女性ファイナンシャルプランナー田中香津奈のFelice Blog

サイトトップへ戻る

田中香津奈:女性FP、社会保険労務士

妊娠・出産にかかるお金 その3(最終回)

2010年12月27日

ご報告が遅くなりましたが、
12月21日(火)発売の「Can Cam(キャンキャン)」の特集、
『ホントのトコロ、妊娠と出産にいくらかかるの?』に登場しています。
 

CanCam (キャンキャン) 2011年 02月号 [雑誌]

実際妊娠すると、慌てて妊婦向け雑誌を買う方が多いかと思いますが、
ことさらお金に関することは複雑、かつ、詳細に書かれている記事が多く、
妊娠・出産にはかなりのお金がかかってしまう印象とのこと。

取材の際には、「ざっくりマネー解説でお願いします!」というリクエストがあったので、
私の母子手帳や実際の助成制度の資料を活用しながら進めていきました。
(細かいですが、私が実際に使用した母子手帳が採用されており、よくよく見ると、
私の名前が載っています!)

取材時は妊娠10ヶ月、予定日まで1週間ちょっというところだったので、
私のケースは「妊娠中編」の情報提供です。

この記事に少し補足です。
注)私は渋谷区在住なので、東京都渋谷区のケースです。
  <もらえるサービス・お金>は住んでいる自治体によって異なります。

妊娠

<もらえるサービス>

 妊婦健診受診票   14枚
 妊婦超音波検診表  1枚
 ↓
 使用目安
  ●妊娠初期〜妊娠23週まで(4週間に1回)・・・4回
  ●妊娠24週〜妊娠35週まで(2週間に1回)・・・6回
  ●妊娠36週〜出産日まで(1週間に1回)・・・・・4回


<かかったお金(支出)>

 私は途中不安になり、2回オーバーの16回通いました。

 *妊婦健診費・・・以下有料分

  初期検査 2万円
  妊娠20週の貧血検査など 5千円
  妊娠30週の血液検査など 5千円
  「妊婦健診受診票」の差額 2.5千円×10回=2万5千円
 —————————————————– 
       計           5万5千円

 *マタニティグッズ

  下着やレギンスなど     4万5千円

 約10万円の支出となりました。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

出産

<かかったお金(支出)>

 初産婦・自然分娩の場合、5日間で退院の予定ですが、
 「妊娠高血圧症候群」と「帝王切開」の診断となったため、
 12日間の入院。

 血圧が思うように下がらない上、帝王切開後の体調も思わしくなかったので、
 途中から個室へ移動。歩行もままならない状況でした・・・
 出産費用は以下の通りです。

 入院料         36,000円
 差額ベッド代     197,500円(4泊5日分)
 分娩介助料      366,000円
 新生児管理保育料  56,700円
 産科医療補償制度  30,000円
 一部負担金      173,600円
 —————————————————–

   計          859,800円


<もらえるお金>

事前に「出産育児一時金直接支払制度」に合意していたので、退院時の
清算の段階で、事前に差し引かれていました。

  *出産育児一時金  420,000円 

  ⇒実際の精算額    439,800円(クレジットカードによる清算

 今回は、異常分娩という扱いですので、加入している民間の医療保険から
 給付対象となりました。申請してから3日後に振込が完了です。
 
  *民間の医療保険給付金  220,000円

  
 
そして渋谷区からは、

  
ハッピーマザー給付金 80,000円

 ⇒結果として、439,800円ー(220,000円+80,000円)=13,800円

  
 地域差もありますが、、子どもを産むのは躊躇してしまう・・・、と
 思っている方にはそんなにお金はかからない!ということを私自身の体験談で
 レポートしてみました。
 公的制度を上手く活用すると、いろいろな特典を受けることが可能ですが、
 あくまでも申請主義ですので、申請しない限りはもらうことはできないことが
 ポイントになります。

 あとは、確定申告で「医療費控除」を申請することにより、還付金をもらう予定です。
 

 最後に一生懸命、大声で「オギャァァァ!!!」と泣いている娘の様子。
 泣いている顔もまた、可愛いものなのです!

