女性ファイナンシャルプランナー田中香津奈のFelice Blog

サイトトップへ戻る

田中香津奈:女性FP、社会保険労務士

『器 たつのこ』に学ぶ

2017年1月18日

昨年の9月に頼んでいた
長女のランドセルがようやく届いたのですが、
私がはこのままの環境が続けば良い
と思っているため、
開けると小学生モードになってしまうのでは
と怖がっている田中香津奈です。

今週末の土・日2日間は、
急遽参加をきめたマーケティングセミナー
の初回でした。

現在HP制作をお願いしている方から、
「是非、かづなさんの今後のビジネスに
役に立つので、受講してみては?」
という提案をいただいた経緯があります。

保険営業パーソン、FP、士業といった
私が普段ビジネスをしている人が
一人もいないセミナーで、
とても新鮮な空気の中でスタートしています。

「働く女性の資産形成を支援する」
をミッションにかかげた、
「フェリーチェプランアカデミー」
の仕組みづくりを完成する目的で
参加を決めました。

昨年から取り組んでいますので、
メルマガ、セミナー内容、など
ほぼ完成に近い形なのですが、
何せ約6年ぶりの自社セミナーに向けての
最終調整なので、私自身が緊張しています。

今までの個別相談の声を元に構成していますが、
「あくまもベースは硬派な真面目な内容
だけど大丈夫なのか?」等々、
そんな不安でいっぱいです。

そんなことで、いかに良いと思ったものを
作っていたとしても、
情報発信の仕方でどれだけ変化があるか
ということを考えています。

そんなとき、
最近私がはまっている器やさんの
販売展開がとても参考になりました。

よくこのブログに登場する、
東京・青山「国連大学」で週末に
開催されるマルシェ。

最近は、食だけでなく、
アンティークマーケットというコーナーもあります。

そこではまっているのが、『器 たつのこ』。

このお店の特徴は中古品ではなく、
デッドストックである新品になり、
長年窯の倉庫に眠っていた食器を店主が買い付けて、
このように販売しています。

要するに主に海外輸出用(主にヨーロッパ)向けに
生産されたクオリティの高いMade in JAPAN
の器です。

例えば、このブルーラインのお皿ですが、
1950年~1960年代に、瀬戸・多治見地方で生産された
白磁器のうち、ブルーラインのものは
フランスに輸出されていました。

20170117-01

海外に輸出されるかもしれなかった食器が、
こうして陽の目を浴びるというところに
物語があります。

一見、話べたな店主ですが、
店舗をかまえていたときは、
売れ行きさっぱりだった
という話もしてくださるほど、
ざっくばらんな感じ。

ある時から、「待つ」ビジネスではなく、
「出向く」ビジネスにしたところ、
風向きが変わったとのこと。

20170117-02

これは、飛行機で機内食に使われるお皿。
よく見ると、
センターにシンガポール航空のロゴが入っています。

試しに2皿買い、朝食に使ったところ、娘達に大好評。

ダラダラ食べしていた朝食が、
あっという間に終わるようになったのです。

20170117-03

追加購入をしようと思ったのですが、
ロゴ入りは売り切れとのこと。

何か動きはないか!と、思わず、
器を見に行ってしまいます。

やはりリピーターが多く、
飲食店の方も来店されるようです。
  
昨年、梅田の阪急百貨店で初出品したようですが
好評のため、今年もやるようで、
その他、京都の東急ハンズでも
呼ばれているとのことです。

シンプルな食器ばかりですが、
興味のある方は是非足を運んでみてください!

続きを見る

ビールの値段

2016年10月4日

9月は個別相談で、
異例の日曜日・祝日なしだったので、
久しぶりの休日。

お天気も良かったので、
神宮球場外野席へ。

東京六大学野球の外野席は
女性、中学生の団体、65歳以上の方、
小学生までの同伴の子どもは無料です。

161003-03

日光浴してる人も多く、
広々としているので気分爽快!!

何となくですが、
この周辺は良い『気』が集中しているように
感じるので、外苑周辺は好きな所です。

ただしこの神宮球場は、
2020年東京オリンピック後には、
隣接する秩父宮ラグビー場と
場所を 交換する形で
建て替えが決定していますので、
少し寂しいです。

161003-01

球場でのビールは欠かせませんが・・・

161003-02

神宮球場内のビールの値段設定は、
見過ごすことができません。

お店まで買いに行くと、
このように750円もします。

161003-04 

しかし、女性の売り子さんが来ると、
缶ビールを開けて注いでくれて500円

男性の売り子さんは、
瓶ビールを空けて注いでくれて450円

すべて、同じ種類のコップです。。。

だから何なんだ!といえば
それまでなんですが、
個人的な感想としては、
やはり最初の生ビールののど越しは最高。

その後は酔っ払っているので、
違いがよく分からず、
450円で十分という結論です。

しかし、売り子さんの場合、
飲みたいときほど来てくれないので、
タイミングが重要。

そのジレンマに耐えなくてはいけません!!
 
