女性ファイナンシャルプランナー田中香津奈のFelice Blog

サイトトップへ戻る

田中香津奈:女性FP、社会保険労務士

妊娠10ヶ月ともなると・・・

2010年10月10日

妊娠10ヶ月に入りましたが、10月10日(日)を持ちまして、
一旦、セカンドオピニオン終了となりました。
予想を上回る駆け込みの相談者でしたが、
「来て良かったです!」「ありがとうございました!」の一言が、
私を勇気づけてくれました。
(栃木県からの相談者が、風邪により予定変更になり、実際は16日が最後です)

しかし、お腹の赤ちゃんは胎動の域を超え、キックとパンチに毎日苦しめられ、
精神的にも、肉体的にもかなりきつくなってきました・・・
痛すぎて、涙が止まらないこともあります・・・
とうとう手も握力が無くなり、腫れている感じですし、
足腰の負担もかなりのものがあります。
寝るに寝られない夜も多く、やはり初めての出産が近くなってくると、
余計なことも考えてしまうものですね。

そんな中、我が家に、「串焼屋 勧進帳」の大将・小畑さんと娘婿が、
なんと10日の朝7:00前にわざわざ実家の埼玉県和光市から、
ベビーベットを持ってきてくれました!
私は10年くらい通っているのですが、渋谷駅からも近く、味も良く、
人も良い居心地の良いお店なんです。

実際、ベビーベットを組み立ててみると、予想より大きく感じました。
縦120センチ、横70センチ、高さは90センチくらいあります。

101010-01.jpg

こちらは、頌栄女子学院時代の同級生が、相談に来た際に
持ってきてくれたコンセントカバーです。
はいはいするようになるとこれらが必要になるということで、
先輩ママからのアドバイスやこういうプレゼントは嬉しいです。
 

101010-02.jpg

赤ちゃんの肌着類です。
いただいた物や自分で買ったものが混在しています。

101010-03.jpg

今までお世話になった妊婦用雑誌「たまごクラブ」や「プレモ」です。
本当にいろいろ勉強になりました。
 

101010-04.jpg

気づいたら、予定日から1ヶ月を切っている状況ですが、
「何とか、乗り越えたい」
そんな気持ちでいっぱいです。

 

続きを見る

セカオピ募集は9月末で終了

2010年9月29日

ここ最近は、めっきり涼しい、いや、寒くなってきましたね。
妊婦になって、人より体感温度が高くなっているので、
私にとってはとても過ごしやすくなりました。

10月、11月と、各社ちょこちょこ新商品を出しますので、ご案内です。
(ニュースリリースされていない商品もあります!!)

<オリックス生命/医療保険CURE Suport〔キュア・サポート〕>

10月2日発売・注目度★★★★★

100929.jpg

引受基準緩和型といって、持病の方でも加入できます。

この分野は、アリコが強かったのですが、アフラックが追随し、
さらに、アフラックを抜いて、この分野では最強の商品になります。
引受基準緩和型で、先進医療特約が付加できるのは業界初!
入院給付金日額を最低限にし、先進医療狙いでの加入がおススメです。

<損保ジャパンひまわり生命/がん保険「勇気のお守り」>

11月2日発売・注目度★★★

業界初の「がん外来治療給付金」を組み込んでいます。
入院要件はなく、がんにより、外来治療期間中に医師の治療処置を伴う
外来治療を受けたときにもらえます。
がん保険としては後発ですが、保険料の設定が微妙に高いです・・・
医療保険「健康のお守り」ほどのインパクトはありません。

<ソニー生命/終身介護保障保険(低解約返戻金型)>

11月2日発売・注目度★★★

現在も、ソニー生命は介護保険を販売しています。
介護分野では、最強といっても過言ではないくらいの商品です。
今回の商品は、貯蓄性ではなく、保障に重点を置いた内容です。