 101227.jpg

 

続きを見る

お宮参り

2010年12月12日

出産してから、約1ヶ月が経過し、12月10日(金)は
赤ちゃんの1ヶ月健診でした。
身体測定、問診や診察、そして予防接種など、内容は盛りだくさん。
結果は健康優良児のようで、ひとまず安心しました。

日赤医療センターでは、「母乳外来」というものもあり、
母乳育児に関するいろいろな相談を受け付けています。
健康保険の適用外のため、1回3500円かかりますが、
約45分間、助産師さんからいろいろと教えていただいてもらったり、
母乳が良く出るよう、熱いタオルでマッサージをしてもらえるので、
任意ですが定期的に通っています。

赤ちゃんの体重も増えて重くなり、身長は約6センチも伸びました。
そして眉毛もまつ毛もしっかりとしてきました。

最初は、目をつぶってばかりでしたが、今では周りをキョロキョロとして、
私のことも「誰なんだろう?」という感じで不思議そうに見つめて
います。
両手は何かを掴もうとしていることが多く、足もすごい勢いでバタバタ
動かしてみたりと、想像以上に成長していることに驚かされています。

 101211-02.jpg

今までは母乳をあげたらすぐに寝ていたのに、
最近は目を開けていることが多く、休んでいる暇はほとんどありません・・・
今はちょうど寝てくれているのですが、日付変わって13日(月)AM2時過ぎという
状況です。
 

週末の土曜日はとても暖かく、明治神宮にお宮参りに行ってきました。
自宅前から、明治神宮入り口付近まで、タクシーに乗りましたが、
窓越しに見える景色が、とても新鮮でした。

参拝のために待っているところですが、こうやって赤ちゃん用の
ゆりかごが備え付けられています。

 101211.jpg

この日の明治神宮は、ちょうど結婚式をあげている方が多かったです。
 

101211-01.jpg

この約1ヶ月間は私の人生にとって、とても意味のある大切な時間だったと
思います。
しかし、あっという間に12月の中旬になってしまいました。
年賀状も何ひとつ手をつけてないこの事態に、どうしようかと考えていますが、
明日から、コツコツやっていくしかないですね。

最後にお知らせです。
週刊東洋経済から臨時増刊で、「50歳からのお金・仕事・医療」にて、
3ページに渡り、再掲載されていますので、よろしければご覧ください。

週刊 東洋経済 増刊 50歳からのお金・仕事・医療 2010年 12/8号 [雑誌]

記事の内容が好評だったとのことで、嬉しい限りです。
また、今月発売の女性誌に、妊娠・出産にかかる費用の特集記事を書いていますので、
改めてご案内させていただきます!
  

続きを見る

何とかやっています!

2010年11月29日

退院してから約10日が過ぎました。
出産ブログを書いて以来、多数の励ましメール・お手紙をいただき、
何十年も会っていない学生時代の友人からも、連絡をいただきました。

日々の慣れない状況下では、パソコンもほとんどできない状態で、
こんなことはこの仕事に携わってから初めてのことのような気がします。

いまだ返信メールまではたどり着かず、一方的なブログ発信だけに
なってしまって、申し訳なく思っていますが、すべて読ませて頂いていますし、
感動する内容が多く、本当に嬉しく励まされています!

そんな中、11月26日(金)に1日だけ外出する日がありました。
血圧が高い関係で、退院時に「では、1週間後に来てくださいね」ということでしたが、
いざ2人きりの外出となると、意外に不安や恐怖心が先に出てしまうものです。

出産前に抱っこ紐を買ったのですがいざ装着してみると、
調整方法も分からず、断念・・・
仕組み的には、難しくなさそうなんですが、いざやってみると、
上手くできない。

診察時間に間に合わないので、寒さ対策で事前に購入したおくるみだけで
出かけることにしました。

赤ちゃんの両手をまっすぐにして身体を固定するおくるみ。
赤ちゃんはママのお腹にいるような安心感を得ることができるというすぐれもの。
あったかい&泣かない、そしてだっこしても滑りにくい。
着させる直前の様子ですが、気持ちよさそうで、予想外の大活躍!!

101128-02.jpg

いざ、くるんでしまうと、こんな感じで、とても可愛いです。

 101128.jpg

おくるみとママバッグを片手に、出発です!
外の空気は思ったより肌寒かったですが、とても新鮮な気持ちになりました。

 101128-01.jpg

こんな感じで、私の新米ママ生活が始まったわけですが、
今まで個人相談に赤ちゃんや、小さいお子様と一緒に来てくれるママ達って、
実はこんな気持ちだったのかなぁっと思うことが多く、感心する毎日です。