日曜日はあまりの暑さに、
早々に神宮球場を後にして、
アイスリンク場を見学に。

途中、長女がよく練習をしに来ていた、
自転車の乗り方教室をやっていて、
何だか懐かしい。

161003-06

300円くらいの入場料を払い、
見学してみました。

お教室もやっていて、
私と同年代くらいのお母さんが、
第二の真央ちゃんを目指して、
真剣に我が子を応援していたのが
印象的です。

161003-07

国立競技場跡地って、
現在こんな状況。

数年後の東京オリンピックで、
満員になることが想像できないくらい、
だだっ広い敷地でした。

161003-08

最後に10月2日、
日本生命がちょっと変わった女性向け保険を
発売したので、ご紹介させていただきます。

出産時の給付と特定不妊治療の保障により
出産をサポートする商品は、
業界初となります。

ペットネームは「シュシュ(Chou Chou)!」。
正式名称は「出産サポート給付金付3大疾病保障保険」
対象年齢は、16歳~40歳の女性限定。
↑矢印あれっ、私まさかの対象外に・・・。

出産給付金として、
1人目10万円、2人目30万円、3人目50万円、
4人目以降・・・支払回数の限度なし、
の一時金。

特定不妊治療給付金が
最大12回までもらえます。

この特定不妊治療とは、
対外受精・顕微授精のことです。

公的助成制度は、
妻の年齢が43歳未満
(↑これギリギリセーフ)で、
夫婦合算の所得ベースで
730万円制限がありますが、
高額になるケースも多々あるので、
このような保険が経済的リスクを
軽減してくれることになります。

さらに3大疾病と死亡に備えた、
満期時に一時金が戻る養老保険
ということですね。

アフラック時代に新商品開発にあたり、
各部門から選抜されることがあり、
私がそのメンバーに選ばれたことがあります。

その時に私が提案したのが、
「キャリア ウーマン インシュアランス」
略して「CWI」。

ベースは医療保険で、
女性の就職→出産→定年退職、
など節目の際に祝い金がもらえるという
保障内容です。

当時、
「案はいいけど、保険数理的に難しいなぁ」
と却下されましたが、
今回日本生命から発売された商品は、
当時の私のコンセプトに近いのでは
と思いました!!

続きを見る

すき焼き専門店「むじなや」 

2016年8月24日

昨年7月にオープンしたのですが、
目の前に老舗のすき焼き屋「松木家」
があるのに、
どんなお店なんだろうと気になっていました。

むじなや」のオープン当時のHPです。

入ってみると、
昨年の7月のオープンから1年間は完全会員制で、
一般客に開放してからは約2ヶ月しか経っていない、
ジビエ専門店です。

むじなって、
慣用句の「同じ穴のむじな」くらいしか
イメージ沸かない方が多いかと思いますが、
アナグマのこと、分かり易く言うと、
「ラスカル」のことなんです・・・

このお店とはぜんぜん関係がないのですが、
1924年に「たぬき・むじな事件
という最高裁まで争われた事件があったとのこと。

あまりに興味深かったのでご紹介しておきます。

子供達がいるので、
2Fのお座敷に通してくれました。

160825-05

長女も次女も何のお肉か知るはずもなく、

160825-07

鹿肉ロースのたたき、
猪の味噌煮込みなどを食べながら、
いよいよ「むじなのすき焼き」の登場です!

160825-01

野性味あふれる深い味わいで、
脂身も最高です。
私は鯨肉とか好きなので、
好みに合いました。

その後、鹿肉のみを追加注文しましたが、
むじなの後だと少し物足りない感じがしました。

でも、美味しかったです。

 160825-02

 最後の〆は、
すき焼きのたれをかけた、からすみ蕎麦。

160825-03

1Fに剥製のむじながいるということで、
行ってみると、、、

 160825-04

しばらく、
長女は口を聞いてくれませんでした・・・

大人のお店なので、
明らかにお子様大歓迎という感じの
お店ではないですが、
周りの状況次第では大丈夫かと思います。

8月21日は、
毎年恒例の木瀬部屋力士による朝稽古が、
渋谷区の氷川の杜公園相撲場でありました。

とても日差しが強い日でしたが、
長女の空手の練習の後に寄ってみると、
ありました!!!

