女性ファイナンシャルプランナー田中香津奈のFelice Blog

サイトトップへ戻る

お金へのネガティブ思考を解消して、アラフォー女性が60歳までに
3,000万円作る方法を学べます。

シンガポールに住みたくなった!

2016年11月17日

これまでのソニー生命の変額保険の
運用益を活用して、
4泊5日でシンガポール旅行ヘ
行ってきました。

運用益は旅行費用にするために、
別管理しているのですが、
オーストラリア旅行に続き、嬉しいです。

シンガポールへは
高校3年の春に行ったことがあります。

あれから24年の年月が流れてしまいましたが、
その時に乗ったシンガポール航空の
サービスの素晴らしさが印象的で、
今回も利用することに。

飛行機から見える景色を見て、
長女は何を思っているのかなぁ。

ずっと、外を眺めていました。

161117-01

出発の羽田空港は強い雨だったのですが、
富士山上空は晴れていて、 とても幻想的。

 161117-02

朝8時50分のフライトでしたが、
到着したのは夕方。 

161117-15

初日は、張り切って
屋台に食べにいったのですが、
帰りに流しのタクシーを拾うことができず、
宿泊先のマリーナベイ・サンズを目指して
歩くことに。

タワー1、2、3と3つの高層ビルを屋上で
連結した構造になっていて、
高さはなんと200m!

前半はここに2泊です。

161117-03

そもそもシンガポールに
雨季(10月から3月)があることを
知らなかった私は、
直前にチェックした
シンガポールの週間天気予報が
毎日のように雷雨でがっかり、、、。

しかし、現地では、天候に恵まれました。

ホテルから見える日の出はとてもきれい。

161117-04

朝食のバイキングの1つで
気に入ったのが麺類。

まっさらな麺でしたが、
香菜や赤とうがらしなど、
トッピングをてんこもりにして、
オリジナルのアジアンヌードルに。

161117-05

雨が降らないうちに、
最上階57階のプールに行くと、
シンガポールの都市部が一望。

夢のようなひとときでした。

161117-06

161117-07

「シンガポールは物価が高いよ」
ということを聞きますが、
とにかく飲み物が高い。

これはホテルの中のコーラの例ですが、
特にビールは高いです。

161117-08

プールにいる時間が長かったのですが、
お決まりのマーライオンには行ってきました!

とにかく、中国人とインド人の多さにはびっくり。
 

161117-09

後半2泊は、
都市部から少し離れたセントーサ島に
移動。

宿泊先は、ハードロックホテルです。

前半とは違い、
ほぼすべて徒歩圏内で動くことができました。

まずは、ハードロックカフェでケーキです。

161117-10

長女のお誕生日週間なので、
ケーキを頼んだと言ったら、
「Happy Birthday!」を
してくれました。

サプライズ演出がとても嬉しかったようです。

161117-11

「大人も子供も楽しめる」
というキャッチフレーズで
このホテルにしたのですが、
プールも浅めで滑り台もあり、
次女も初めて浮き輪デビュー
することもできました。

161117-12

ユニバーサルスタジオに
行った日は、これぞ雨季
といった感じの スコールに。

161117-13

雨やどりがてら入った屋内施設は、
懐かしの「セサミストリート」。

中学時代は、セサミストリートを見て
英語の勉強をした記憶があるんですが、本
物を見るのは初めて。

私が興奮してしまいました。

161117-14

結局雨はやまず、
シンガポールの「キッザニア」へ移動。

日本と同じくらい混雑していたのですが、
すべて英語対応の中、
長女はなんとか溶け込もうと頑張っていました。

とにかく、シンガポールは物価が高いですが、
どこの公共施設もきれい。

そして、蚊はほとんど見かけない。

昨年のオーストラリアは、
借金が世界一少なく、
そして2050年までに
もっとも人口が増加する国で、
経済的効果を感じることができました。

そして、今年のシンガポールは、
日本から撤退した
多くの金融機関が連なっていました。

日本も快適ですが、
やはり今後のお金の行き先は、
海外なんだと強く確信した
旅行となりました。

そういったことをふまえた
資産形成スクールについて、
着々と準備が進んでいます。

田中香津奈の
これまでにない情報発信を
楽しみにしてくださいね。

「FP FAIR 2016」実況中継

2016年10月13日

前回のブログでは、
セミナーの様子が無かったので、
改めてアップさせていただきます。

ご好意で、FP協会の方から
SNS用写真を送っていただきました。

ありがとうございます!

