女性ファイナンシャルプランナー田中香津奈のFelice Blog

サイトトップへ戻る

田中香津奈:女性FP、社会保険労務士

今年の箱根駅伝は

2007年1月2日

新年2日目。
元旦に続き、早起きをして、
箱根駅伝の「往路」を観戦しに行きました!!

第1区観戦ということで、
日本一最速と言われている東海大の佐藤悠基選手は
あまりの速さにシャッターチャンスを逃してしまい、

たぶんそれから数分は経過したでしょう・・・

次に続く軍団が波のように押し寄せてきました。

復路だと、最終区になってしまうので、
トップと最下位の差が大きいとかなりの時間を
待つことになりますが、
往路の場合、スタートしたばかりなので、
あまり差が開くことがないので、
あっという間に終わってしまいました。

結局、往路は最速2選手のがんばりで東海大が優勝かな?
と予測してみましたが、逃げ切ることができず、
順天堂大学の勝利でしたが、
まるで人生の一コマを見ているような試合展開でしたね。

1人の力がいくら強くても、
結局みんなの力が戦力となって勝利する。

今年も箱根駅伝にはドラマがありました。
ちなみに箱根駅伝の瞬間最大視聴率は33.7%だったとのことで
やはり人気があるんですね〜。

続きを見る

「ぬか漬け」は難しい・・・

2006年10月16日

みなさん、ぬか漬けは好きですか?

私は昔から大好きで、
生まれてはじめて自分で漬けたのが、
今から6年前のことです。

結果はどうだったかというと、

 

白いカビがフワフワと浮いてきました・・・

またぬかそのものも、スーパーで購入したぬかに水を混ぜただけで、
その他何も混ぜておらず、
だんだんニオイもきつくなり、
捨ててしまいました。

懲りない私は、数年後再び挑戦。
いろいろとこまめに情報も集めていたため、
赤唐辛子や塩などを入れることを知り、実行しましたが、
かき混ぜるのも面倒になりました。

なんといっても、美味しくないので、
だんだんぬかから遠ざかり、再び捨ててしまったのです。

さらに懲りない私は、3度目のチャレンジをするも、
野菜から水分を放置し、

ぬかが緩くなりアウト!

今から思うと、
ぬか復活法もありましたが、
対処することはありませんでした。

こんな私に転機が訪れたが、今年のはじめのことです。

ぬか床には良いものと悪いものがあり、
良いぬか床は、失敗しにくいということです。

その後、ネットで探し、たどり着いたのが、

マルイ漬物」です。

早速購入し、
今までのぬかとの違いに驚きました。

また、漬け方も間違っていた部分も多く、大変勉強になりました。

現在のぬか床は、何度か、ぬかを追加し、
また赤唐辛子・からし・卵殻・塩などを足してできた、

私にとっては最強ぬか床になっています。

きゅうりやなすを取り出す前のぬか床は、
少し、膨張した感じで、
酵母が生きていることを実感することができます。

その後、それなりに失敗を重ねた結果、分かったことをお伝えします。

やはり、「ぬか床は生き物」ということです。

ぬか床には乳酸菌をはじめとする多くの菌がいます。
乳酸菌も生き物なので、
環境が悪いとうまく育たなかったり、
活発になり過ぎたりするのです。

最初は、良いぬかとの出会いが失敗しないコツですが、
基本を知らないと

どんなに良いぬか床もダメにしてしまいます。

またかき混ぜる理由は、
乳酸菌は酸素を嫌がるので、
乳酸菌と空気が触れて、
活動をおさえることができます。

こうして酸味を調整します。

手を抜くとダメですね。

もう二度とぬか床を死なせることなく、
今のぬか床を大切にしていきたいです。
自分で漬ける「ぬか漬け」、美味しいです。

そしてなんといっても、忙しい人に不足している
・疲労回復に効果あるビタミンB1
・腸の働きを改善する乳酸菌
をたっぷり得ることもできますよ。^^

続きを見る

どこにあるお寿司屋さん?

2006年8月29日

という問い合わせが、予想以上にありましたので、
前回ブログで登場しました「車鮨」さんについてお話します。

場所は横浜市中区上野町にあります。
木曜休みなので、ご注意を。
最寄り駅はJR京浜・根岸線、山手駅なんですが、少し不便な場所にあります。

でも、なぜここに通うのかというと、

リーズナブルで美味しい、
美味し過ぎるからです!!