私は、旧・介護保険の方がおススメですが、
新・介護保険は保険料が現在のものより割安ですので、
2012年の新規契約分から、新たに創設される「介護医療保険料控除」狙いの
加入なら有効でしょう。

<東京海上日動あんしん生命/長生き支援終身」>

11月2日発売・注目度★★

正式名称は、「5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身介護保険」です。

同日発売されるソニーの新・介護保険ではなく、旧・介護保険と内容は
バッティングします。

80歳・85歳・90歳に、健康祝金をもらうことができる内容ですが、
その分保険料が高くなるだけです。
保障内容としては悪くないのですが、シンプルさに欠けることと、
保険料の割高感は否めないので、「長割り終身」にとって変わる商品までは、
及ばないのではと思います。

生命保険は新しいければ良いというわけではないので、
一般の方には新商品の良し悪しが判断しづらいところです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かづな先生のセカンドオピニオン」ですが、9月23日に一旦休止する旨のブログを
アップしたところ、駆け込みでたくさんの申し込みをいただきました。

ただ、スケジュール的に限界に到達しそうで、明日9月30日(木)18:00
もって、申し込みを終了いたします。
神宮前の事務所に移ってから再開したセカオピですが、3年弱継続することができたのも、
このようにみなさんから沢山のご相談をいただいたからだと感謝しております。
しばらく、お休みさせていただきますが、まずは、元気な赤ちゃんを産み、
できるだけ早い段階で再度セカオピを再開したいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日は妊婦検診の日で、2128グラムとのことでした。

妊娠初期から日赤の「セミオープンシステム」の参加施設である
表参道の『けい子レディースクリニック』に通っていましたが、
34週以降は日赤で検診→分娩という流れになっているので、
今日で最後となりました。

システムをイマイチ理解していない私は、
「今日で終わりですね」とさらっと先生に言われ、
「そうなんですか・・・」とちょっと寂しくもなりました。

日赤は、毎回担当医が違うのですが、
「けい子レディースクリニック」は、毎回院長先生に診てもらえます。
そして、このクリニックでは、妊婦検診で行う超音波の画像を
DVDに焼いてくれるサービスを無料でやってくれます。
自宅に帰ってから、赤ちゃんの映像を見ることができるのです。
⇒このDVDの楽しみも本日で終わりということになってしまいました・・・。

100829.jpg

母子手帳の他にA5サイズの『共通診療ノート』も毎回書いてくださり、
クリニックと日赤との連絡帳のようなものも出来上がっています。

これからは共通診療ノートと母子手帳を持って、
日赤に通うのみとなりました。
そして、2週間に1回の妊婦検診から、毎週通うということで、
ゴールが少し見えてきました!

続きを見る

近況&セカオピ一旦休止について

2010年9月23日

お腹ってこんなに大きくなるものかと思うくらい大きくなりました。
順調に推移していますが、あまりの胎動の激しさに、歩いているときも
立ち止まることが多くなっています。
座っているときは、胎動が始まると、「地震?」って思ってしまうほどの
活発ぶりです。

3連休の中日で「出産準備リスト」をもとに買い物に行く前の写真です。

100923.jpg

いまだに、なにひとつ用意していないからです・・・

●短肌着●コンビ肌着●ガーゼハンカチ●おむつ用ごみ箱●おむつがえマット
●おしりふき などなど

一体何から買ってよいのか分からないもので、横浜に住んでいたいたころは、
近くに「赤ちゃん本舗」があったのですが、そういった大型専門店も近くになく、
車を3年前に手放した私は、横浜まで行くのもちょっと辛い・・・
なかなか、上手くいかないものですね。

まずは、東急東横店に行き、全体を見渡した後、
都営バスに乗って、よく行く、「エンジェリーベ」へ。
意外にいろいろと置いてあり、アドバイスを聞きながら、ちょこちょこ購入です。

