女性ファイナンシャルプランナー田中香津奈のFelice Blog

サイトトップへ戻る

田中香津奈:女性FP、社会保険労務士

結局『かっぱえびせん』なんです!

2017年6月12日

週末は、中高時代の友人と、
代々木公園近くのお鮨やさんと
BONDI CAFÉをはしごして、
リフレッシュした、田中香津奈です。

その中で、
そろそろボーナス時期の彼女から、
「 iDeCo(イデコ)を始めてみようかしら・・・」
という相談も受けたので、
私も気になる!と思う方も
いらっしゃるんじゃないかと思い、

本日わかりやすく、
「 iDeCo(イデコ)」について解説します。

20170612

7ステップ」でも、
確定拠出年金を取り上げ、
動画で解説しましたが、

結局iDeCo(イデコ)は
『かっぱえびせん』ということ
になります!!

「何それ?」
と思う方もいるかもしれませんね。

========================
「お金のきほん」に取り組んでみて、
一番難しかったことは?
========================

ダントツ1位にあがっていたのが、
確定拠出年金でした。

動画でわかりやすくしたつもりだったのですが、

さらにわかりやすく・・・
どうしたらよいのだろう、
と考えていて、

彼女に話をしてみたら、
「すっごくわかりやすかった!」と
いってもらえました。

 

それが、

=====================

iDeCo(イデコ)は、

払ってOK!
ふえてOK!!
もらってOK!!!

=====================

「払ってOK!」について、
厚生年金保険料を例で解説します。

例えば、厚生年金保険料を
毎月2万円払ったとしたら、
全額所得からひいてくれます。

それと同じように、
iDeCo(イデコ)も月2万円、
年間24万円払うと、
厚生年金保険料と同様に所得から
ひいてくれるのです。

 

「ふえてOK!!」について、
銀行の預金と比較してみます。

仮に、10万円の利息がでれば、
20%、厳格には20.315%、
税金がかかります。

つまり、銀行に預金したら、
2割はもってかれるのに、
iDeCo(イデコ)はまるまる利益になるのです。

 

「もらってOK!!!」は、
将来、iDeCo(イデコ)から
お金を返してもらったときに、
退職所得控除が使えるということです。

たとえば、30年勤続していれば、
1500万円までは退職金に
税金がかからないんです。

iDeCo(イデコ)は、“勤続”ではなく、
“加入期間”に置きかえます。

 

つまり、これから30年間、
iDeCo(イデコ)を続けると、
60歳以降受け取るときに、
1500万円は全額もらえるということです。

まだまだ、イメージしにくい方は、
こうやってとらえてください。

 

===================
iDeCo(イデコ)は、
かっぱえびせん。
===================

かっぱえびせんのCMを
思い出してみてください。

 

一口食べると、

「やめられない♪
とまらない♪」

 

ですね。

 

つまり、

 

iDeCo(イデコ)も

 

一度始めると、
「やめられない♪
とまらない♪」

 

のです・・・。

 

メリットだけに注目し過ぎていませんか?

それでも、あなたはすぐに飛びつきますか?

 

まずはリテラシーが大事ということを
再認識していただくキッカケになったら、
嬉しいです。

 

先週ご案内を開始した
『マネースタートアップ』の主旨ですが、

難しいことを優しく!
優しいことを深く!
深いことを面白く!

になります。

 

自分で言うのもなんですが、
マイナス金利下の日本で、
有利にお金を増やすお役立ち情報が
満載となっています。

 

また、その前に開催する
「ゲームセミナー&説明会」ですが、
週末は埋まりつつあり、
6月24日(土)は既に満席です。

今週中には
6月25日(日)、7月1日(土)は、
今週中には満席になる可能性がありますので、
迷われている方は、チャンスを逃さないよう
今のうちにぜひお申し込みください。