161013-01

先ほど、
当日サプライズ参加してくれた
商工中金の義兄と電話で話しましたが、
ES(エデュケーショナル・セッション)
の中では 一番広めの会場だったとのこと。

 161013-03

このセミナーを受講すると、
継続教育の単位が 1.5単位がもらえます。

161013-02

名刺を改めて見てみると、
北海道、富山、東京、大阪、兵庫、
京都、奈良、三重、熊本、鹿児島、
などなど、全国各地からの参加です。

161013-04

今回のFPフェアがきっかけとなり、
私と年齢が近い 弁護士先生と
お会いすることになりました。

161013-05

東京永田町法律事務所代表の弁護士、
税理士の長谷川裕雅先生です。

年齢は私の1つ下で、同世代になります。

早大政経卒業後、
朝日新聞社の記者をしていたとのことで、
国会議事堂隣に事務所を構えています。

なんか堅そうと思われた方はいませんか?

全くそんなところはなく、
とても気さくな先生なんですが、

実は、
販売部数10数万部を突破した
ベストセラー書籍
「磯野家の相続」の著者だったのです!!

http://磯野家の相続.com/

今後、セミナーなど何らかで
ジョイントさせていただきますので、
どうぞお楽しみに!!

『ねんきん定期便』を活用した保険の見直し方

2016年10月10日

という内容で、
FP協会主催の「FPフェア2016」
10月9日(日)に、
登壇してきました。

今年は、記念すべき第30回目となり、
今年の会場は、大阪・梅田のグランフロント大阪。

161010

 「FPフェア」とは、
19万人のファイナンシャルプランナー
(FP)が属する、日本FP協会が、
年1回開催する会合です。

全国からFPが出席していて、
今年は1,500名以上の来場とのこと。

JR大阪駅から直結なのですが、
会場までは、立ち寄りたくなるお店が
ずらりと並んでいて、
誘惑が多かったのですが、
12時前に会場に到着!

161010-01

参加者には、
2日間すべてのセミナーのレジュメが
冊子になっているものをもらいます。

1cmもあるカタログのような冊子ですが、
これがまたすばらしい。

161010-05

よくある雑誌mookより、宣伝なしで、
最新情報が満載。

何より、他のFPの先生の原稿は読んでも、
セミナー資料を見ることはあまりないので、
セミナー講師としては、この冊子は大変勉強なりました。

首賭けのネームプレートを受け取り、

161010-06

155名収容の会場を
下見させていただきましたが、

161010-02

「満席」とのことでした。

161010-03

竹下さくら先生は、
私にとっては常に基準となるべき
存在であり、
ありきたりな情報を
まとめ上げるだけのFPとは
一線を画した本流の硬派な姿勢に、
私自身影響を受けているところが
多いです。

私が会社を設立して、
初めてメディアに出た
女性誌「oggi」が2006年1月号。

記事の中で、竹下さくら先生と
同時に掲載させていただいた感動は
今でも忘れられないです。

161010-08

FP勉強会でお会いすることも多いですが、
なかなかお話する機会もなかったです。

今回、控え室でご一緒させていただき、
お子さまのことなどプライベートな
ことまでお話することができました。
  

15時~、
私のテーマである
『「ねんきん定期便」を活用した
保険の見直し方』です。

壇上から見渡すと、
知っている顔ぶれがチラホラと。

商工中金に勤務している義兄の姿も発見し、
緊張というよりは安心することができました。

90分、初のホワイトボードなし、
そして質疑応答なし、
レジュメ20枚と、
いろいろと制約があったなか、
無事に 終了。

161010-04

 