その後、事務所近くで馴染みのある「キッドブルー」や「プチバトー」など、
5、6店舗はしごをしました。
今まで入院準備さえもしていなかったことを考えると、最低限必要なものは揃えることができ、
気分的に少し落ち着きました。

ベビーベッドと沐浴用のベビーバスは、10年来通っている焼き鳥屋さんの娘さんが、
去年使っていたものを、譲ってくれることになっています。

連休明けの21日の午前中は、日赤医療センターで開催される
マタニティークラスに行ってきました。
渋谷区主催のママ学級も無料でやっていたのですが、結局3回クールのうち、
1回しか行けず、その後なかなかタイミングが合わなかったので、
不足する分を日赤のママ学級への参加に切り替えました。
有料(1000円)での参加です。
20代の妊婦さんもいますが、私くらいの年齢の妊婦さんが多かったです。
 

100923-03.jpg

新装された日赤は入り口を入ると、コーヒーショップもあります。
 

100923-04.jpg
 

施設はとても綺麗で、助産師さんもみなさんとても親切です。
実際に、日赤でお産した方の産まれるまでのビデオを観たりしたのですが、
私も同じような立場になるのかなと思うと、なんだか嬉しいやら、
当事者になったら大丈夫なのかな、といろんな思いがよぎりました。

マタニティクラスの会場は、実際の分娩室と同じフロアになるので、
帰りに立ち寄ってきました。
残念ながら、見学はできなかったのですが、ビデオによると、
中は信じられないくらい明るく、綺麗なところでした。

100923-06.jpg

最後に、『かづな先生のセカンドオピニオン』についてです。
産休に入る前に相談という方が多いせいか、申込みが非常に多くなっています。

本日23日(祝)も雨の中、来ていただいたり、25日(土)・26日(日)は
埋まっている状況です。

相談後、喜んで帰っていただく姿をみるとても嬉しくなるので、
ギリギリまで行おうと思っていたのですが、マタニティクラスで勉強したことで、
気づいたことがありました。

予定日は確かに11月初旬なのですが、「前駆陣痛」といって、陣痛のような痛みが
36週から始まることもあり、37週から産まれても早産とはいわず、正常な分娩で
あるということです。

私の日程は、ちょうど10月の3連休後がその期間にあたるため、
3連休中の10月10日(日)をもって、一旦『かづな先生のセカンドオピニオン』は、
休止させていただきます。
東京近郊をはじめ、地方からも多くの方に来ていただき、ありがとうございました。

現在、
もし、資料を取り寄せたり、ネットで比較すればするほど分からなくなった方。
担当者の提案が、いまいち納得がいかない方。
お誕生日前の方などは、10月10日(日)までの日程で
ご都合がつけば、是非ご相談に来てください。

今後、ムダな保険料を支払わずに済みますので、相談料はすぐに取り戻せると思います!

 

続きを見る

妊娠・出産にかかるお金 その2

2010年8月15日

初診日まで3週間。

その間に何かあったら、どうしよう・・・と思っていたら、
不安は的中・・・。
ある朝、トイレに行くと、出血が・・・。

やはり、マルコウはそんなに順調に行くはずがないんだ、と考え、
日赤医療センターに電話すると、

「申し訳ないですが、予約でいっぱいです。
 心配でしたら、近所の提携クリニックに行ってください」

との回答。
私にとっては一大事でも、総合病院にとっては、大したことない事なんだ
なぁと思いました。

こういうのを、「(セミ)オープンシステム」というそうです。
通常の妊婦検診は提携クリニックで、分娩管理は日赤でというシステム。

子宮頸がんの検診で年に1、2回お世話になっている
家の近くのクリニックに予約の電話です。

「今日、予約でいっぱいです。お待たせすると思いますが、
それでよろしければどうぞ。」

との回答。

検査薬で妊娠の判定は出ていましたが、

「おめでとうございます。妊娠してます。
出血が今後も続くようでしたら、またいらしてください。
出血しても、いけるときは、いけるし、駄目なときは、駄目。
ある程度、割り切っていかないといけないもの。
あまり、神経質にならないでくださいね。」