=============================

お金の再設計
『マネースタートアップ』プロジェクト

=============================

会場でお会いできることを、心から楽しみにしています。

続きを見る

~出口、会長やめるってよ~

2017年6月10日

直木賞作家の浅井リョウ氏の
桐島、部活やめるってよ 」をパロディー化した
題名で始まった、ライフネット生命さんの
9周年記念セミナーに招待された田中香津奈です。

20170610-04

2008年5月18日に、ネットを主な販売チャネルとする
戦後初の独立系生命保険会社として設立された
ライフネット生命。

創業9周年になるんですね。

そして、創業時は出口社長、
現在は出口会長の出口治明氏が、
第一線を退き、後方から支援するとのこと。

詳細は、東洋経済ONLINEに掲載されています。
http://toyokeizai.net/articles/-/164994

創業時、1人でも多くの人に、
「子育て世代の保険料を半分にしたい」
という理念を広げるために、
わざわざ神宮前の事務所に訪問していただいた
出口会長。

2008年10月14日のブログ
http://www.fp-kazuna.com/blog/19700101_-490.html

20170610-02

出口会長と同じく、創業期を支えてきた
経営陣のお一人中田華寿子氏も今回退任されます。

20170610-01

そして、現在ライフネット生命社長である
岩瀬大輔氏。

20170610-03

契約者の方も含めて、
一般の方も参加できるというセミナーは、
私は初めてでしたが、

20170610-06

質問タイムがありましたが、
最後の質問をした方への
出口社長の回答が、秀逸過ぎでした。

「私は、現在、生命保険の募集代理店で働いています。
改めて、生命保険の魅力は何でしょう?」

出口会長は、

「保険はセーフティネットの1つといわれています。
私は、やりたいことに挑戦できる社会が素晴らしいと
思っています。
だから、このセーフティネットがあるからこそ、
思い切り跳べるのです」

改めて、保険についてはもちろんのこと、
挑戦する勇気など、
生き方についても学ばせてもらった、
素晴らしいセミナーでした。

続きを見る

マツダミヒロ氏●ファンになりました!

2017年5月13日

通常、2週間に1度、4ヶ月かけて学ぶカリキュラムを、
今回は2日間で集中して『問いの鍵塾』に参加した
田中香津奈です。

私がこのセミナーに参加する前に
思っていたのは、
「相手への良い質問って何?」
 ということでした。

相手への質問って、もちろん大事なんですが、
 「自分への良い質問って何?」ということが重要で、
改めて自分自身に問いてみたときに、
うまく表現できないですが、
何だか吹っ切れた気持ちになりました。

    20170513-01

講義内容は最後の最後まで、わかりやすかったです。

衝撃と感動のセミナー2日間の学びの後で
マツダミヒロ氏との記念撮影。

20170513-02

主催者である染宮先生なんですが、
9月26日(火)10:30~17:30、
 『染宮先生の「最強セミナー」300回記念特別イベント』
があります。

基調講演で再びマツダミヒロさんが登壇するのに始まり、
写真(右)の小林廣久氏も登壇されます。

業界では鉄人のひとりとして、
トップに君臨する超有名人なんですが、
お会いするたびに、いつも物腰柔らかく接してくれます。

また、先月新たにDVDを発売されましたので、
ご紹介させていただきます。

campaign_hokenjuku05

http://www.fps-net.com/camp/fpsclub_new20170417_02.html

20170513-04

前回のブログでもご紹介させていただきました
鎌田聖一郎さん。
特技は暗算で、最高位の 珠算10段位。
世界大会にも出場されています。
 
   20170513-03

参加者だけでひとつの保険会社が成り立つのでは、
と思わせてくれるぐらいの鉄人の集まりでした。

一流の方ばかりいたので、
共通点を見出してみたのですが、
ギスギスしていないし、
ギラギラしていないし、
とても心優しいです。

目標はあっても、数字に追われていないから、
いろんな意味で余裕もあるのではないでしょうか。

ちょうど、私のメルマガ創刊の時期と重なりましたが、
いろいろな方から久しぶりにメールをいただくなど、
本当にうれしいです。

2日目で、100人以上の方にご登録いただき、
ちょこちょこ感想もいただいてます。

無料ですので、是非ご登録ください!

———————————————–
「銀行では聞けない
 お金のきほん7ステップ」
 http://www.fp-kazuna.com/promo/mm01/
 ———————————————–

続きを見る

保険特集はやっぱり『週刊ダイヤモンド』

2017年4月24日

長女が入学してから2週間、
朝送り、午後一に迎えに行く生活リズムに慣れず、
久しぶりに発熱して寝込んでしまった田中香津奈です。

今年もこの季節がやってきました。
そしてその情報、どこで仕入れてくるんですか?と
いうくらい取材内容が濃すぎる、
週刊ダイヤモンドの保険特集です。

2017diamond

タイトル通り「保険 地殻変動!」といった感じです。

商品選びの時代は終わり、
売れ続けている保険営業パーソンは、
保険商品よりも付加価値を大切にしているというのが
現実です。

しかし、そうはいっても、
実際保険に入らなければいけない場合もありますし、
そのときにより良い商品に出会いたいという気持ちは
強いと思います。

4月からの生命保険料値上げ後、
初のランキングですが、
外貨建て保険の項目があることが、
時代の流れを感じます。

保険関係者は、特にPart6
「続々狭まる包囲網 保険代理店の岐路」
の記事が、興味深く、
ここだけでも購入の価値があります。

個人的には、後半のページの「From Editors」
の 藤田章夫・副編集長のコメントが泣けてきます。

ただ、今後は金融全般を担当するとのことで、
これからも関わるようですが、
一区切りということで、本当にお疲れさまでした。

保険業界に最も精通した記者といっても過言ではなく、
そこ行っちゃいますか?と
いつもサプライズ感のある記事を提供してくれ、
業界の常識を打ち破るくらい影響力のある内容が
多かったです。