将来、娘はどんな道を進むかは分かりませんが、
来月早々には、娘の将来の学費に備え、
子ども手当も視野に入れたプランニングで、
保険に加入する予定です。

明日は、渋谷区の保健所の方が、自宅訪問ということで
13:30に来ます。
カウンセリングとのことですが、根本的な問題として、
最近の渋谷区は待機児童が多く、私の場合は、条件的に厳しそう。
私は、子育ても仕事も両立していく生き方をしたいのですが、
現状の国の制度は、働くママには向かい風・・・

今後、どうしようか迷っているところですが、
ひとつひとつ問題点をクリアしていきたいと思っています。 

続きを見る

ようやく退院しました

2010年11月19日

本来ならば、11月16日(火)退院予定だったのですが、血圧の関係もあり、
退院許可が下りず、ようやく18日(木)に退院することができました。

振り返ってみると、11月7日(日)から18日(木)まで、
12日間も日赤病院にいたことになります。
最初は候補に上げてなかった病院ですが、
いろんな面で大変満足のいくものでした!

助産師の多田さんと、最後に記念撮影。
日赤は親切な助産師さんばかりですが、
母乳マッサージを根気良く継続してくれた多田さんは、
とても心優しい人で、印象深いです。
 

101119.jpg

12日ぶりに外の空気を吸いました。
ちょっと肌寒かったですが、とても気持ちよかったです。

しかし、退院してからのことを想像すると、今まで近くに医師や助産師さんが
いたのに、突然、日中は2人っきり・・・
中には、あまりの不安さに退院時に泣くママもいるとのことですが、
その気持ちもよく分かります。

101119-01.jpg

お腹のぽっこりは残っていますが、
規則正しい食生活のおかげか、体重は妊娠前と
同じまで戻りました。(いかに暴飲暴食していたか反省・・・)

家に帰り、譲ってもらったベビーベットへ。
最初なので慣れないのか、ここにいると目をギラギラと輝かせて、
まず寝ない・・・

101119-05.jpg

最終的にはソファーに、授乳用枕を敷いたところに寝るのが
どうも落ち着くようです。
そして、掛け布団ではなく、通常使っているバスタオルを
布団代わりにするパターンです。
 

101119-06.jpg

泣き止むように、『ほーら、泣き止んだ!』シリーズのCDを
聞かせたりもしていますが、3時間おきには起きているので、
私自身の眠りは日に日に浅くなります。

 
101119-04.jpg

家に帰って初めて迎えた朝の金曜日。
あまりに天気が良かったので、自宅マンションの屋上に上がってみました。
 

101119-02.jpg

真ん中右にある大きな建物が国学院大学で、
その左横にある奥の建物が日赤病院。

「もしかしたら、見えるのかなぁ・・・」と思っていましたが、
実際建物が目に入ると、何だか懐かしく、ちょっと寂しい気にもなりました。

私は1人っ子なので、できることなら、
また同じ日赤病院でもう1人産んでみたいと思っています。

 

続きを見る

無事出産しました!!

2010年11月14日

2010年11月10日(水)16時31分に、日赤医療センター分娩室にて、
3578グラム、48.5センチの、ふっくらとした元気な女の子を出産しました!
お肌のきめが細かく、「キレイなお肌の赤ちゃんですね」と、
看護師さんからよく言われます。

産声が聞こえたときは、今まで生きてきた中で経験したことのない感動であり、
無事健康で産まれてきてくれたことへの安堵感からか、
しばらく涙が止まることはありませんでした。

生命の神秘さや、存在そのものが信じられないのですが、
我が子ができ、母親になることができたことへの喜びが今も続いていますし、
日に日にその喜びは増す一方です!

しかし、ここに至るまでは、平坦な道のりではなく、本日やっと落ち着いて
ブログを書くことができる状況だったのです。

当初からの強い希望であった自然分娩ですが、血圧が最後まで下がることはなく、
予定日も過ぎて、これ以上先延ばししても体に負担がかかるだけということで
帝王切開ということになりました。
あともう少しというところまで来ていたので、恥ずかしながら、残念さのあまり、
涙が溢れ出たので、「泣くところではないですよ」と、担当のお医者様さまに
なだめられていました。

帝王切開が決まり、ベットに横たわっている様子です。

101110.jpg

帝王切開のため、この時点で11月10日に産まれることは確定しており、
出生証明書を事前に渡され、私の名前の部分にサインをしました。
 

101110-01.jpg

産まれる1時間前くらいの赤ちゃん数値ですが、何の問題もないとのこと。
私自身は、普段低血圧なのに妊娠後期に高血圧になったり、
骨盤が多少せまいので、赤ちゃんが通りにくいなど
いろんな弊害が出てきましたが、
赤ちゃん自身はお腹にいるときから、最後までずっと健康と言われ続けました。

101110-02.jpg

いよいよ車イスでオペ室に向かう段階です。
足のむくみを防ぐ、弾性ストッキングをはかせてもらっています。

 101110-03.jpg

オペ室での出来事は、すべて思い出すことはできませんが、
母子手帳を見ると、「出血量・多量・700ml」と書いています。
分娩というと、何時間もかかって・・・というイメージでしたが、
帝王切開なので、あっという間に大きな産声を上げて産まれきたのです!!!