ちゃんこ鍋。

160822-04

稽古後にふるまって下さる
「ちゃんこ鍋の会」が毎年楽しみです。

先月2歳になった次女ですが、
汗をかきながらも、
必死になって食べていました。

160822-03

まだまだ言葉の数は少ないですが、
しっかりと話せるようになってきています。

ただし、「ごめんなさい」だけは
よっぽどのことがない限り、言わず、
「いやだ」を連発。

外見は長女と似ているのですが、
喜怒哀楽がはっきりとしていて、
怖いもの知らずでマイペース。

姉妹でも性格はぜんぜん違うものだと、
つくづく感じます。

 

最後に、今年の「梅」作品です。

左の4リットル瓶は、梅ジュースです。
右は5リットル瓶で、梅酒のブランデー仕込です。

160822-02

梅ジュースの梅は収縮していきますが、
梅酒の梅はどんどん膨張していきます。

特に、ブランデー梅酒は初めてなので 、
どんな出来上がりになるのか楽しみにしています。

続きを見る

山田邦子さんのがん体験者講演

2015年10月19日

本日発売の2015年10月24日号週刊ダイヤモンド「その節税、ありか、なしか?」の
『保険編』について4ページに渡り、掲載されています。
税から見た生命保険、特に加入時・終了時について取材していただきました。
保険=保障という観点はベースになるべきものなんですが、保険は他の
金融商品に比べると、圧倒的に税の優遇が大きいものです。

20151024diamond

ただし、細かな税制を踏まえた設計で加入している人は本当に少なく、
例えば、契約者・被保険者・受取人の設定を誤ると、将来課税額が
大きく変わってきます。
「入っているから大丈夫」ではなく、税制を有効活用して、
手取金額を増加させる方法について、見直すキッカケになると思います。

10月16日(金)は、東京海上日動あんしん生命さんが
「お客様をがんからお守りする運動・生存保障革命」を取り組んでいる
ということで、お声をかけていただきました。

151018-02

私は数少ないFP枠席でしたが、今回は全国から有績代理店さんが集まり、
日本橋の会場は総勢781名にもなり、大モニターも3つ設置されるなど、
一大イベントとなりました。

151018-03

あんしん生命の広瀬社長の挨拶の後は、タレントの山田邦子さんによる
がん体験者講演「大丈夫だよ、がんばろう!」が13:15~ありました。

がんに罹患したことが分かったときは、
事務所にも公表することを反対されたということですが、
元気になったからこそ、がんについてみんなが考えてほしい、
がんは治る病気だからこそ、早期検診を呼びかけ、
自分と出会った人から1人もがんでの死亡者を出したくない、
そういった思いから全国講演をしていらっしゃるということです。
前向きに明るく話し、時折笑いを取り入れた期待を裏切らないトークは、
内容はもちろんのこと、話法も大変勉強になりました。

元あんしん生命の社長であり、
現東京海上日動火災保険の北沢利文副社長が最後のご挨拶で
「第9回目を迎えるこの会議、今までにない充実した内容でした」
と力強く感想を述べられていらっしゃいましたが、
世界のガンマナイフ治療における第一人者である林基弘先生の講演、
虎ノ門病院の高野利実氏・東京都予防医学協会の坂佳奈子氏・
がん支援活動を行っている桜井なおみ氏・看護師の戸頃みどり氏による
がん治療や検診について簡潔なプレゼンとパネルディスカッションが
ありました。
どれも共通していることは、情報の波に飲まれず、
”自分らしく生きる”というメッセージです。

あんしん生命のがん保険の商品性も他社に比べて、
より優位性のあるものになっており、
がん保険選びの際は確実に選択肢のひとつに挙がってきますので、
7月の発売以来、『NEO』『R』共に売れているようです。

最後は今週末、都庁までパスポートを取りに行ったのですが、
その帰りに一時期デング熱で有名になった新宿中央公園に立ち寄りました。
この公園は遊具のひとつひとつが大きく広いので、遊びやすい環境です。

151018-05

2人仲良く遊んでくれています。

151018-06

下の子はお姉ちゃんと遊ぶときが、一番楽しそうな顔をします。

151018-07

上の子が空手を習い始めて、3ヶ月くらいが経ちました。
慣れてきたせいか、足もかなり上がるようになりました。

151018-09

練習前に準備をしているところですが、礼儀と護身を学んで
欲しいと思っています。
先月空手が東京五輪の追加種目最終候補に決定したからなのか、
今月から生徒数が倍増している感じがします。

 つれづれなるままに、いろいろ書かせていただきました。
不定期ではありますが、またアップさせていただきます!

続きを見る

SJNK相続セミナーin大阪 (再会編)

2015年8月6日

東京都心で観測史上はじめて5日連続の猛暑日となった8月4日(火)、
新大阪に向かいましたが、それにしても毎日暑いです・・・
夏休み中ともあり、帰省するのだろうなぁという家族連れで
賑わっていました。