ということでした。

領収書を確認すると、

<3月11日>
負担率3割で、
1,830円(保険内負担額)+3,100円(保険外合計金額)=4,930円
でした。

しかしちょうどその日は、私は既にもらっていた「妊娠検診票」が、
どこにも見当たらず、上記は検診票を利用した金額ではありません。

出血はクリニックの先生の指摘どおり、その日でなくなり、
日赤医療センターの初診予約日が到来しました。

結局、一番最初に、「妊婦検診票」を使用したのが、
3月16日に初めて訪れた、日赤医療センターからになりました。

 100812.jpg
<妊婦健康診査受診票>
1回目⇒水色
2回目から14回目⇒黄色
※妊婦超音波検査受診票(白色)は別途1回分有り。

日赤では検査の連続です。

●体重・血圧測定
●尿検査
●血液型検査
●貧血・血糖検査
●不規則抗体
●梅毒・B型肝炎
●子宮頸部細胞診

終わったときは、ぐったり。
会計は

11,270円

大きな病院のよいところは、クレジットカード払いができたことですが、
妊婦検診票を使っても1万円以上かかるということにビックリ。

そして、クリニックで日赤への紹介状を書いてもらえば、
初診料がかからなかったことも知り、知らないということは、
いろんなお金がかかることを実感しました。

続きを見る

妊娠・出産にかかるお金 その1

2010年8月3日

妊娠7ヶ月目に入りました。

お腹はますます大きくなり、多少力士っぽくなっています。
山手線に乗っていると、男性のみならず、女子高生までもが、
席を譲ってくれて、本当に恐縮です。

7月の「かづな先生のセカンドオピニオン」は過去最高の
相談者数で、妊婦さんもたくさん来ていただき、学資保険の
賢い選び方などもお伝えしています。
 

写真は週末に、野菜を買い出しに行く途中に
撮ったものです。

100803-01.jpg

妊娠にかかるお金については初めて経験することばかりで、
「えっ!こんなにかかるの?」と驚きの連続だったので、
妊婦FPとして妊娠・出産にかかるお金(2010年度版)の
リアルな情報をこれから発信していきたいと思います。

出産日は40週0日で、10月10日(とつきとおか)が目安です。

大きく分けると

●妊娠初期(妊娠1ヶ月〜4ヶ月)
●妊娠中期(妊娠5ヶ月〜7ヶ月)
●妊娠末期(妊娠8ヶ月〜10ヶ月)

と考えます。

<妊娠初期>

妊娠しているかどうかは市販の妊娠検査薬で分かりました。
(薬局で1,000円前後で売っています)

妊娠が分かってから妊娠1ヶ月目が始まるわけではなく、
最終月経の初日を”0週0日”として、数え始めるので、
このように検査薬でわかったときは、すでに妊娠2ヶ月目に入っているのです。
(最初、この考え方を知らなかったので、予定日は12月だと勝手に思い込んでいました・・・)

まず、向かったのは区役所です。
「妊娠届」を出しに行くことによって、「妊婦検診票」などをもらいます。

国は出産までの妊婦検診の費用として1人あたり14回分(計11万円)を
地方交付税などとして自治体に配分しています。
しかし、地方交付税は自治体の判断で他の使途にも使えるため、
財政難の自治体は妊婦検診の割り当て分を別の目的で使っているとことも
あり、都道府県によって格差があるのです。

2010年4月時点の厚生労働省の調査によると、
一番多かったのは、山口県の11万2457円で、
最も少ないのは、大阪府の4万6068円。

最大約6万6000円も格差があるということは、
どこに住んで、どこで妊娠届を出すかというのも重要な
ポイントになります。

私は渋谷区役所に届けをし、
平均的な1人当たり14回分(計約11万円)の「妊婦検診票」と、
1回分の「超音波検査受診票」をもらいました。

妊婦検診票をもらったからといって、
検診時は0円という会計というわけではありません。
最初はこの検診票をいつから使って、
使ってもなんでお金がかかるかよくわからなかったという状態でした。