101110-06.jpg

産まれて間もないのに、タオルが気にくわないのか、
嫌がっている様子。
本当に力強いと思いました。

泣き声もすごく大きいので、看護士さんはいつも笑っています。

101110-05.jpg

帝王切開のため、すぐに抱きかかえることはできませんでしたが、
初めてのご対面です!本当にいとおしいです。
 

101110-07.jpg

赤ちゃんの小さい手ですが、思ったよりしっかりとしていて
驚きました。

101110-08.jpg

ここからは11月13日(土)の写真です。
90歳になる祖父が、寝顔を見ています。
 

101113.jpg

最左が祖父、最右が母です。
ということは、4代が揃っている写真です。
 

101113-01.jpg

横浜在住の親戚も駆けつけてくれました!
 

101113-03.jpg

可愛くて仕方がないです!
 

 101113-05.jpg

今こうやって、ブログを書いている間も、涙がでてしまった小さなドラマがありました。
なかなか出なくて思い悩んでいた母乳が、4日目にしてやっと出たのです!!!

 

続きを見る

日赤病院から・・・3日目

2010年11月9日

今日は朝の9時30分から、陣痛促進剤を使うことになりました。

日赤医療センターは、自然分娩を推進している病院ですが、
妊娠高血圧症候群の場合、分娩誘発をして、子宮収縮を
起こした方が良いとのことです。

4人部屋から、分娩室へ向かいましたが、かなりキツイ状況。
もしかしたら、産まれるかも・・
ということでしたが、途中血圧が高くなり、16時に断念することになりました。
いざとなると、血圧が下がらない・・・

101109.jpg
 

赤ちゃんの様子ですが、心拍数の表示でいつも元気ですねと言われます。
実際にお腹の中で相変わらず暴れまくっています。
 

101109-01.jpg

結局、何事も無かったかのように、夕食を食べていますが、
こんな時でも食欲だけは落ちない自分に驚いています!
 

101109-02.jpg

分娩室から元の部屋に戻ると思いきや、看護師さんから今日は
分娩準備室というところへ変更とのこと。

2人部屋なんですが、隣は空いており、個室みたいなもの。
しかし、慣れてないせいかとても寂しい気持ちです。

途中、仲良くなった同級生の妊婦さんと廊下で会って、いろいろお話をして、
お互い励まし合いました。
どうでも良いのですが、元の私のベットはどうなっているのか確認しに行くと、
違う妊婦さんが寝てました。

今日はこんな1日です。また、ご報告させていただきます。
 

続きを見る

日赤病院から・・・2日目

2010年11月8日

昨日から始まった4人部屋生活。

早速、4人はいろいろお話をするようになりました!
しかし、午前2時頃に、目の前にいた方が突然、陣痛が始まり、
そのまま分娩室へ。
明け方に、ご主人がいらっしゃって、後片付けをしてきれいに
なり、寂しい気分に・・・

そんな中、午前8時には、また新しい方がやってきました。
私と同じ年齢で、午前4時くらいにご自宅で陣痛があり、分娩室へ
行くも、おさまったとのことで病室へ。

その他2人は妊娠5ヶ月くらいですが、それぞれ子宮筋腫と卵巣のう腫があり、
治療のため入院しているとのことでした。

病院は本当にいろんなことが起きると実感。

午後1時にヒマシ油を飲みました。
子宮を活発化させて陣痛を促進させるためというような説明を聞いた気がしたのですが、
突然、お腹の調子が悪くなり、気分が悪くなりました。 

101108.jpg

そうこうしているうちに、耐え切れなくなり、ベットにある
緊急ボタンを押しました。
意識がもうろうとしたので、あまりよく覚えてないですが、
気づいたら、荷物まとめて、空いていた水中分娩室へ。

そのまま産まれるかと思いましたが、1時間ほどで落ち着きました。
実は、ヒマシ油には下剤効果もあるとのことで、今回は陣痛を誘発する
というよりは、お通じの効果で終わってしまったようです。
ということで、また元の病室に戻されそうです。