1人、飲んで食べて4000円〜5000円くらいですね。

そして何よりも温かみのあるご主人と奥さんが迎えてくれます。
ご主人は東京と横浜中華街のお寿司屋さんで修行していたことがあり、
見た目は怖い感じですが、とても温かい方です。

ネタはもちろん新鮮なんですが、私が気に入っているところは
見事な包丁裁きで、
いろいろこまやかな包丁の目などを入れてくれるところです。

なお、場所は決して良好とは言えず、
町の寿司屋という感じなので、
雰囲気が良いとかではありませんからご注意を・・・。

本牧(ほんもく)という場所が近くにあり、昔は米軍収容地でした。
20〜30年前は全盛期を迎え、
東京からも遊びに来る若者が多かったとのこと。

映画スターもよく訪れる町だったのですが、
今はそんな勢いはないということですね。
だから本当に美味しいものが好きという方以外はオススメできません。

「昔と違って、最近は常連さんが多いから、
今日はあの人が来る日だからとイメージして仕入れるときがありますが、
来なかった日は少し残念です。
商売なので浮き沈みがありますが、
お客さんの美味しいという一言があると、毎日頑張れます。」

とのこと。

そんな地味で堅実なご主人のいる「車鮨」さんは
これからも通い続けたいと思います。

またまた登場!

私がよく参考にする東京レストランガイドでの
感想はこちら

続きを見る

1日凝縮夏休み!

2006年8月20日

まとまった休みが今年は取りずらく・・・

駆け込みで、1日凝縮夏休みをしてきました。

連日の暑さを吹っ飛ばそうと思い、
前々から足を運びたかった八景島シーパラダイス。

有名な水族館は、こんなふうにこの△印の建物が目安です。

実際水族館は、かわいいペンギンや、
白クマくんなどもいましたが、

印象に残ったのは、『メガネモチノウオ』。
(顔も色も強烈なので、少し小さめな画像で登場させておきます)

大好きなカニも、クモガニ科だとこんなに足が長いです。
『タカアシガニ』といいます。

すっかり涼しくなった気分ですが、
「花より団子」の私は、元町から少し本牧方面に向かう通りにある
お鮨やさんへ。

ちょうど、おみこしにも遭遇して、

すっかり地元の顔となっている大将です。

季節早取りで、マツタケが登場!

腹ごしらえしたところで、
帰り道では、
すごい盛り上がっている音が。。。
横浜ベイスターズの本拠地、横浜スタジアムにて、
プロ野球観戦までしてしまいました!!!

計画性はないものの、
普段、行きたいなあ〜、食べたいなぁ〜
という願いを叶えてしまう、
こんな思いつきの休日もよいものです。

すっかり横浜・金沢八景〜山下町を堪能してしまいました。^^

またセミナーも始まる時期になりますので、
充電した分がんばっていきます!!

続きを見る

みなとみらいを一望!

2006年8月9日

美容院の担当の方が、
いつもカットしてもらうときに、おすすめしてくれていたリラックス処。

横浜みなとみらい『万葉倶楽部』。

仕事帰りにちょっとのつもりだったのですが、
海が一望できる露天風呂につかったり、
アカスリをしてもらったり、
お風呂上りのビールを飲んで、ほろ酔いになり、
リフレソロクジーまで堪能して、

深夜料金がかかる直前まで長居してしまいました。

大観覧車は0時を過ぎると、
ライティングがお休みになってしまうということで、
駆け足で屋上の『展望足湯庭園』へ。

とてもきれいな夜景を満喫。^^

もっと、もっといて
すべての疲れを癒してみたい。

そんな日常を忘れさせてもらえたひと時でした。

口コミのおすすめ情報は、
やはり行ってみる価値がありますね。^^

続きを見る

西麻布の眞由膳(真由膳)でゼミ会

2006年7月25日

聖心女子大学を卒業したのは、1996年。
あらためて指折り数えると、10年前の出来事です・・・

でも、大学生だったのは、つい最近のこと。
と思えるのは、毎年大学のゼミ会があるからです。

大学3年生と4年生と2年間同じゼミだった仲間は、
非常に面倒見がよい子ばかりで小堀玲子先生のお誕生日のこの時期に合わせて
ゼミ会を開催してくれます。

毎年おいしいお店をセレクトしてくれて、
先生にお誕生日プレゼントを差し上げて、
それぞれの近況報告をする。

日常から開放される、大切なひとときです。

時が過ぎるのは早く、
先生は、大学を定年退職されました。
ママ第一号は、もう来年小学校になる子がいます。

今年は、ゼミは違うのですが、
大学の同級生が経営している西麻布・眞由膳(真由膳)で。

プレゼントは、
六本木ヒルズのTOUCHでイニシャル入りのタオルとローズゼラニウムの石鹸を箱詰めに。

品のよいベージュでまとまっています。

—————————————

私が最近、日経でセミナーしているときに、
「なぜ、私が日経新聞を読み続けているか?」ということを
お話することがあります。

日経新聞を読むこと、
それは即効性はないですが、
知識が積みあがっていくことに喜びを感じるからです。

と。

知識が積み重なると教養となり、
こういった「教養・品格」の大切さを教えてくださったのは、
このゼミの小堀玲子先生です。
「凛として生きる」という言葉がピッタリで、本当に尊敬しています。