妊娠届を出すと、母子手帳をもらいます。
次にしたことは、どこの病院で出産するか、を決めることです。

ネットで検索したりしましたが、
よくわからないので、候補の病院を実際見学に行くことにしました。
本来なら、毎年人間ドックを受けている聖路加病院が
データもあり、行き慣れているのですが、妊娠は病気ではないので、
なるべく家・会社から利便性があるところに絞ってみました。

<候補の病院>

●愛育病院・・・皇族の紀子さんが出産した病院。大学の付近にあるので、土地勘あり。          

●山王病院・・・ネットでも評判良く、セレブ出産ってどんなのかなぁと興味あり。

●日赤医療センター・・・家から歩いて15分弱。タクシーだとワンメーター。
              大学の隣にあったので、土地勘あり。
              しかし、古い建物のイメージがあったので、いまいち乗り気しなく・・・。

<実際の感想>

1.愛育病院・・・駐車場は外車でいっぱい。入り口でインフルエンザ対策の消毒液で手の
          洗浄が義務付けられている徹底ぶり。産科専用の病院とあって、待合室は
          出産に生活の重点をおいているママが多く、私みたいな働く女性は浮いている
          ような気が・・・。

2.山王病院・・・申し分のない素晴らしい施設。すべて個室完備なので、万が一入院が
          長引いたときの個室ベット代に多少の不安を感じる。
          病院内で美味しいと評判のハヤシライスを食べて大満足。^^
          多少家・会社からの距離があるので、タクシー代の加算が懸念事項。

3.日赤医療センター・・・2010年1月に建て直したばかりのようで、
               開放感のある清潔な建物に。
               総合病院なので、妊婦のほかにもいろんな患者さんが行き交い、
               開かれた病院のイメージ。差額ベット代を払わない大部屋も完備。

ということで、最初はあまり期待していなかった庶民派の、日赤医療センターに決定。
後の新聞で、愛育病院は、2012年度に港区の田町エリアに移転するということで、
そのため現在の施設は少し古くなっているんだなと納得しました。

さっそく次の日の朝、予約の電話です。  
初診の予約は早くても3週間ということでした。

「それまで何かあったら、近所のクリニックに行ってください」

ということ。
多少不安を感じましたが、妊娠は病気ではないと
自分自身に言い聞かせ、初診日を待つことにしました。

つづく・・・。

 

続きを見る

やっと水天宮へ

2010年6月29日

安産祈願をしに、東京水天宮に行ってきました。
本来妊娠5ヶ月目に入る、最初の「戌の日」に行くのが慣習のようですが、
なかなか都合がつかず、本日やっとお参りにいくことができました。

水天宮の駅を降りると、妊婦さんがいっぱい。
私は妊娠6ヶ月目の最初の「戌の日」になってしまったので、
周りの方より多少お腹が大きいような気がしました。
第2子の「戌の日」であろう先輩ママたちもいましたが、
慣れた行動に、多少気後れ気味・・・

地下鉄から地上に出ると、「おめでとうございます!」の掛け声に驚き、

たまひよ⇒マタニティのお店⇒人形やさん⇒学資保険
と次々と資料を渡されます。

100629.jpg

大学受験のときに予備校のチラシをもらった以来な気がして、
ついついすべて受け取ることに・・・。
(これから参拝に行くというのにチラシでいっぱいに・・・)

気を取り直して、「安産祈願」です。
申込書を書くと、
 

100629-06.jpg

昇殿参拝するために、受付で名前を書いてくれます。
 

100629-01.jpg

通常のお参りを横目に、社殿に向かいます。
戌の日は、妊婦のみ中に入れるのですが、
まるで女子校時代に戻ったような雰囲気でした。
 

 100629-02.jpg

歩いているうちに、水天宮は人形町と隣合わせということを知り、
私が好きなレトロな喫茶店を発見。
人形町を代表する喫茶店『喫茶去 快生軒』。
向田邦子さんもよく来ていたとのこと。