最後に長女の運動会についてです。 
セミナー前日の10月8日(土)。

来年から小学校のため
今年が最後だったのですが
あいにくの雨。

体育館での開催となりました。

1歳の頃から参加しているので、
いろんな思い出が頭の中をよぎり、
大きくなったなぁっと、
感慨深かったです。

最後はメダルをもらって無事終わりました。

161010-09

今年もあと3ヶ月。

大きな行事が終わって
ホッとしていますが、
これからセミナー開催の準備を
着々としていきたいと思います。

ビールの値段

2016年10月4日

9月は個別相談で、
異例の日曜日・祝日なしだったので、
久しぶりの休日。

お天気も良かったので、
神宮球場外野席へ。

東京六大学野球の外野席は
女性、中学生の団体、65歳以上の方、
小学生までの同伴の子どもは無料です。

161003-03

日光浴してる人も多く、
広々としているので気分爽快!!

何となくですが、
この周辺は良い『気』が集中しているように
感じるので、外苑周辺は好きな所です。

ただしこの神宮球場は、
2020年東京オリンピック後には、
隣接する秩父宮ラグビー場と
場所を 交換する形で
建て替えが決定していますので、
少し寂しいです。

161003-01

球場でのビールは欠かせませんが・・・

161003-02

神宮球場内のビールの値段設定は、
見過ごすことができません。

お店まで買いに行くと、
このように750円もします。

161003-04 

しかし、女性の売り子さんが来ると、
缶ビールを開けて注いでくれて500円

男性の売り子さんは、
瓶ビールを空けて注いでくれて450円

すべて、同じ種類のコップです。。。

だから何なんだ!といえば
それまでなんですが、
個人的な感想としては、
やはり最初の生ビールののど越しは最高。

その後は酔っ払っているので、
違いがよく分からず、
450円で十分という結論です。

しかし、売り子さんの場合、
飲みたいときほど来てくれないので、
タイミングが重要。

そのジレンマに耐えなくてはいけません!!
 
日曜日はあまりの暑さに、
早々に神宮球場を後にして、
アイスリンク場を見学に。

途中、長女がよく練習をしに来ていた、
自転車の乗り方教室をやっていて、
何だか懐かしい。

161003-06

300円くらいの入場料を払い、
見学してみました。

お教室もやっていて、
私と同年代くらいのお母さんが、
第二の真央ちゃんを目指して、
真剣に我が子を応援していたのが
印象的です。

161003-07

国立競技場跡地って、
現在こんな状況。

数年後の東京オリンピックで、
満員になることが想像できないくらい、
だだっ広い敷地でした。

161003-08

最後に10月2日、
日本生命がちょっと変わった女性向け保険を
発売したので、ご紹介させていただきます。

出産時の給付と特定不妊治療の保障により
出産をサポートする商品は、
業界初となります。

ペットネームは「シュシュ(Chou Chou)!」。
正式名称は「出産サポート給付金付3大疾病保障保険」
対象年齢は、16歳~40歳の女性限定。
↑矢印あれっ、私まさかの対象外に・・・。

出産給付金として、
1人目10万円、2人目30万円、3人目50万円、
4人目以降・・・支払回数の限度なし、
の一時金。

特定不妊治療給付金が
最大12回までもらえます。

この特定不妊治療とは、
対外受精・顕微授精のことです。

公的助成制度は、
妻の年齢が43歳未満
(↑これギリギリセーフ)で、
夫婦合算の所得ベースで
730万円制限がありますが、
高額になるケースも多々あるので、
このような保険が経済的リスクを
軽減してくれることになります。

さらに3大疾病と死亡に備えた、
満期時に一時金が戻る養老保険
ということですね。

アフラック時代に新商品開発にあたり、
各部門から選抜されることがあり、
私がそのメンバーに選ばれたことがあります。

その時に私が提案したのが、
「キャリア ウーマン インシュアランス」
略して「CWI」。

ベースは医療保険で、
女性の就職→出産→定年退職、
など節目の際に祝い金がもらえるという
保障内容です。

当時、
「案はいいけど、保険数理的に難しいなぁ」
と却下されましたが、
今回日本生命から発売された商品は、
当時の私のコンセプトに近いのでは
と思いました!!