そのエッセンスを盛り込んだ大学の卒業時のときの私の写真、です。
式典のときは、制服着用の決まりがあったので、大学生であっても
制服姿です。

【10年前の小堀先生と私】

昨日は、小堀玲子先生から、

「かづなちゃんはわかるけど、かづな先生ね。
すごいわね。」

尊敬する先生に、『かづな先生』と呼ばれたのは
穴があったら入りたい気分になりましたが、
ゼミ仲間からも、

「かづな先生、がんばってね!」

という暖かい声援たくさんいただきました。

ちょうど、出産適齢期の時期もあって、
今年はこじんまりした会となりましたが、
おいしいお料理を用意してくれた眞由膳(真由膳)にて記念撮影。

また来年、楽しいひとときが過ごせるよう、
お仕事がんばろうという気分になりました。^^

眞由膳(真由膳)
港区 西麻布1-14-8 B1
TEL 03(3408)5048

続きを見る

鰹のたたきのお取り寄せ

2006年7月22日

この季節、凝っているものとして、

鰹のたたき!!

ただの鰹のたたきではありません。
冷凍ではなく、藁焼きした鰹をその日のうちに発送し、翌日自宅に
到着するということです。

ただ、キャッチするのが大変。
当日中に受け取らなくてはいけないからです。

(品質上、クール便ではないので、
1日不在だと、現地に返品処理となってしまう場合も
あるそうです。)

日付指定して受け取ると、

発砲スチロールにも、こんな気配りが。

さっそく開けてみると、
鰹のたたきを食べるのにすぐ必要な

ねぎ
しその葉
しょうが
にんにく
鰹のたれ

もすべて入っています。

前回頼んだときにお試し用?で
ちょこっと入っていた「酒盗」がおいしかったので、
今回は、さらにごはんに合う
「飯盗」というのを発見したので、
瓶詰めで頼んでしまいました。

(相手の戦略に気持ちいいようにのってしまってます・・・)

今年は、

さんまも
まぐろも
サーモンも

高騰とのこと。

鰹のたたきは今シーズン真っ盛り。
夏休みのイベントとして、
ぜひご家庭で注文してみるのもいいですね。

私が利用しているお店はこちら

オススメです^^

続きを見る

黒龍 火いら寿

2006年6月27日

私、日本酒にはかなりこだわりがあります。
今から5、6年前、渋谷東急のカルチャーセンターで日本酒講座に
通っていたこともあり、富山県の酒蔵見学のために、日帰りで行って
きたこともあるくらいです。日本酒は、基本的には新潟・福井・山形のお酒が
好きですが、最近は神奈川・静岡・愛知・佐賀のお酒を好んで飲みます。
(近頃は、めっきり弱くなってしまいましたが・・・)

おいしいと評判のお店にいってみると、
カウンターには、私の大好きなお酒の名前が。

『黒龍 仁左衛門』

よく見ると、メニューに、酒のラベルが張ってあっただけだったのですが、
つかさず聞いてみました。

「黒龍 仁左衛門、今日あります?」

以前日本酒講座で1.8ℓ2万円というお酒があることを教わったのですが、
それがこの黒龍 仁左衛門です。

さすがは人気NO1のお店。
「仁左衛門はないのですが、それに匹敵するお酒があります。
『火いら寿』っていうのですが、なかなか手に入らないので、こちらもおすすめですよ。」

純米大吟醸生酒、精米歩合35%の完璧なお酒です。
生酒独特がもつちょっと生臭い香りはなく、フレッシュ&フルーティ。

お酒は、お米からできているのですが、
その精米具合によって、お酒の価格とキリリとする風味に違いがでてきます。

『火いら寿』は、精米35%。
ということは、お米の一粒のうち、65%は削ってしまってます。
お米だけで考えるともったいないのですが、それだけ気合が入っているということなのです。
お米を削ることによって、キレのある風味が作りだすことができるのです。

2月限定品の貴重なお酒ですが、
黒龍という、福井県の酒蔵のお酒を見つけたら
ぜひ『火いら寿』があるか聞いてみて下さい。
日本酒が苦手、と思っている方の価値観も変わりますよ。