100629-04.jpg

最近、禁酒はもちろんですが、大好きなコーヒーも我慢していましたが、
今日は解禁。

昔懐かしの「コーヒーフロート」。
こういう昭和の時代を感じさせる喫茶店にいくと、自分の子ども時代を
思い出させてくれました。
 

100629-05.jpg

妊娠するまで「戌の日」という言葉さえも知らなかった私が、
「戌の日」に初めて水天宮を参拝することになるとは、
妊婦になっていろんな世界があるなぁと実感します。

最近は、妊娠前の体重を超えるようになったので、
妊婦らしい体型になってきました。

*************************************************

最後に、本日「学資保険」のパンフレットをもらいましたので、
少し、触れておきます。

加入目的は一家の大黒柱に万が一のことがあった場合、
以後の保険料が免除されるということと、
お金を自動的に貯めるシステムを買うという意味合いです。

保険と名がつきますが、実際は、貯蓄みたいなもので、戻り率の高い学資保険は、
民間の2、3社に絞られます。
今の郵便局の学資保険は、加入と同時に元本割れが確定してしまうので、注意が必要です。

学資保険はお金を自動的に貯めるシステムを買うという意味合いで、
とても有効な金融商品ですが、最近は「低解約返戻金型終身保険」を使う方法も主流です。

さらに、保険に詳しい方なら「変額保険」を活用する人もいることも知っておくと良いでしょう。
(「変額個人年金保険」ではありません)

学資保険⇒大黒柱が亡くなると以後の保険料が免除される。
死亡保険⇒大黒柱が亡くなると一括で保険金の受け取りが可能。

どちらが良いかは、ご夫婦の考え方によって異なりますので、それぞれの家族ごとに
検証する必要があります。
子どもの教育費で迷っている方は、セカオピでご相談いただければ、得する教育資金確保術を
伝授させていただきます!

 

続きを見る

バックの中には

2010年6月10日

今月1日に、妊娠したことをブログで公表してから、
お話やメールの中で、おめでとう!の声をたくさんいただきました。

ありがとうございます。

今月は安産祈願で、日本橋にある水天宮に行く予定ですが、
「戌の日」に行くのが良いとのことで、6月は、5日(土)・17日(木)・29日(火)とのこと。

しかし、5日は週末で個別相談が入っていたので、他の日程にすることにしました。

ただ、さきほど水天宮のHPを見てみると、5日は、12時半時点で境内に入るのに、
約2時間待ちで、土日祝、戌の日は、安産祈願・お宮参りのみの昇殿参拝で、
その他の祈願は預かり祈祷とのこと。

平日で、空いているときに、お参りしようと思っています。

妊婦ということで、母子手帳をいつもバックの中に入れています。
母子手帳がミッフィーですので、ケースも同じく、デニムのミッフィーのを
使っていますが、診察券など細々としたものを入れるのに、とても重宝
しています。

また、電車に乗るとき用の、『お腹の中に赤ちゃんがいます』ワッペンも
東京メトロの改札でもらいました。

  100610-01.jpg

 

そういえば、とうとう「iPhone」買いました!

