女性ファイナンシャルプランナー田中香津奈のFelice Blog

サイトトップへ戻る

田中香津奈:女性FP、社会保険労務士

郵便局の財形制度加入している人チェック!

2003年3月18日

昨日のお客様から入手した情報です。
少し前に「郵便局員、財形制度を販売してはいけない方にも案内してしまい、対象額○億円?」という記事を読みましたが、ふーんで終わってしまってました。
ところが、「私該当しているのよ。」とご相談がありました。
「財形制度」は通常、企業に勤めている人であれば、給与から一定の金額を積み立てできるということで、多くの人が利用している制度です。
自営業(美容院・病院・寺院など)の方は、財形制度を採用している会社が少ないため、郵便局で「財形制度」に加入していることが多いようです。
そこで、オーナーは加入できるのですが、身内は加入できないということを徹底していなかったため、ほとんどの方は身内の方も加入させていたとのこと。
利子が税金かからないというメリットがあるので!
しかし、郵便局側は、「身内加入」はすべて取り消しの作業をすることになったようです。(4月から民営化するため今いろいろ整理しているのでしょうか?)

その手続きはびっくり!解約でもなく、今まで支払った保険料をすべて全額返し、「利子」ではなく「お詫び料」というのをつけているとのこと。なかったことにするという処置は、民間の保険会社が行ったら大問題ですよね。「郵便局の財形制度」に一家で加入されている方は、郵便局さんに確認したほうがよろしいですよ。

久々のお習い事

2003年3月15日

3月に入り、ゴルフを習い始めてます。
非常に難しいスポーツですね。
しかし、先生からアドバイスもらえる時間はほんの3分くらいかな。
生徒さんがいっぱいいるので、マンツーマンではなかなか・・・
家では俳優えなりかずきさんも通っていたという「坂田信弘のゴルフレッスン」を愛読して研究してます。

その中の「残心」と「シャフトをたてる」この2点に絞ってフォームを改造したら、なんとも気持ちよいショットができるようになりました。
ゴルフしながらも保険のことを考えてしまうのですが、キーワードは大切です。
保険で悩んでしまう方は、
1.「亡くなったら、病気で入院したらいくらでるか」
2.「今の保険料はいつまで払うのか」
の2点を注目してみましょう。少しは、保険???が解消できます。
是非試してみてください。

OLマネー塾

2003年3月13日

私のFP卒業学校でもある「東京ファイナンシャルプランナーズ」にて、「OLマネー塾」に参加してきました。
先日新宿でふらっと立ち寄った東京FPにビンク色のチラシがおいてあったのがきっかけです。
「どんな人が参加するんだろう・・・」半分興味本位で申し込んだのですが、実際すばらしい内容に感激。
2時間の講義の中で「トクする賢い保険の見直し」についてすばらしい資料とわかりやすい説明。しまいには、どこかの研修資料かと思われる商品比較表までついてきました。
他の方の保険の講義を受講するのが初めてだったので非常に新鮮でした。
内容は高度な気がしましたが、公的年金の制度や入院費の件などばっちりの内容でした。
是非、今後のマネー相談にも生かしていきます!お楽しみに。

バースデイは「モスバーガー記念日」!

2003年3月12日

今日は私30歳のお誕生日休暇。(勝手に作ったのですが・・・)
確定申告など用事を済ませ、久々にモスバーガーで休憩していたらなんと「今日はモスの日です」ということで苗木をもらいました。

「私の誕生日ってモスの日なんだあ」

と気づかされたのですが、全くなんの記念日か?でした。
夕方三軒茶屋にでかけてみると同じくモス発見!通路には手書きの看板があり「今日はモス第一号店ができたので、モスの日です」と記載が・・・
全店あげてのキャンペーンだと思うのですが、こうやって記念日の意味を提示してくれると苗木の意味がわかってよかったです。
やはり何かお得な情報をお伝えするときは、意味がわかるようにしてあげることって大切だなと思いました。
三茶のお店でその話をしていたら、実は三茶のモスはモデル店舗のため、新商品などがでると全国で早めにプレ販売するそうです。
モスファンの人は、三茶店チェックですね。

最後に、私のバースデーを素敵な演出で祝ってくれたレストランご紹介します。
グッチーナ 世田谷区三軒茶屋1-6-13 03-3795-5587
お食事もサービスもGOODです。是非行ってみてくださいね。

横浜君嶋屋

2003年3月5日

そろそろ「花見」もしくは「お祝い」にぴったりのお酒が選べるお店を紹介したいと思います。

今年になってから「一からはじめる資産運用」という渋谷の東急カルチャーセンターに通ってましたが、元は「粋な日本酒の楽しみ方」という講座に2年ほど通っていたのがこのカルチャーセンターとの出会いです。

講師は君嶋哲至さん。
日本酒のイロハを教えていただきました!