150805-01

新大阪駅前のダイキンの温度計も35度。
やっぱり暑いです。どうなんでしょう。関西方面は
関東とはまた違う暑さで、表示よりも暑く感じました・・

150805-02

地下鉄で大阪・淀屋橋に向かい、
大阪北支社に無事到着。

150805-03

今年17回目のSJNK相続セミナーですが、
偶然の再会がありました。
以前、日経の読み方セミナーで全国で講演していたときに、
赴任されていた地方で参加していただいた方が、
現在、ひまわり生命の大阪北支社に在籍されているということ。
セミナーがご縁で、平成20(2008)年から年賀状を送ってくださるのですが、
SJNKひまわり生命の商品についてのメリットについて
一言コメントが必ず添えられています。
そのコメントで教えていただくことも多々ありましたので、
会場でご挨拶の名刺をいただいたときは、本当に驚きました!!
こうやって何年かぶりにお会いするって嬉しいことです。

150805-04

15:00~16:30の約1時間半、真剣に聞いていただきました。

150805-05

相続について専門用語を多用することなく、分かり易く説明してもらい、
身近に感じてもらえたという感想もいただきました。
現場の最前線にいる募集人さんは、相続の『そ』の字も
知らない見込みのお客さんのところへ説明に伺います。
やはり、難しいこと、細かいこと、理屈っぽいことって、
NGなので、ストレートに分かり易く伝えることが大事です。
例えば、相続において『遺留分』という言葉は頻繁に出てきますが、
こんな言葉は現場では極力使ってはいけないということです。
では何て置き換えたら伝わるのかというと、『最低保証』という言葉に
置き換えることで、すべてがスッキリします。

前回4月の大阪出張のときにお土産に買って帰った551がお気に入りのようで、
”大阪=豚まん”と思っている長女からのリクエストで、551をおみやげに。

150805-06

帰宅は21時頃だったのですが、
すっかり食に興味がある次女も今回は参加して、
一緒に食べていました。
最近は10歩くらい歩けるようになり、長女のやることに
何かと絡んできます。

150805-07

最後に畑についてです。
梅雨の時期だっり、この連日の猛暑により、
成長が早いので、あっという間に”バット”級のきゅうりに
なってしまいます。

150805-09

約50本ほどとれたきゅうりも収穫を終え、
すべての苗を抜き取ってきたのですが、取れ過ぎは
好きだったものも、嫌いになってしまう傾向があり、
ここ最近長女は、きゅうりを食べません・・・

なすは茎部分で150センチを超えていますが、
収穫の際、トゲに刺さるという難関が待ち受けています。
刺さると意外に痛いです。

150805-11

枝豆は収穫時期が終わったのですが、
その後は、しそを植えており、重宝しています。

150805-10

他にも、しし唐やミニトマト、パプリカなども順調に収穫できました。

150805-12

最初は、素材を活かそう!とフライパンで焼いて
食べていたことがあったのですが、
その調理法だけでは消化しきれず、いろいろ試しました。
例えば、なすが大量に採れたときなどは、豚のバラ肉としそで巻いて、
パン粉をつけて揚げていたのですが、数が多すぎて手間がかかり過ぎるので、
後半は天ぷら風にして揚げていました。

150805-08

その他、なす・ししとう系を素揚げして、いりこのダシベースで、
煮浸しにするのも、量を消化しながらも、美味しくいただくことが
できます。

ただ今回の畑の教訓として、やり過ぎると嫌いになってしまう・・・ということです。
何事も”ほどほど”が大事ということを改めて学ばせていただきました。

続きを見る

あけましておめでとうございます

2015年1月5日

あけましておめでとうございます。
あっという間の年末年始が終わり、本日が仕事始めとなります。
渋谷の朝は風は強いですが快晴なので、晴れやかな気持ちです。

年末は長女の熱が、5ヶ月の次女にも移るという連鎖反応となり、
外出はさけていたので、『寝正月』のスタートとなりました。
そんな中、1月3日に近くの金王八幡宮に初詣に行ってきました。

150103

稲を植えているのですが、表面は凍っていました。

150103-01

境内の周りにはハトがたくさんいるので、長女はずっと
追いかけて遊んでいました。
150103-02

また、今年は銭湯の初湯にいってきました!
銭湯に行ったこともない方も多いでしょうし、何だか古いイメージが
あるかもしれないですが、家のお風呂とは比べものにならないくらい
疲れもとれますのでおすすめです。
渋谷と恵比寿の間にある『改良湯』という銭湯で、この近辺では
とても人気があります。

150103-03

150103-05

本当は温泉とかでゆっくりしたいところではあるのですが、
子供もまだ小さいので、これはこれで幸せなことです。

150103-04

下駄箱もレトロな感じですね。
普段悩まされている腰痛の痛みを和らげるよい機会となりましたので、
リフレッシュした気分で仕事に向かうことができています。

来週から相続セミナーもスタートしますが、
マネーに関する変更事項を要約してお伝えしたいと思います。

~2015(平成27)年1月1日から変わること~

【その1:相続税】
★ポイント:非課税枠である”基礎控除”が4割カットで、相続税の対象者が増えます!
例えば、夫が亡くなり、妻と子2人が相続した場合、相続財産8,000万円まで
相続税がかからなかったのが、これから4,200万円以上であれば課税対象になります。
相続税の非課税枠といわれる”基礎控除”が減額されたのは、戦後初めてのことです。

