするのも信用を失うようで、ちょっとまじめに。

そして、保険の分野だけではありません。

題名は「転職に向けての転ばぬ先の7つの杖」
転職にまつわる7つの杖、ということは、7つの分野を総括しました。

失業給付、
健康保険、
年金、
住民税&所得税、
住宅ローン、
保険、
マネープラン。

幅広く、そして1チャプター5分という限られた時間でどれだけのことを伝えるか。

本番は、よくテレビでみる「はい、本番いきます、3,2,1」
というスタート。
原稿のカンペを担当の氏原さんがめくってくれます。

絶妙なタイミング。
原稿をわかりやすくレジュメに作ってくれました。総ページ240。

この機会を与えてくださった社会保険労務士の野口先生、
ご紹介していただいた三田先生、ありがとうございます。

ご縁を大切にお仕事していきたいと思います。

●左から氏原さん(来週入籍、おめでとうございます!)
私、近藤さん(まだまだ未完成のリハーサルに嫌な顔せずお付合いいただき、ありがとうございます!)

●撮影していただいたカメラマン、音響の方。

eラーニング撮影に向けて

2003年10月22日

「転職におけるマネープラン」、原稿書き終えました^^
10月31日(金)に私がEラーニングになる撮影をします。
初めてのことで、どきどきです。
原稿をとりあえず終えて、ほっとひと安心。
題名はとってもイケテマス。(残念ながら、まだ公開できません・・・)

今までの技術の総決算ということで、デジカメもスキャナーも取り込んでます。
マネーのことってただでも複雑なので、実際見本があると安心しますよね。

今回は、私が新入社員のことを思い出して、工夫しました。
入社した部署は、「料金部」。
お金のことなので、お客様からの質問はシビアだし、銀行ともやりとりをしなくてはいけなかったのです。

入社してすぐ、5月くらいからは電話をとっていました。
「今手元に払込用紙きたんだけど、何これ?」
「保険料控除のお知らせ?とか来たけど、書き方教えて?」
「はがききてるけど、これって何の通知?何かしなくちゃいけないの?」
などなど。まだまだ、マニュアルがない時代でしたので、
まず、私が見たこともない書類の質問をされたって答えられないよ!!と、混乱してました。

何か意味がわからなくても、視覚でみたものって、なんだか抵抗感がなくなります。

そんな思いを込めて、今回見本入りの原稿作ってみました。
これから、すべて原稿覚えます。
セミナーではなく、カメラに向かってしゃべるので。
カンペを作ってくれると、先方さんはおっしゃっているけど、大筋覚えていかなくては。

がんばります。

乳がん

2003年10月14日

日曜日、原宿の駅を降り立つと、プラットフォームの前から後までを、「乳がん・ピンクリボン」キャンペーンの広告が立っていました。
10人くらいの女優さんが「乳がん・早期発見」のフレーズをかかげている広告です。
アメリカで発祥した運動ということですが、今日本で「ピンクリボンを見たら、乳がん早期発見が大事!!って思いましょう」というキャンペーンが大々的に行われてます。

今、乳がん検診について是非が問われています。

発端は朝日新聞のようですが、「乳がん検診に行きましたが、見落とされました。」という一つの投稿がきっかけで大きな波紋を呼んでいます。

昨日は、当社がリンクしている「乳がん情報ネットワーク」の主催者と、立ち上げているお医者様にお会いしてきました。

やはり、現場の声は切実です。

朝日新聞の影響で、民間の乳がん検診では心配という方が、「乳腺外科」に殺到しているとのことです。
乳がん検診の専門家って、日本には少ないとのこと。
該当するのは「乳腺外科」というのですが、なかなか専門でおいてある病院は少ないとのことで、がんセンターは検診で予約待ち、4週間。
聖路加病院は、とりあえず行けば診ていただけるかも、ということで殺到。
他の外来が終わって、病院の廊下が真っ暗になっても、午後8時過ぎまで毎日外来が絶えないという現状でした。

「検診」は、あくまでも検査するので、責任はないのです、「受診」ではないので。
その境界線が医学的に非常に難しいということです。
「乳がん検診」は、画像が読めることが第一条件ということで、検診する先生には、どれくらいその画像が読めるかで、評価が付いているそうです。

「検診」は大事ですけど、あくまでも検査。
絶対ではないということを頭にとめておきましょう。
少しでも異常を感じたら、病院にいって「受診」すること、大事ですね。

実際にお話を聞くと勉強になります。

お月見会

2003年10月10日

今日はお月見会なの。
会う人にそう伝えていると、「そういってただの飲み会じゃないの?」なんて言われましたが、
正真正銘の「お月見会」。
ちょっと曇っていたけど、満月がきれいでしたよ。

この会は、大学のゼミ会。
来年4月に、先生が定年退職するというので、新しい研究室見学という理由で集まりました。
高台にある研究室からは、以前は東京タワーとレインボーブリッジしか見えなかったのに、たくさんの高層ビルと六本木ヒルズが見え、近代的な景色を見ると、年月が経たことを感じました。

卒業して、8年。

先生も感心していただくほど、集まりのよさ。

転職経験者、
結婚してお子さんがいる娘、
自宅から通ってがんばって勤務している娘、
海外から帰国して日本での就職を探している娘、

仕事がのってきたり、子育てに追われていたり、本当、環境がさまざまでした。

私もそうですが、一生懸命がんばっているときって、なかなか先のことを考えることってできないですよね。

でも、私は職業上、いつも「ライフプラン考えましょう!!」と何人もの一生を一緒に予想しているめまぐるしさの中で、たまには一度立ち止まって、今のことだけを話すというのも、ほっとするひと時でした。