単発個別相談の申込み終了しました

2016年10月1日

前回の「お知らせ」ブログを
見ていただいた方から、
最後の駆け込みの個別相談がありましたが、
最終的には29組のお申し込みがあり、
昨日を持って単発個別相談のお申込みを
終了しました。

後半に集中していたために、
かなりタイトなスケジュールでしたが、
ほっとしています。

独立系FPの有料個別相談を開始してから、
15年目。

セミナーに集中していた時期や、
2度の出産前後で、
一時期休止したことはあっても、
約1800組もの相談を受けてきました。

無料ではない中、
みなさんよく来ていただいたなぁと
感慨深いです。

「かづな先生のマネー相談」
から始まり、
メール相談や電話相談もしたこともあります。

主に「お気軽プラン」と「満足プラン」という2本柱。

会社設立以降は、
「かづな先生のセカンドオピニオン」、
通称「セカオピ」で
長い間みなさんのご相談を承ってきました。

その中で共通して、
特に、最近顕著なご相談は、

「現役時代の生活レベルを落とさないで
 ねんきんライフを手に入れたい!」

です。

私がアラフォーなので、
年齢層が近い独身女性の方、
私が5歳と2歳の子どもがいるので、
同じような年齢のお子さまが
いらっしゃるママ、
私が会社を経営しているので、
経営者の奥様やドクターの奥様

ご相談の約7割が、このような方々です。

有料相談だからかもしれませんが、
現状厳しい生活で、
路頭に迷っている方からは申し込みはなく、

言い方が悪いかもしれないですが、
現在の仕事・私生活が
きちんとした方ばかりです。

女性からの相談が圧倒的に多く、
また、家族や経営者にそういう影響力が
強い女性から期待されているということで

「ネオマネースクール」が女性向け
ということが一目でわかるように、

女性のための資産形成スクール
「フェリーチェプランアカデミー」

とすることにし、
数々のメソッドをご紹介していきます。

今まで、私は、金融商品の活用のセミナーや、
金融商品の販売側が主催するセミナーに、
数多く参加してきました。

セミナー参加者の大多数は男性であり、
女性の参加者は少数です。

女性は私1人ということも多々あります。

参加者は一流の方ばかりで、
みなさん紳士的な対応なので、
私個人的には居心地が悪いと感じたことはありません。

全体的には

「お金に関するレベル高めの情報を得る
セミナーは、男性社会、男性優位」
ということなのです。

男女は同権であっても、同質ではありません。
従って、男性と女性とではおのずから、
受ける教育に違いがなければなりません。

女性にふさわしいお金との付き合い方を
身につけるのは、
女性だけの資産形成スクールが理想。

以上が、
私が女性限定の資産形成スクールを
立ち上げようと思った理由です。

このスクールを通じて、
女性の方々にどんなことが伝えられるのか、
このブログで次回以降お伝えできたら
と思いますし、
生保募集人向け、
社労士向け事業も考えています。

最後にマスコミ掲載、2つ同時お知らせです。

週刊朝日MOOK「高齢者ホーム2017」
に登場しています。

高齢者ホーム 2017 (週刊朝日ムック)

 

「あの書類が重要な手掛かりに・・・
 いったいいくらもらえる?
 親子で年金でチェックしよう」

を監修しています。

50歳未満の「ねんきん定期便」
の見方をフローチャートにしています。
また、
「知らなきゃ損する!
介護関連の控除の話」は、
メディア初の話題を提供しています。

よろしければ、ご参考にしてください。

私の祖父がいる介護施設も
評価の対象に掲載されていましたが、
最も気になったのが、
居酒屋和民の介護事業を買収した
SONPOケアそんぽの家」が
全国各地にあることです。