150101相続税
(※画像をクリックすると拡大されます)

【その2:高額療養費】
★ポイント:年収約770万円以上の人は負担増、約370万円以下の人は負担減に!
70歳未満の高額療養費の自己負担額が一部変更になります。
年収により細分化されるのです。
上位所得者は2つに分かれ、自己負担額が増加します。
一般所得者も2つに分かれますが、一部自己負担額が減少します。

「年収約770万円」や「年収約370万円」とかわかりにくいのですが、
「高額療養費」は”健康保険”の給付の一部なので、
健康保険料を決める標準報酬月額(ひょうじゅんほうしゅうげつがく)に
基づいて計算されます。
例えば、標準報酬月額53万円というのは、515,000円以上545,000円未満の
報酬をもらっている人で、この報酬には基本給はもちろんのこと、
残業手当・通勤手当などの諸手当が含まれます。賞与は含まれません。
今回は、報酬月額545,000円以上もらっている人の負担が増えたということです。

150101高額療養費

(※画像をクリックすると拡大されます)

今に始まったことではないですが、共通しているのは、
税金は高額所得者から課税するのは基本として、
中流層にも遠慮なく、課税していきましょうということです。

このように税や社会保険制度の情報を素早くキャッチして、
すぐ行動していくことが、大切なお金を守る第一歩だと
痛感しています。

みなさんにお役に立つ情報をお届けできるよう、
今年もコツコツと仕事をしていきたいと思っています。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

続きを見る

2014年度の振り返り

2014年12月30日

早いもので、あっという間に年末となりました。

食料品売り場に買い物に行くと、鮮魚の種類は少なくなり、
高くなったマグロ、ブリが目立ち、数の子や真っ赤に染まった酢だこが
並んでいるのをみると、お正月も近いなぁと感じます。

長女の保育園は、12月26日(金)で今年は終了したので、
今は家にいるのですが、熱がでたので、
年末年始は安静にしておかなければなりません。
(でも、登園中でなかったので、助かりました・・・。)

ただ今年は例年より早めに休みを取り、12月20日(金)より京都旅行をしてきました。

■『本家第一旭 たかばし本店
京都駅に着き、時間があればまず最初に向かうところは、
『新福菜館本店』というラーメン屋さんなんです。
今はもう撤退しましたが、新横浜のラーメン博物館をはじめ、
以前住んでいた港北ニュータウンの阪急にも『新福菜館』が入っていたこともあり、
何度か通っていました。
その本店が京都駅前(徒歩5分くらい)にあるからですが、
今回はその本店の真横に『本家第一旭 たかばし本店』が
あり、一度行ってみたかったラーメン屋さんです。

141229-01

感想ですが、旨みもコクもある醤油ラーメンで、また食べたくなる味です。
九条ねぎとのバランスも最高で、これからはどちらに行くか迷ってしまいそうです。

天龍寺
観光地として有名な嵯峨嵐山にある世界遺産のお寺です。
境内は竹林と山に囲まれた荘厳な空間でした。
近くには、有名な渡月橋もあり、今度は紅葉の季節に行ってみたいです。

平等院鳳凰堂
頌栄中学校時代に、友人とそのお母様と訪れた以来、
約25年ぶりの再訪で、今年の9月に50年ぶりの改修が終わったということ。
素晴らしかったのですが、以前見たときよりもなぜだかとても小さく感じられました。
長女は、十円玉のお寺ということで、興味を持ってくれました。

141228-03

その宇治川からJR宇治駅までの間に、川魚専門店がありました。
そこには、私がいつかは食べてみたかった『ふなずし』が
あったのです。こちらは、東京に帰ってから試食してみました。

141229-02

感想としては、珍味なんですが相当クセがあり、においも結構きついです。
独特の発酵臭ですので、食べているとき長女は怒っておりました。

次は次女についてです。
4ヶ月目になった頃から、昼間はあまり寝なくなり、
限られた時間の中で仕事をこなす環境になってしまっています。
「来年4月に保育園に入るまで、なるべく一時保育は利用しない子育てを心がけています。」
10月30日のブログでは公言していましたが、そんなことをいってられなくなりました・・・。

さっそく長女が通っている公立保育園の一時保育に予約を!と行動したのですが、
前月10日に翌月の申し込みを電話予約するシステムということ。
朝10時の電話予約開始ですが、この日は保育園での幼児親子お楽しみ会の日。
劇をはじめ、日頃のお遊戯をいっしょに体験しました。

141229-03

合間を縫って、保育園にいながら、その保育園に電話を約100回ほどかけて、
やっとつながったと思ったら、すべてキャンセル待ち。
それも6番目とか、現実的に順番が回ってこないだろうという
番号で、がっかりでした。
自動的に割高な民間の施設に預けることになるのですが、
仕事と育児の両立は、時間的にも、経済的にも、体力的にも
生半可な気持ちでは継続できないというのが正直な気持ちです。

*************************************

【2014年度の振り返りで思い出に残る出来事 TOP3】

■第1位:次女が産まれたこと⇒無事に産まれてきてよかった!