「dancyu」には結構取り上げられてます。
君嶋哲至さんは、横浜の酒屋さん「横浜君嶋屋」の4代目。

酒屋さんでお酒を売るということにとどまらず、ワインのソムリエ田崎真也さんと組んで日本酒を世界に広めようとしていらっしゃいます。

酒屋さんなのに、ビールは置いていない(どこでも買えるため)という強気の姿勢ですが、
日本酒・ワインはすばらしい種類が取り揃えられてます。

日本酒嫌いなひとも、大好きになるきっかけの日本酒がたくさんそろっていますので、
興味のある方は是非お立ち寄りくださいね。

少子化の問題

2003年3月3日

最近保険業務にかかわっていると「高齢化社会」ばかり意識するようになってますが、本当に深刻な問題は「少子化」ということに気づかされました。

本日「ひな祭り」と称して、先日保険に加入していただいた大学のゼミの先生と、数人のゼミ仲間でちょっとした会合を開きました。名前は「sacred heart project」。女子大人気が学生の間では急降下であり、あわせて18歳人口が少なくなる日はほんの目の前。
女子大でも、文学部出身でも、社会人として活躍できる場はあるということをどのうように不安に思っている学生に伝えることができるかを話あっていました。

1. カリスマ卒業生でなく、身近な存在でお仕事をされている人を紹介できないか?
2. ボランテイアなど、大学で自然と培った教育が発揮できる場はどんな分野か?
話はつきませんでした!
外資系の人事部に勤務している子も参加していたので、非常に参考になる意見は多かったです。
話もさることながら、開催の場所はずっと前から行ってみたく、しかしなかなか予約困難な銀座「バードランド」にいきました。本当、おいしいです!是非みなさん足をお運びください。至上最高おいしい焼き鳥やさんだと思います。

不動産のおトクな情報

2003年2月22日

今話題の

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門』という本を読んでます。
そこで改めて考えさせられるのは「理想的な財産三分法」は不動産・預貯金・株式を3等分するこという基本概念の大切さ。
私はどうなんだろう、と思うとほとんどが不動産です。
それでもまだ私は「今度はここに住みたいなあ」と想像することをやめず、愛読している雑誌があります。
夢を追いかけながら預貯金・株式も増やしていかなくては、と思わされた本です。

私が愛読している雑誌は三井不動産発行の「こんにちは」です。
写真もきれい、素敵なレストランの紹介もあります。
もちろん、インテリアのセンスも磨けると思いますよ。
しかも無料で毎月送ってきてくれます!興味ある方は是非HPよりアクセスしてみてくださいね。住宅購入予定者が会員の条件ですが、特に私は督促がきたことはないですので、ご安心を。

予定利率引下げ法案の影響

2003年2月20日

昨年11月25日に「予定利率引下げへ法改正」
というニュースが発表されたこの法案は、
昨日付けにおいて、やはり先送りすると決定しました。
本当、新聞記事に惑わされた3ヶ月でした。

今日のご相談者も、平成2年、7年と2つとも
この法案の対象契約をお持ちの方でした。

若いときにご契約しているので、「プラチナ保険」です。
(今加入したくてもできない予定利率が高い契約のことを「プラチナ保険」と命名してます。
勝手ですが・・・)

確かに継続していたら、本当すばらしい老後を迎えられるのですが、この法案が決まると普通の保険になってしまうのです。

こうなってくると「予定利率引き下げ法案が可決されたら、
今の保険金額いくらになるかわからないですよ〜」
とノストラダムスの預言者みたいになっているのが
私の最近の悩みですね。

でもノストラダムスの予言も何も現実には起こらなかったので、
予定利率引き下げ法案も実は何も起こらない?
なんて呑気に構えようかなと思ってます。
もちろん、自分の保険が対象かどうかわからない方は
是非ご相談くださいね。

平均寿命が延びたリスクとは?

2003年2月13日

保険のご相談いただいた方のまず一声は、

「父が70歳を迎えるにあたり、保障がきれてしまうようなのですが、今から加入できるかしら?」というご相談。

お父様が現役時代に保険に加入したときは、
70歳まで保障があれば十分であろう、
というお考えだったと思うのですが、
実際その歳を迎えられるとまだまだ医療保障は
必要だったということです。

男性の方と保険の見直しをしていると
「男は長生きしないから75歳とかで十分」
とかおっしゃる方結構いらっっしゃいますが、
やはりこれからは「長生きのリスク」を
考え終身保障をおすすめしなくては、
と考えさせられた案件でした。

憧れのレストランプロデューサー

2003年2月12日

昨年マネー講座修了後、これからどうやって仕事をすすめていこうか、とあらためてライフプランをたてようとしたとき、日経Associeを手に取り、共感した記事がありました。

私の好きな「創造力」という特集でとりあげられていた方が
WDIマネージャーの柴田陽子さんです。
彼女の手がけたお店は女性雑誌をよくにぎわせていますが、
すべて「物語性」によってお店ができあがっていくということ。
今流行のパワーポイントとかでなく、
実際に自分のイメージをいろんな切抜きなどで作成して
アプローチしていくという手法でした。
このHPもこの手法をヒントにハー・ストーリーさんにお願いした次第でした。

前置きは長いですが、そんなわけで、本日は元指導員をしていた
前の会社の後輩とその中の1レストランである「rainbow roll sushi」に行ってきました。

彼女は今度の4月でもう4年目。
大人になった彼女と久しぶりの再会を果たすにはぴったりのお店でした。
この柴田さん手がけたお店はすべて素敵です。
(丸ビルのお店はいつも予約いっぱいで出向けてませんが)
是非みなさまも足をお運びくださいね。おすすめです。

Felice Plan

田中 香津奈
ファイナンシャルプランナー
(CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
社会保険労務士(登録番号 第13140401号)
株式会社フェリーチェプラン 代表取締役

2005年に独立系FP会社、株式会社フェリーチェプランを設立。
セミナー、個別相談、執筆&メディア出演等を通じて、個人・法人問わず、お金の不安を解消する支援をしています。
詳しいプロフィールはこちら

田中香津奈の「ドローマイライフ」

2017年8月
S M T W T F S
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最新記事

rss

カテゴリ

過去の記事