そして、2017年の家計簿のコラムを
監修したものが3冊発売されました。

クッキング家計簿 シニア家計簿 シンプル家計簿

普段は引き受けることのない
節約についても取材協力しています。

取材は、真夏のときだった記憶があるのですが、
冷房をつけっぱなしにしても、
ほとんど電気代は変わりません。

PCでも同じことが言えますが、
付けたり消したりが効率が悪いものです。

特に今年の夏は、家に帰ってきても、
ホテルのような環境で快適でした。^^

先日、3年に1度の電気業者の点検が
きたので、その旨を話していたら、

「冷房と除湿はまた大違いです。
除湿にしていると、
ファンに負担がかからないので
電気代があまりかからないのです」

時々蒸し暑い日は、
除湿をつけて快適にすごしています。

そのほか、2017年のお金の流れを
よくするコラムが掲載されています。

よろしければ、
来年のお金の管理にお役立てください。

大切なお知らせ

2016年9月2日

生命保険業界は
マイナス金利の影響を受け、
定額性の貯蓄性のある保険は
壊滅状態となっています・・・

たとえば、
東京海上日動あんしん生命の
「長割り終身」は、商品改訂ではなく、
今月2016年9月末で売り止めになります。

この保険商品は、
平成21(2009)年11月に発売した、
私の著書
「晴れた日に傘を買う人はお金が貯まる」で、
「ほったらかしで1161万円貯まる金融商品」
として紹介しています。

さらに、あんしん生命は「個人年金保険」も
売り止めにします。

私はこの保険商品を、
「個人年金保険料控除」狙いで、
最低限の加入をすすめてきました。

160831-01

ソニー生命は、
今月で「積立利率変動型終身保険」を
販売停止にします。

著書でも紹介した
変額終身保険「バリアブルライフ」は
保険料が約20%もUPです。

160831-02

マイナス金利以降は、
各社こんな悲しい発表ばかりです。

しかし、各社ホームページには、
こういうお知らせは公表されていません。

いつものように、
ひっそり姿を消そうとしています・・・。

これから貯蓄性のある定額の保険商品は、
ほとんど姿を消し、
変額の保険商品もしくは、
ドルを活用しての保険商品が
主流の時代となることを意味します。

日本は、機動的に金利を上げられない国
になっていますので、
今後も金利が上昇することは期待できません。
よって、定額商品が復活することは、考えにくいです。

なぜ、生命保険を使った資産形成を
お勧めしてきたかというと、
運用リスクが保険会社にあるので、
日本人の気質に合っているからです。

一方、投資の手法である
「投資信託」や「株式」の場合、
運用リスクは自己責任となっています。

保障と貯蓄は分けて考えるべき
という意見があります。

ごもっともなんですが、
自己責任で運用し、
成果を上げてきた人を、
私はほとんどみかけたことがありません。

 

今まで、
このブログにアクセスしていただいている
みなさまへ、
大切なお知らせが2つあります。

 

1つ目は、
単発の個別相談を
今月9月30日(金)15時申込み分
までで終了
させていただきます。

金融事情が大きく変化したため、
株や為替などの説明する項目が
増えている関係で、
相談者が消化不良を起こしてしまうからです。

今後は、セミナーに参加いただいた方のみ
限定の、個別相談を実施していきます。

今までご相談いただき、
提携代理店でご加入された方については、
個別にご連絡いただければ、
ご対応させていただきますのでご安心ください。

保険業界をはじめ、
金融業界が苦しくなるほど、
私の出番かと思っています。

これからはますます担当者が大切に
なってきますが、
より有益な情報を提供させていただきます。

2つ目ですが
「かづなFP社労士事務所」を10月末で廃業
し、
サードクリエイション」の
社労士・桐生将人さんと
共同経営という形にします。

顧問料以上の利益を生み出す
モトのとれる社会保険労務士であり、
第3の案を創り出すことを
経営理念にしています。

 160901

社労士業務の手続き等の実務については
主に桐生さんが担当し、
本業以外の社労士や生保募集人向けの
営業支援事業等に関しては、
二人三脚でやっていきます。

今年30歳の桐生さんとは、
私と年齢が一回りも違いますが、
本当に業務に精通しており、
一般的な社労士とは
見た目も考え方も一線を画しますので、
一度、公式サイトをご覧になってみてください!

なお、株式会社フェリーチェプランは
コンサルティング会社として
引き続き存続させていただきます。

単発の個別相談の終了まで、
あと1ヶ月。

「かづなFP社労士事務所」の廃業まで、
あと2ヶ月。

断捨離を推進することで、
これまでにない私に生まれ変わりますので、
どうぞ期待していてください!!