141229-04
(5ヶ月:撮影by長女)

■第2位:『かづなFP社労士事務所』開業
⇒渋谷支部の新入会員として会合などにも出席。

■第3位:ホームページリニューアル
⇒『保険ゼミ』のリニューアルが間に合わなかったので、専門家プロファイルで
新保険ゼミ』として毎週月・木に更新中。

*************************************

産休という概念がない働き方なので、出産前後はホームページの構想を練っていたり、
生後2週間後から取材や執筆など開始していたので、あっという間の一年でした。
相変わらず、朝の4時前生活は続けているのですが、「そんなに早く起きて何してるの?」
と聞かれることがあります。
染宮先生のCDをはじめ、いろんな先生の講演CDを聞きながら家事をしたりして、
朝の貴重な時間を有効に活用しています。

早朝は椅子に座って何かすることは、
原稿を書いたり、HP関連のことをすることだけです。

年明けは、相続セミナーで全国行脚が始まります。
北海道の帯広をはじめ、茨城の大洗、福岡の北九州・佐賀でも講演させていただきます。
自社開催のセミナーや個別相談の詳細も詰めていきたいと思っていますので、
来年も引き続きよろしくお願いします!

 

続きを見る

国立競技場最後の日

2014年6月3日

5月31日(土)は、国立競技場最後の日となりました。

航空自衛隊のアクロバット飛行チームのことをブルーインパルスと言うのですが、
1964年10月10日の東京オリンピックの開会式に、
国立上空に五輪を描いたことで有名です。
そのブルーインパルスが、国立上空を飛ぶというので、
夕方から観に行きましたが、想像以上にすごい人。

140603-02.jpg

しばらくすると、

140603-01.jpg

こんな感じで、数回国立上空を飛行しましたが、とても迫力がありました。

140603-03.jpg

あっという間に終わった感じなんですが、私は国立競技場といえば、
ラグビーの早稲田大学対明治大学の早明戦がとても印象深いです。
もう20年前くらい前になるんですね。
私が大学時代、何度か観戦に行きましたが、
当時はサッカーよりもラグビーの方が人気があり、
当日は超満員ですごい熱気だったことを今でも覚えています。

140603-04.jpg

観客席から見える新宿のビル群とかも好きでしたし、
国立競技場って何だかとても神聖な場所のような気がしており、
これから取り壊されるというのはとても寂しいですね。

国立最後の日は猛暑でしたが、午前中に娘と朝顔とひまわりの種を植えました。
ここ数日、天候も良かったので、さっそく芽が出て、すくすくと育っています。

【垣根朝顔】

140603-07.jpg

【ミニひまわり】

140603-08.jpg

これから、どんどん大きくなっていくのが楽しみです。

私の体調ですが、お腹もかなり大きいので、歩くのも一苦労なんですが、
家にじっとしていることはほとんどありません。
第一子のときと違うことは、保育園に娘を送りに行くことで
一日がスタートします。
電動自転車だったら10分弱でしたが、
4月からは徒歩・ハチ公バスを乗り継いで通園しているので、約40分。
そして送り届けてから事務所まで徒歩約20分。
お迎えは、事務所から保育園まで徒歩約20分かけてたどり着き、
保育園から家までバス・徒歩で約40分。
タクシーで往復すれば良いのでは、といえばそれまでなんですが、
妊婦で2時間ほど渋谷の街を歩き周っているということで、
良い運動になっています。

妊婦健診は、前回と同様「周産期医療ネットワーク(セミオープン)」を利用しています。
出産は日赤医療センターですが、妊婦健診は35週までは通いやすいクリニックで
受診するというシステムです。
約4年ぶりに通ったクリニックは、弊社事務所にさらに近い場所に移転していたので、
ストレスなく通うことができましたが、妊婦健診は自由診療のため、
負担額が約3倍になっていました・・・。
妊婦健診受診票を使っても、その助成額を超える部分に関しては、
渋谷区役所も各クリニックの裁量にまかせていて、管理もしくは指導は
できないとのことでした。(あまりにも自己負担額が多かったので、区役所に
確認しに行きました。。。)

なんとか34週を迎え、日赤での検診に戻りましたが、
朝10時30分に入り、午後15時30分終了。
同じ妊婦健診といえども、受診する医療機関によってこんなにも
違うものなのか、と大変勉強になった一日でした。
検査結果で、現在のところ血圧・糖共に正常値、お腹の子も週数として
平均体重である約2300グラムということで、
現段階では帝王切開か正常分娩か判断できないということです。。
私は医療保険の給付を受けられるので、前回同様帝王切開がよいですが、
担当医は40歳という体の負担のことを考えると、正常分娩がよいのでは、と
現時点ではどうなるかは分かりません。
妊娠・出産にかかるお金」は4年を経て、大きな違いが出そうです。