自分の好きなアプリを無料または有料で購入してインストール
していきます。
以下が、重宝しているアプリベスト3です。

■1位・・・「さいすけ」
スケジュール管理に最適です。パソコンのグーグルカレンダーと連動しており、
もう手帳は要らないです。

■2位・・・「食べログ」
お店を探したくなった場所から、半径500メートル以内の美味しいお店を探して
くれて、とても便利。

■3位・・・「出産メイト」
カウントダウンがあり、妊娠期間、出産予定までの時間を、ひとめで分かるように
なっています。

 

100610.jpg

当初、auの携帯を止めて、iPhoneに統一しようと思ったのですが、
よく利用するモバイルSuicaは、iPhoneは利用できなかったりするので、
当面は並行利用することにしました。

 
これから夏に向けて、妊婦生活とお仕事のどちらかに偏り過ぎないように、
バランスよくやっていきたいと思っています。

 

続きを見る

ご報告

2010年6月1日

あっという間に2010年度も6月となりましたね。

子ども手当の支給が、本日1日から順次、全国の自治体で始まりますが、
対象は中学卒業までの子どもで、1人当たり月13,000円を支給します。

民主党の衆院選マニフェストには、11年度以降は月26,000円と明記しているのですが、
満額実施は難しいとのこと。
そもそも13,000円支給すること自体が、今の日本の財政状態からすると無理な話なので、
10,000円に減額し、差額で不足する保育園を可能な限り建設して欲しいものです。

そんな子ども手当に少なからず関係していることなんですが、
本日はご報告があります。

ただいま妊娠5ヶ月目。
結婚10年目にして初めての子どもを授かりました!!

やっと安定期に入り、出産予定は11月初旬です。

喜びと不安が交錯する日々となっていますが、今まで感じたことのない幸せを
感じており、毎日、お腹にいる赤ちゃんに話しかけているのですが、
元気に産まれてきて欲しいです。

年齢的にも、「マルコウ」になりますし、安定期を迎えるまではと
思っていたのですが、今日こうやってご報告できて良かったです。

妊娠が判明した頃は、新たに始まる「シブヤでマネーな女になる講座」を
試行錯誤をしていた時期だったのと、落ち着いたら、不妊治療の情報も集め
なければならないなぁ〜と思っていた矢先の妊娠だったので、
当時はかなりの動揺がありました。

妊娠が分かってから、つわりが想像以上にひどく、もちろん禁酒生活&夜の会食も
控えたおかげか、体重が一気に減り、実は妊娠5ヶ月の今でも、
妊婦前の体重よりも軽いのです。

もともと私は小太り体型ですので、今まで誰にも指摘されず過ごしてきました。
今までどれだけ、好き勝手に暴飲暴食していたんだということですね。

今から5年ほど前に、セミナーの休憩中に、
「かづな先生、おめでたですか?」
と言われたことがあります。

当時、お腹がポッコリしていたのは、日々の焼肉三昧が原因で、太り過ぎだったという
お恥ずかしい逸話も残っているのです・・・

今日も木村カエラさんが妊娠報告をしていましたが、いざ自分が妊娠すると、
芸能ニュースでもおめでた記事が気になりはじめ、
一回り以上も違うママ達が多いことを再認識するのですが、
子どもを通じてのママさんとの出会いも、今からとても楽しみです。

また、仕事柄、相手の悩みを解決し、アドバイスしたり、お伝えすることが多い
立場でしたが、最近は妊婦検診や、ママ学級などに参加しており、
いろいろ質問したり、ワークをしたりと、逆の立場になることが多く、
とても新鮮な気分になります。

もちろんセミナーも「シブヤでマネーな女になる講座・ストック編」は、
7月から9月までは予定通り開催しますし、ギリギリまで「セカオピ」は
続けていきたい!と思っていますので、引き続きよろしくお願いします。

 

続きを見る

Felice Plan

田中 香津奈
ファイナンシャルプランナー
(CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
社会保険労務士(登録番号 第13140401号)
株式会社フェリーチェプラン 代表取締役

2005年に独立系FP会社、株式会社フェリーチェプランを設立。
セミナー、個別相談、執筆&メディア出演等を通じて、個人・法人問わず、お金の不安を解消する支援をしています。
詳しいプロフィールはこちら

田中香津奈の「ドローマイライフ」

2019年9月
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最新記事

rss

カテゴリ

過去の記事