すき焼き専門店「むじなや」 

2016年8月24日

昨年7月にオープンしたのですが、
目の前に老舗のすき焼き屋「松木家」
があるのに、
どんなお店なんだろうと気になっていました。

むじなや」のオープン当時のHPです。

入ってみると、
昨年の7月のオープンから1年間は完全会員制で、
一般客に開放してからは約2ヶ月しか経っていない、
ジビエ専門店です。

むじなって、
慣用句の「同じ穴のむじな」くらいしか
イメージ沸かない方が多いかと思いますが、
アナグマのこと、分かり易く言うと、
「ラスカル」のことなんです・・・

このお店とはぜんぜん関係がないのですが、
1924年に「たぬき・むじな事件
という最高裁まで争われた事件があったとのこと。

あまりに興味深かったのでご紹介しておきます。

子供達がいるので、
2Fのお座敷に通してくれました。

160825-05

長女も次女も何のお肉か知るはずもなく、

160825-07

鹿肉ロースのたたき、
猪の味噌煮込みなどを食べながら、
いよいよ「むじなのすき焼き」の登場です!

160825-01

野性味あふれる深い味わいで、
脂身も最高です。
私は鯨肉とか好きなので、
好みに合いました。

その後、鹿肉のみを追加注文しましたが、
むじなの後だと少し物足りない感じがしました。

でも、美味しかったです。

 160825-02

 最後の〆は、
すき焼きのたれをかけた、からすみ蕎麦。

160825-03

1Fに剥製のむじながいるということで、
行ってみると、、、

 160825-04

しばらく、
長女は口を聞いてくれませんでした・・・

大人のお店なので、
明らかにお子様大歓迎という感じの
お店ではないですが、
周りの状況次第では大丈夫かと思います。

8月21日は、
毎年恒例の木瀬部屋力士による朝稽古が、
渋谷区の氷川の杜公園相撲場でありました。

とても日差しが強い日でしたが、
長女の空手の練習の後に寄ってみると、
ありました!!!

ちゃんこ鍋。

160822-04

稽古後にふるまって下さる
「ちゃんこ鍋の会」が毎年楽しみです。

先月2歳になった次女ですが、
汗をかきながらも、
必死になって食べていました。

160822-03

まだまだ言葉の数は少ないですが、
しっかりと話せるようになってきています。

ただし、「ごめんなさい」だけは
よっぽどのことがない限り、言わず、
「いやだ」を連発。

外見は長女と似ているのですが、
喜怒哀楽がはっきりとしていて、
怖いもの知らずでマイペース。

姉妹でも性格はぜんぜん違うものだと、
つくづく感じます。

 