パソコン教室の方は、時間の許す限り通い続けており、一通りのコースを
終えることができました。
しかし、もうすぐ出産というこの時期に、執筆依頼が集中しているので、
お断りしているご依頼もあったりと、あっという間に出産を迎えそうです。

続きを見る

事務指定講習(社労士)

2014年4月17日

今年初めに送られてきた段ボール一式。
社労士の事務指定講習に関する教材一式が入っていました。
不足資料がないかは確認した後は、通信教育に関しては手つかずのまま・・・。
2月1日から5月31日までの4カ月間で仕上げなければいけません。

送られてきた主な教材は、

・労働社会保険実務総論
・労働社会保険様式記載例
・労働社会保険実務研究課題書
・労働社会保険実務指導様式集

140416-06.jpg

・社会保険労務ハンドブック
・社会保険労務六法

140416-08.jpg

・レポート提出内容総括集、提出用&返信用封筒(※3回分)

140416-07.jpg

など全12種類。

労働社会保険実務研究課題書で設定された事例ごとに、
必要となる手続きと、使用すべき書類を想定し、「必要となる手続きメモ」を作成します。
そして、使用すべき書類を労働社会保険実務指導様式集から抜き取り、
労働社会保険様式記載例を参考に、書類を仕上げていくという地道な作業です。

事例29まであり、社労士の試験範囲であった、労働基準法から厚生年金まで
ほぼ全て網羅していますので、試験後の実践的な復習も兼ねています。
また、会社経営やFP業務で実際に遭遇するケースの書類を実際に
確認することができたのは大きな収穫でした。
例えば、
*会社設立して、社会保険への加入や雇用したときの手続き
*出産・育休に関する支給を受ける時の手続き
*高額療養費や傷病手当金の請求手続き
*年金受給に関する手続き
などで、全56種類、64枚に及ぶレポートとなりました。

ここ最近は、夜中とか朝早くから起きてやっていたので、妊婦生活との両立で、
体もキツかったのですが、ポストに投函し終わったので、ほっとしているところです。

次のステップの面接指導過程は、8月のお盆の時期に行われます。
東京・有明のTOC有明コンベンションホールにて朝から夕方まで、
終日の研修も必須事項となりますが、通信・面接ともにクリアしないと、
今年中の社労士登録はできません。
日程的に産後1カ月後になりますが、まずは参加してきます!

また、今週末は社労士のみなさんの集まりがあります。
そこでパネルディスカッションがあるのですが、
登録も完了していない私にパネリストとしての依頼がありました。
FPとしての実績があるからということのようで、
Wライセンスについてお話できればと思っています。
これからは社労士としての交流も増えそうで、いろんな人との出会いが楽しみです。

次は、チューリップを見に、立川の昭和記念公園に行って来たときの写真です。
昔は米軍基地だったようですが、池ではボートを漕いでいる人がいたり、周りでは
お弁当を食べている人がいたり、すごいのどかな感じでした。

140416-01.jpg

色鮮やかなチューリップです。

140416-02.jpg

140413-05.jpg

140416-04.jpg

広場の周りにはポピーも咲いており、心が癒されました。

140416-03.jpg

遠くにお住まいの方も、チューリップ畑を見るだけでも価値がありますので、
是非、行ってみてください!

最後に、2つお知らせです。

女性のための求人・転職サイト『とらばーゆ』で、
「働く独身女性が入っておくべき 医療保険」について解説しています。

4月26日(土)をもちまして一旦お休みさせていただく
『かづな先生のセカンドオピニオン』ですが、
残り約10日分の枠がすべて埋まりましたのでご連絡です。
お申し込みいただいた皆様、ありがとうございました!

続きを見る

週刊ダイヤモンド・保険特集号

2014年3月30日

明日3月31日(月)は、店頭に週刊ダイヤモンド・保険特集号が並びます。
保険に関する雑誌としての発行部数は最大であり、
発売前は各保険会社の広報部も自社商品がどんな評価になるのか、
とても神経質になっているくらい信頼度も高いです。

140330-10.jpg

今年も商品ランキング選出者の16人の中の1人に選んでいただきましたが、
数年前比べると、かなり男性比率が高くなりました。
女性の評論家系FPよりも、男性の実務家系FPのアンケート結果の方が、
より現実的ということなのでしょうか。

私の個人相談は無料ではありませんので、絶えず新しい情報と、
ネット検索で得られない情報を相談者へ提供していく使命があります。
8年くらい前から染宮勝巳税理士の門下生となり、
昨年からは井上得四郎税理士のセミナーにも参加するようになり、
継続的に勉強させていただいています。
逆ハーフタックスプラン、名義変更プランの活用方法、判例、否認案件、
各社の逓増定期保険の特長、保険税務、ドクターマーケットの知識等々は、
きちんとお金を払わないと、なかなか得ることのできない情報です。