101108-01.jpg

午後6時からは夕食。
ごはん180g・かじきの竜田揚げ・冷やしトマト・ひじき煮

101108-02.jpg

現在、午後の7時ですが、今日もこれからの時間、
私も周りも、何かが起きそうな感じです。
 

続きを見る

入院することになりました

2010年11月7日

11月4日にブログを書更新しましたが、その翌日は最後の検診の日。
どうも血圧が上がっているようで、7日の13:00から緊急入院
することになりました・・・

私自身は、こんなんで入院するの?って感じですが、
「妊娠高血圧症候群」とのこと。
昔で言うところの「妊娠中毒症」です。

病棟のエレベータホールでの私ですが、体調は悪くありません。
夜中に突然陣痛になり、慌てて病院に行くよりは安心と思いますが、
急なことなので、ちょっと驚いてます。

101107.jpg

日赤医療センターは、セキュリティがしっかりしており、何重にもチェックが
あるので、とても安心です。
 

101107-01.jpg

私は妊娠が分かったときから、個室ではなく、相部屋を選択していました。
個室だと何だか寂しいし、周りに同じような妊婦さんがいる方が
楽しいからです。

窓際から見える景色は、広尾ガーデンヒルズ。
角度は違いますが、私が大学時代に教室から見えた景色と同じです。

101107-02.jpg

4人部屋の通路側ですが、カーテンで仕切ることもできます。
周りには、私の他に3人いるということです。
 

101107-03.jpg

最後に、さい帯血についてです。
いよいよ分娩というときに、任意で提出する書類ですなんですが、
さい帯血提供ということを教えて頂いたのが、アフラック時代の
1年先輩の和佳さん。
私と同時期に退職していますが、現在は男の子3人のママさんです。
仕事に対する心構え、責任感など、和佳さんから学ぶところが多かったですし、
人間的にも尊敬しています。

101107-04.jpg

さい帯とは、へその緒のことで、お産の直後にさい帯と胎盤に残っている血液
(約50から150ml)をさい帯血といいます。さい帯血には、造血幹細胞(血液を
つくる源となる細胞)がたくさ含まれてます。 

この血液が、白血病や再生不良性貧血などの患者さんに、役に立つことが
できるのです。 高価な医療機器が必要なため、一部の病院(東京で提供できる病院一覧
でしか実施していませんが、手軽にできる社会貢献ですので、分娩時に提出する同意書に、
サインしておきました。
 

それでは、また日赤医療センターから、ご報告させていただきます! 

続きを見る

おむつ選びと保険選び

2010年11月4日

11月2日は、以前住んでいた港北ニュータウンのベビーザらス
行って来ました。

赤ちゃん用品が大量に安く販売しているお店で、電気屋さんでいうと、
ヤマダ電機みたいな感じです。
小さいお子様がいる家族にはメジャーなベビーザらスという存在も、
最近知るという出遅れぶり・・・
 

101103.jpg

今まで買い足りなかった小物をはじめ、いろいろと買い揃えました!
本当にギリギリですが、準備万端という感じです。

そんな中オムツ売り場へ。
大きく分けると、パンパース・メリーズ・ムーニーズがありますが、
わずか3種類というのに、どれを選んで良いか分かりません・・・
パンパースは大病院でよく使われているとのことですが、
私の通っている日赤病院ではメリーズで、オムツ替え練習をしていたような・・・
どこそこのはかぶれやすい、横漏れする、値段が高いからダメなどの情報もあり、
迷いまくりでした。

たった3種類でコレだけ迷うのに、保険選びは本当に難しいということを、
オムツ選びを通じて知ることができました。

101103-01.jpg

出口を出ると、ソニー生命の学資保険選びの案内がありました。
週末は、ライフプランナーの方がいるようですが、ノースポートには、
大手の『保険市場』や、『みんなの保険プラザ』が入っています。
今は、情報過多の時代ですので、
「迷子になってください!」と言わんばかりの状況ですね。

私自身が落ち着いたら、「学資保険の選び方」というミニセミナーを
やろうと思っています。

101103-02.jpg

昨日・文化の日は、久々の秋晴れ。
品川にある原美術館へ行ってきました。
品川から歩いて行くのですが、散歩する目的もあります。

101103-03.jpg

現代美術を中心としており、興味深い展示物がたくさんありました。

中庭のイベントでは、キャンドルがたくさん立っています。
遠くからみていたら、スタッフらしき方が、「よろしければどうぞ中へ」ということで
見学をすることに。

101103-04.jpg

夜、イベントをやる準備中でしたが、見たことある人が
目前でお仕事をされています。
なんと、広末涼子さんと結婚したキャンドル・ジュンさんだったのです!
キャンドルがたくさん並んでいる理由が分かりました。