最後に、今年の「梅」作品です。

左の4リットル瓶は、梅ジュースです。
右は5リットル瓶で、梅酒のブランデー仕込です。

160822-02

梅ジュースの梅は収縮していきますが、
梅酒の梅はどんどん膨張していきます。

特に、ブランデー梅酒は初めてなので 、
どんな出来上がりになるのか楽しみにしています。

SJNK「ねんきん定期便」セミナー in 盛岡 & キッザニア

2016年7月27日

あっという間に夏休みになってしまいましたね。
海の日の連休明けは、
NKSJひまわり生命さんでの講演。
in 岩手・盛岡です。
昼間は、栃木・宇都宮で途中下車。

塾経営者のコンサルティングがあったためです。

160725-02

いつもは当日入りでしたが、
今回は前日入りのため、
セミナー打ち合わせ&夕食を兼ねて、
支社長と「沢内甚句」へ。

私と同級生の支社長で
単身赴任中とのこと。

支社を良くしたいという思いと、
こういうことを伝えて欲しい
という熱い思いが、
十分伝わってきました。

160725-03

鶏肉で有名なお店なんですが、
海鮮系も充実しており、
私の大好きな今が旬のほやの刺身。

 160725-04

セミナーは、朝10時スタート。
岩手県は、四国に相当するくらい、
本州で一番面積が広いとのことです。

移動距離が長い関係で、
支社での生セミナーを
その他4箇所でもオンラインセミナー
するということです。

このモニターは、私が話す立ち位置から右手にあります。

160725-11
 
160725-05

テーマは、
「ねんきん定期便活用法」です。

生命保険販売、
特に死亡保障と医療保障を提案するときに
正確な情報を元に話すことができるので、
お客様に喜ばれる内容となっています。

160725-07

80分ほどで講義を終え、
残りは質問タイム。
もちろんオンラインセミナーをした
4地域からの質問もありました。

「ねんきん定期便の話、初めてなんですが、
東京ではどれくらい普及しているんですか?」

「ねんきん定期便は信用ならないと思って、
それでも活用したほうがいいんですか?」

「ねんきん定期便世代ではなく、
年金受給者世代の相談は
どのようにのったらよいんですか?」

「シングルマザーは
どうやって年金を用意したらいいですか?」

などなど。

テレビモニターを通じて、
質問の受け答えをするという、
初めての経験もありましたが、

「生命保険、お客様にどうやって
ご案内したらよいか、
キッカケを見つけられました!」

「ねんきん定期便のお話、
早速試してみます!」

など、
嬉しい感想を名刺交換と同時に
いただきました。

みなさん、お忙しい中、ご参加ありがとうございました。

そんな中、夏休み入る前に、
まずは長女をキッザニアに連れていきました。

来年は小学生なので、
平日を利用して商業地にいくことは
難しいと思っているので、
なんとか強行突破です。

朝6時起き。

江東区豊洲まで満員電車に揺られ、
初キッザニア。
こんな感じで、
本格的に仕事体験ができます。

この写真は白内障の手術をしている
眼科の先生を体験中。

160725-08
 
一番人気のお菓子作り。
楽しみにしていたはずなのに、
予約が13時だったので疲れたのか、
「やだ~」と泣きながら、
ハイチュウを作っていました・・・

160725-09

スポーツクラブの無料券をもらい、
体験でチアガールを。

空手の姿しかみていないので、
女の子らしくてなんだか新鮮。

長女はダンスとか踊ることに
すごい興味があるようです。

160725-10

これから娘にとって学校選びは
とても大切なことなんですが、
どんな仕事を選ぶのかの方が、
はるかに大切なことだと思っています。

聞いてみたら、将来は婦人警官になりたいそうです!!

日本FP協会に2回登場します!!

2016年7月3日

私が「ファイナンシャルプランナーの
田中香津奈です」と名乗る時、
FPである根拠は、
日本FP協会の認定を受けているからです。

日本FP協会の会員数は約19万人。

会員には毎月、
「日本版FPジャーナル」が自宅または勤務先に
毎月1日に届けられるシステムに
なっているのですが、
そのジャーナル誌に掲載されることに
なりました!

160702-01

これまで、何百冊以上もの
執筆・掲載がありましたが、
やはり、日本FP協会での特集記事
というのは、特別な思いがある
というのが正直な気持ちです。

 今月7月号の相談事例を取り上げる
コーナー、
「事例研究|NEWライフスタイル79号」
に4ページに渡り掲載されています。

160702-03

『かづな先生のセカンドオピニオン』
という有料相談の実際の相談事例。

来店型の保険相談ショップで
提案を受けたのですが、
それらが本当に自分たちに合致しているのか!
という最終確認をしに、
 私のところにご相談にいらっしゃいました。

ご相談当時は新婚だったご夫婦で、
翌年お子さまも誕生しましたが、
その半年後にご主人が通勤途中で倒れてしまい、
働けない状態になったという事例ですが、
結果的には、4,500万円以上の保険金を
手にすることができました。

病気やけがなどで働けなくなり、
さらに、高度障害に陥った場合には、
生命保険の支払対象になる商品が
多いのですが、
正しく請求していないケースが
多数あるのが現実です。

最近の事例では、つんくさんです。
つんくさんは、
喉頭がんのため声帯を全摘出されましたが、
多方面で活動されていますね。

つんくさんの状態は
「言語またはそしゃくの機能を
全く永久に失ったもの」
という事由に該当する可能性が高く、
例えば5,000万円の保険金に加入していたら、
5,000万円支払われる
可能性が高くなるということです。

仮にあなたが生命保険に加入していて、
「声帯を全摘出して、声を失いました」
と 家族から担当者に連絡してもらったときに、
「大変でしたね、お大事なさってください」
という担当者と、
「もしかしたら、高度障害保険金の
対象になるかもしれません」
という担当者とでは、
どちらが良いでしょうか?