味・香りがよいだけでなく、
姿もすらっとしていて美しいです。^^

続きを見る

かづな先生は歯が命^^

2006年4月24日

最近気になることがありまして、
あんまりきれいなお話ではありませんが、

「にっ」と笑うと、

歯が少し、一部分ですけど茶色いところが目立つようになっていました。

たばこも吸わないのに、
どこか胃が悪いわけでもないのに、
「なぜだろう・・・」

と思いつつ、月日が過ぎていきました。

今日、ふとした時間、思い切って歯医者さんに行ってきました。^^

●歯が茶色いのですが、どうしたらよいか?
●何回くらい通う必要があるのか?
●ほかに気がついていないで、悪い歯はあるのか?

ついつい仕事のくせで、要点をまとめて相談してみました。

歯医者さん:「お茶たくさん飲みませんか?」

かづな先生:「冷たいお茶はよく飲みますが、あたたかいのはあまり・・・」

歯医者さん:「冷たいとか、あたたかいとか関係なく、お茶をよく飲む人は歯が茶色くなることもあります。あと、歯の矯正をしていたので、その関係で汚れがつきにくくなってるかもしれませんね。」

とのこと。

病気が歯に出ていたわけではないということで、
ひと安心。

歯医者さん:「比較的容易にとれますよ。専用の研磨剤を使って歯の表面をきれいにしていきますね。」

ほんのあっという間。
手鏡で見せていただいたら、白い歯に戻っていました。

でもその後の、歯垢とりがいやだった。
昔を思い出す、き〜んとした音。

この音に耐えられない、
もうやめて下さいと言おうか、
大人なんだからガマンしなくちゃ、

と一人で格闘するのもつかの間、
こちらも意外に早く終了!!

最後は、歯磨きの指導を受講。
前は、うっとおしいな、と思っていましたが、
最近は「プロの人の意見は、きちんと聞かなくては」
という姿勢ができているので、
とっても楽しく、
さっそくやってみようかな、
という前向きな気持ちで歯磨き指導を受けてきました。

ちょっとした勇気で、
「かづな先生は歯が命^^」
を実現できました。

今日は歯垢を下の歯だけ取ってきました。
上は次回です。

中・高校の同級生で歯医者さんになった子に、あるとき質問したことがあります。

「なんで、歯垢除去って、1回で終わらないの?継続的に通院させるため?」

と聞いたことがあります。

答えは、健康保険適用の規定上、上と下の歯は別々に歯垢除去をしなくてはいけないとのこと。
よくある質問らしいのですが、通院継続という、故意的な理由ではないらしいです。

今日は、この心構えができていたので、素直に次回の予約をとって帰りました。

やっぱり定期的な診断って必要ですね。
本日の私のプラス@な情報として、親知らずが生えている状況も教えてもらえました。
病気は、予防が一番。
歯が痛くなる前に、歯医者さんにいくことをおすすめします!

続きを見る

港北NTでの休日

2006年4月8日

久々の休日。

こんな日は、思いっきりだらだらしてみたいです。
よれよれのトレーナーに、楽チンなおなか周りゴムの長ズポン。

こんな姿を誰にも見られたくないと思いつつ、至福の喜びを感じてしまうのは私だけでしょうか?(笑)

一瞬、カミナリ&雨の天候となりましたが、基本的に晴天な一日。

バタバタしていて、お花見もできていなかったので、重い腰をあげて、いざお散歩へ。

ウォーキングを兼ねて、近所の公園でまだまだきれいに咲きほこる桜発見!

近くでみると、

思わず、我を忘れてシャッターを押していました。^^

階段がきついと言いつつ、
水が飲みたいと言いつつ、

普段の運動不足を解消すること約1時間。

こんな風景にも出会いました。
太陽の光をさんさんと受けているお野菜軍団。
おいしそうです。^^

今年は桜の持ちがよかったみたいですね。
滑り込みセーフでお花見間に合いました!

だらだら格好&ウォーキング、来週への活力となりそうです。

続きを見る

Felice Plan

田中 香津奈
ファイナンシャルプランナー
(CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
社会保険労務士(登録番号 第13140401号)
株式会社フェリーチェプラン 代表取締役

2005年に独立系FP会社、株式会社フェリーチェプランを設立。
セミナー、個別相談、執筆&メディア出演等を通じて、個人・法人問わず、お金の不安を解消する支援をしています。
詳しいプロフィールはこちら

田中香津奈の「ドローマイライフ」

2020年1月
S M T W T F S
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最新記事

rss

カテゴリ

過去の記事