101103-05.jpg

帰りはバスに乗って、麻布十番へ。

101103-06.jpg

あべちゃんという焼き鳥屋さんに入り、『焼き物盛り合わせ』を頼みました。
子どもが生まれたら、もうしばらく行くことはないであろう焼き鳥を
少しの時間堪能することができました。

101103-07.jpg

最後に、体調の方ですが、準備も整い安心したのか安定した状況です。
明日は予定日前の最後の検診です。
前回予約したときは、「そのまま入院だった場合はどうしたらよいんでしょう・・・」
と質問した覚えがあるのですが、まだもう少し出てこない気がしています。

約10ヶ月間、共に過ごした赤ちゃんにとにかく早く会いたい気持ちでいっぱいです。

 

続きを見る

予定日が近くなってきました!

2010年10月31日

「最近の保険業界の動向」に続いて、本日2回目のブログです。

臨月に入ったここ最近は、産まれて来る赤ちゃんのために、職場、自宅ともに、大量に
本やCD・DVDをはじめ、その他モノを処分しています。
ブックオフ宛に、ダンボールに詰め込んでは、佐川急便に取りに来てもらっています。
30点以上あれば回収は無料で、売却代金は、指定口座に振り込まれるシステムです。

また、資料として取っておいた新聞や切り抜きなどは、スキャナーして、PCに保存
する作業を繰り返したおかげで、やっとスッキリしました!

妊婦姿の私なんですが、こんなにお腹が大きいです。
ここまではち切れんばかりになるとは想像もしていませんでした。
街中で私とすれ違う方は、「本当に?」という顔で、二度見されることも多いです。

101031-01.jpg

前回、胎動の域を超え、キックとパンチに苦しめられていると、ブログで
お伝えしましたが、さらにひどくなっています。
普通の状態から強い力で、お腹が2〜3センチ盛り上がることもあるのですが、
日赤病院の助産師さんに相談したところ、「元気があって良いですね!」
の一言で終わりました・・・

本当は歩くのは辛い状況なんですが、歩かないと、
出産がスムーズにいかないということなので、ムリしてでも
時間を見つけては、お散歩しています。

国立新美術館の「ゴッホ展」をみるときも、電車やバスに頼らず、
自宅から歩いて行ってきました。
国立新美術館の入り口付近ですが、まずは故・黒川紀章氏の建築物と
しての素晴らしさに圧倒されます。
また、ゴッホの絵を近くで見ることができましたが、本物の素晴らしさを
改めて実感することができました。

101031-02.jpg

次に、事務所近くの エッグスシングス 原宿店に行ったときの様子です。

ハワイで大人気のパンケーキが食べられるお店です。
日々、すごい並んでいて、ご近所ですがなかなか入店できなかったのですが、
ちょい天気の悪い日の夜を狙って行って見たらすんなり入れました!
パンケーキも生クリームを盛りだくさんで、他のテーブルの人は残している人が
多かったのですが、さすがは妊婦!ぺろっと完食です。^^

意外にあっさりして、美味しい!!

101031-03.jpg

ガーリックシュリンプも味がしっかりして美味しかったです。
 

101031-04.jpg

妊婦になり明らかに、食べ物の嗜好が変わってきています。

もうゴールは近いのですが、初産であることと、年齢を考慮すると、
実際に産まれるのは、もう少しかかるような感じです。

また、何か変化がありましたら、ブログでお伝えしたいと思いますし、
ノート型パソコンも、病院に持参する予定ですので、ちょこちょこ
ご報告させていただきます!!

 

続きを見る

Felice Plan

田中 香津奈
ファイナンシャルプランナー
(CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
社会保険労務士(登録番号 第13140401号)
株式会社フェリーチェプラン 代表取締役

2005年に独立系FP会社、株式会社フェリーチェプランを設立。
セミナー、個別相談、執筆&メディア出演等を通じて、個人・法人問わず、お金の不安を解消する支援をしています。
詳しいプロフィールはこちら

田中香津奈の「ドローマイライフ」

2019年8月
S M T W T F S
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新記事

rss

カテゴリ

過去の記事