電気を消して、お月様を見る。
もちろん、お団子も用意して。

とっても癒されました。^^

バカの壁

2003年10月1日

久々に、昔の上司ともう1人前になってしまった私の元指導っ子と再会しました。
3人で一緒の環境で働いたのはたったの8ヶ月くらいですが、こうやって会うことができるのは、激しい業務を戦ってきたからかな、と思うとお仕事の苦労も今思うとよい思い出です。

上司のNさんから、4回も読んだという「バカの壁 」(養老孟司)をプレゼントしていただきました。

「自分が知りたくないことについては自主的に情報を遮断してしまっている。・・・」(本文中より)

本を買うという行為は、まさしくそれを象徴していると思います。
自分が本屋さんに行って手にとったり、Amazonで「おすすめです」と通知してくれる本というのは、やはり似たような書籍が多くなってきてます。
こうやって、本を実際に紹介していただくと自分が「遮断」してしまっている分野の本にめぐり合うことができます。

と固い話になってしまいましたが、もちろん久々の飲み会。
たくさんのワインを飲み、最後は、開店時からNさんが行きつけのお店でうどんを食べて解散。
一滴八銭屋(新宿西口)このお店、おすすめです。

さて、今日からHPリニューアル作業に入ります。
がんばります^^

継続は力なり

2003年9月28日

自宅のとなりには、学習塾があります。
今日は、こんなお天気がいい中、お昼頃、ぞろぞろと中学生が建物からでてきました。
そうです、模擬試験の帰りです。
塾で学んだことって、今の仕事に何も役にたってないので、「なんであの時、試験のためにどきどきして勉強していたのだろう」と思いました。
でもそんなとき、ある方の言葉を思い出しました。

「別に模擬試験が重要なのではなく、筋力と同じで、継続することが大事ということを学ぶのが勉強だ。1晩で筋力がつかないのと同様に、勉強も1夜漬けではある程度の実力しか発揮できない。」

偶然に、今日は、
90日で幸せな小金持ちになるワークブック―今日から始める72のわくわくレッスン

90日で幸せな小金持ちになるワークブック―今日から始める72のわくわくレッスン

をやり遂げた日となりました!!!
1日目から90日目まで、ワークブックの形式になっていて、90日で習得できるようになってます。

私がこの本を購入したのは、6月1日。
ぱらぱらとめくってみると、

「このワークブックは読んで知識を得るのが目的ではありません。できるだけ1日1ワークを守ってください。きっと次の日のワークを読みたくなるはずです。でも、そこはちょっとがまんして、今日のテーマに意識を集中させて、1日を過ごしてください。」

なんだか忠実に守ってみました。
確かに、1ページ1ワークなので、すぐ終わってしまい、次のワークをやってみたくなった日も何日もありましたが、こらえました。(こらえすぎて、毎日できなかったのが重なり、結局1ヶ月遅れの終了となりましたが・・・)

内容がすべて実行できたかはどうかとして、6月1日からの自分の心の変化を読み直したり、ほんの1日のちょっとした時間の作業が積み重なると、こんな1冊のワークブックをやり遂げられるんだ」という、継続の達成感を感じました。

当たり前のことが書いてありますが、もう学校にいく年代でもないので、基本的なことを自分に投げかけてくれるこの本の役割は、ここ数ヶ月、私の支えとなってくれました!

ちょっとお休みして、10月からは新しいワークブック始めようと思ってます。

2台目のパソコン

2003年9月27日

2台目のパソコンを購入しに、電気量販店に行ってきました。
思えば、最初に買ったパソコンは1998年の時、ノートパソコンでした。
「東京レストランガイド」が見たくて、そのために買いました。

日中、仕事でパソコン三昧だったので、家に帰ってまで開く気がせず、ほとんど部屋のインテリア家具?状態でした。

そして、昨年、このサイトを始めるのと、引越しを機に「デスクトップ」を購入。ただひたすら「通信速度が速いもの!」にこだわり購入してました。

サイトにかかわって、1年を迎えようとしています。
文書を作成することと、インターネットでの検索の仕事と、交差することが多く、なんだか不便さを感じていた今日この頃でした。

さて、2台目は、ネットとメールができるだけでよく、速度重視、ということで決めました。
とっても、この1年で、PCへの知識が付きました。

そこで今日は、自分好みのPCを購入。到着するのを楽しみにしています^^そうです、今をときめく「DELL」コンピューター。
メモリはいくつで、何は必要で・・・なんて話をしていると、とっても楽しくなっていました。
何が必要で、何が自分にあっているのか、この1年間でわかるようになったのですね。

自分がお客様になってみて、わかりました。

昨年までの私は、PCは理解しえない分野だと思えば、迷わずCMで見た「内蔵ソフト」がたくさんついてある「セット」を買ってしまってました。
でも、無駄な部分が多く、その価格も高いのです。

でも今年は違います。
自分のほしいものを選択することができました。

保険も一緒です、セット販売がよいとはいいきれないです。
少し理解をすると、自分で保障を選べるようになります。何かヒントを得た買い物でした。

Felice Plan

田中 香津奈
ファイナンシャルプランナー
(CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
社会保険労務士(登録番号 第13140401号)
株式会社フェリーチェプラン 代表取締役

2005年に独立系FP会社、株式会社フェリーチェプランを設立。
セミナー、個別相談、執筆&メディア出演等を通じて、個人・法人問わず、お金の不安を解消する支援をしています。
詳しいプロフィールはこちら

田中香津奈の「ドローマイライフ」

2020年1月
S M T W T F S
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新記事

rss

カテゴリ

過去の記事