私みたいな立ち位置の参加者は珍しいのですが、日本の最高レベルの
実務家とお会いしお話させていただきますので大変勉強になりますし、
キャリーバックを引きながら、九州や北海道からわざわざ参加している人をみると、
もっともっと勉強しなければいけないという気持ちになります。

これからは保険会社の広報部が主催するセミナーだけの情報をまとめる
だけのFPはどんどん淘汰され、詳しい保険税務の知識と判例知識まで
求められる時代になっていきます。

2003年度版から資料としてストックしている週刊ダイヤモンド・保険特集号を改めて
チェックしてみました。

140330-06.jpg

当時は第3分野である医療保険・がん保険はアフラックの独壇場で、商品内容も
シンプルで良かったです。現在の新シリーズは競争が激化し、ライバル生保に商品力で
追いつき、追い越されたことがよく分かります。
死亡保険について、定期保険はライフネット生命が数年前までは強かったのですが、
カタカナ生保の保険料の引き下げにより、競争は激化しています。
終身保険は予定利率が引き下げられた関係で、ほんの一握りしか良い商品が
ありません。介護保険は相変わらず、ソニー生命が強いですね。
また、街中にあるサービスショップの変遷も注目であり、
ほけんの窓口代表だった今野社長が、今は光通信グループに移り、
傘下のみつばちほけんを事実上操っているというのは、
時代も変わったなぁと思います。

次は、今年のお花見についてです。
そういえば、最近ブログに娘さん登場しないねと言われることがあります。
4月1日からは、ひとつ上のすみれ組になり、元気にやっています。
何となくですが、載せても3歳の七五三くらいまでかなと思っていたから
というのもあります。また、7月に誕生予定の第二子は、お腹の中でよく
動き回り順調なんですが、初めての子でもないので、基本的には
載せるのを控えようかと思っています。
いろいろな受け止め方があるからであり、今年からは1人で電車に乗る
ときは、マタニティマークはバックの内にして、優先座席の近くには行かない
ようになりました。私自身、思うところがあったということです。

先週末は、娘が保育園のみんなと日中遊びに行ったり、私もたまに
利用する区立の公園に行ってきました。

140330-01.jpg

一般的な桜よりも早咲きの、河津桜が満開。
派手さはないですが、落ち着いた感じが大好きです。

140330-03.jpg

菜の花も満開で、春の訪れを実感することができます。

140330-02.jpg

そして昨日は土曜日ということで、いつも通り『かづな先生のセカンドオピニオン』があり、
3組の方に来ていただきました。
午前は静岡から、ご主人が大手新聞社、奥様が報道関係者のご夫婦でいらっしゃいました。
午後は、独身女性からのご相談が2組ありました。

午前に来ていただいた相談者からは、
「自分である程度調べたり、勉強してから相談にこようと思っていたのですが、
ネット情報ではとうてい知りえないことばかりで、先に相談に来てよかったです。」
と喜んでいただきましたし、午後の2組も同様の感想をいただきました。

帰りに娘を保育園まで迎えに行き、夕方でしたが、『目黒川桜まつり』へ。
想像以上の人混みでしたが満開だったので、立ち寄ってよかったです。

140330-04.jpg

夜は近所の金王八幡宮へ。
渋谷区指定天然記念物の、金王桜があります。
一枝に一重と八重の花が入り交ざって咲く、珍しい桜で、
江戸三名桜のひとつです。

140330-05.jpg

本日、3月30日(日)の外は残念ながら雨。
ということで、久しぶりに落ち着いてブログを書くこともできるわけですが、
お腹がここ10日くらいで、すごい大きくなってきました。
4月は週刊ダイヤモンドの発売と、横浜でのセミナーもあり、
相談申し込みも増えることが予想されますが、
だんだん、体力的にキツくなってきています・・・

誠に勝手ながら、4月26日(土)をもちまして、『かづな先生のセカンドオピニオン』は
一旦お休みさせていただきます。
再開の予定は未定ですが、出産後はセミナーと並行して個別相談を実施していきたいと
考えています。
執筆やブログの更新に関しては、前回の出産時と同様に、可能な限り継続していきますので、
今後ともよろしくお願いします!

続きを見る

Felice Plan

田中 香津奈
ファイナンシャルプランナー
(CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
社会保険労務士(登録番号 第13140401号)
株式会社フェリーチェプラン 代表取締役

2005年に独立系FP会社、株式会社フェリーチェプランを設立。
セミナー、個別相談、執筆&メディア出演等を通じて、個人・法人問わず、お金の不安を解消する支援をしています。
詳しいプロフィールはこちら

田中香津奈の「ドローマイライフ」

2019年8月
S M T W T F S
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新記事

rss

カテゴリ

過去の記事