最近は特に実感することが多いですが、
保険をはじめ資産運用等、
お金周りのことって、
担当者が大事です。

ドクター・法人案件になってくると、
担当者がすべてと言っても
過言ではありません。

消費者側は、「木を見て森を見ず」
ではありませんが、
「商品を見て担当者を見ず」
にならないように、
担当者の経験・レベルに
一度注目してみてください。

 そして、この号には、10月に大阪で行われる
「FPフェア2016」(会場:グランドフロント大阪)
の案内も同封されていますが、
私が登壇することとなりました。

160702-02

日  時:10月9日(日)15:00~16:30 
ジャンル:リスクと保険
タイトル:『ねんきん定期便』を
活用した保険の見直し方

 FPの方は、継続単位も取得できますので、
ご都合つく方は、ぜひご参加いただければ幸いです。

今月は、同様の内容で、
SJNKひまわり生命の募集人さん向けに
岩手県・盛岡で講演してきます。

先月、アフラックの大阪で行った
募集人向けセミナーの後半にて
『ねんきん定期便』を
少し取り上げましたが、
大好評でしたので、
深く掘り下げて
お伝えできればと思います。

あのアフラックが『就業不能保険』?

2016年6月17日

アフラックはがん保険のパイオニア。
そして医療保険にも力を入れてきましたが、
なんとアフラックが『就業不能保険』を
販売することになりました。

*プレスリリース
「<病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険>を発売

それって何?
要するに、働けなくなったときにもらえる保険です。

もともとは生保ではなく損保分野の商品であり、アフラックが日本に
上陸した1974(昭和49)年には、既に損保業界には存在していた
歴史ある保険種類ですが、生命保険募集人にとっては、
損保分野の商品はまだまだ敷居が高いというのが現状です。

ということで、保険に強い社会保険労務士を探していたところ、
私に白羽の矢が当たったということのようです。

古巣アフラックで、セミナー講師をつとめてきました。
場所は、大阪なんばの「パークスタワー」。

160617-02

開会に先だち、大阪総合支社長の井田さんからご挨拶。
井田さんとはアフラック在籍中、徳島の阿波踊りで「アフラック連」
があり、そのときご一緒したご縁があります。

160617-01

アフラックは総合支社の場合、支社長=部長、
副社長=支社長級の地位なんですが、
副支社長は私が新入社員だった料金部時代の
ひとつ上の先輩ということもあり、
皆さん、温かく迎え入れてくれました。

大阪総合支社の優績代理店さん約120名も
参加していただきました。
こんなに集まることはなかなかないとのことです。

160617-03

また、去年私は損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の
相続セミナーで、全国行脚をしていたので、
その時の評判をきいて参加してくれた方も多かったようです。

160617-04

「NO WORK NO PAY」
この基本原則はとても大切です。

160617-05

優績代理店さんということで、特典として
『ねんきん定期便』の活用を解説してきました。

160617-06

質問タイムも、大盛況で、
あっという間の90分でした。

知らないとつまづくであろう重要ポイントですが、
参加していいただいた皆様には、そのあたりの勘どころを
十分に理解していいただけたのではないでしょうか。

10月には再び大阪で大きめの講演が決定しており、
そこでは『ねんきん定期便』活用について、
より詳しい内容でお伝えさせていただきます。

詳細が決定しましたら、改めてご案内させていただきます!

Felice Plan

田中 香津奈
ファイナンシャルプランナー
(CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
社会保険労務士(登録番号 第13140401号)
株式会社フェリーチェプラン 代表取締役

2005年に独立系FP会社、株式会社フェリーチェプランを設立。
『守りのお金』と『攻めのお金』のバランスを考慮した情報を、セミナー、個別相談、執筆&メディア出演等を通じて発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

2017年4月
S M T W T F S
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最新記事

rss

カテゴリ

過去の記事