発売日の本日、各保険会社の広報部は、
内容の分析が始まります。

最後に、小学校生活にも慣れてきた長女の様子です。

20170424-02

環境が大きく変わり心配していましたが、
真後ろに座っている仲の良いお友達が
出来たので、少し安心しています。

続きを見る

十中八九負ける時代になった生命保険

2017年4月3日

個別相談をやっていた頃のお客さまからの
対応に追われ、多忙を極めていた田中香津奈です。

3月は、貯蓄性の保険商品の料率改訂前ということで、
日本全国の保険関係者は、
てんてこまいだったのではないでしょうか。

約20%UPですので、分かりやすく例えると、
3月末まで100円のリンゴが
4月1日から120円になった感じです。

詳しくは、東洋経済さんが運営されている
子育て世代の女性を応援するサイト「ハレタル」で、
記事を書いています。

4月から保険料がアップ、今の保険を見直すべき?

良かったら見てみてください。

もはや、「学資保険」や円建ての「個人年金保険」
という商品名そのものも、
死語になりつつあるのではと思います。

以前、弊社公式HPにて、
2004年1月より週1回の講義形式で始め、
コンテンツとしてまとめた
「かづな先生の保険ゼミ」がありました。

たくさんの方に参考にしていただきましたが、
このたび、新しい時代の生命保険選びにも対応
できるよう、 大幅リニューアルしました。

かづな先生の保険ゼミ

第2弾の別テーマでのコンテンツも、
考えているところですので、
どうぞお楽しみに。

本日4月3日の日経新聞朝刊・3面で、
『タンス預金 膨張 3年で3割増、43兆円に』
という記事がありました。

マイナス金利でお金が増えないどころか、
インフレで目減りしてしまうのに、
タンス預金が増え続けているということです。
 
そんな時代だからこそ、
本当に新しいお金との付き合い方を
スタートする学ぶ必要性があります。

先日撮った動画ですが、
宗さんの編集作業が進み、
1つ目のチェックをしました!

想定していたよりも良い仕上がりです。

この無料動画だけでも、
「お金のきほん」のポイントを学ぶことができる、
構成になっています。

最後に、久しぶりの休日だった昨日の日曜日のことです。

長女の指定で家から近い目黒区の公園へ。

20170403-02

くつろいでいるというか、
ダラダラしまくっている次女です。

  20170403-03

近くの目黒川の桜は、
8分咲きといったところでしょうか?

20170403-01

小学校の校門にも桜の木がありますが、
今週の入学式までもってほしいなぁ、
と願うばかりです。

続きを見る

地味ながら安定している「あいおい生命」

2017年3月7日

木曜日に長女の保育園の卒園式を控えていて、
何となく気がそぞろになり、想像するだけで、
涙腺がゆるんでしまう田中香津奈です。

昨日は三井住友海上あいおい生命の新商品説明会
&情報交換会に参加してきました。

通常、保険会社の社内会議室で行われることが
多いのですが、今回の会場は六本木一丁目駅
直結の「住友会館」。

20170307-03

FPだけでなく、メディアの方々も合同で、
3人がけの席がほぼ埋まるくらいの大盛況。

私は、きらめき生命時代の約10年くらい前、
「先進医療特約」が初めて世に出たときの
説明会に参加したことはありますが、
あいおい生命になってから初めてです。
  
丹保社長も登場して、

20170307-04

4月から発売される
「新総合収入保障・ 新収入保障」の
商品説明会です。

要するに、新=就業不能が追加された
ということと、
「介護&障害年金」の支払事由が、
公的介護に連動しました。

新商品である「Ⅲ型」は
入院しなくても、介護にならなくても、
お医者様が「就業不能」の診断をした場合に
保険金がおりる保険です。

生保業界では、
ライフネット生命が生保業界で初めて
60歳までといった長期の「就業不能保険」
を発売したのが、平成22(2010)年。

マイナーポジションだった、「就業不能保険」に
アフラックをはじめ、各社参入してきています。

医療保険についても説明がありましたが、
私があいおい生命の医療保険を推す理由は、
先進医療を受けたときに、
交通費を全額実費負担しているところに
魅力を感じているからです。

1時間30分ほどの説明会の後は、
社長も交えた情報交換会。

キャラクターであるラスカルと共に、
丹保人重社長と2ショット。
天気がよければ、後ろに東京タワーが見える
絶景のスポットです。

20170307-01

今日は朝から、4月から標準利率が引き下げられる
生命保険料についての記事について
取材を受けました。

貯蓄性の保険商品はほぼ姿を消すか、
保険料約20%アップという時代がやってきます。

変化していく保険に対応できるよう、
わかりやすく解説してきました。

今月中のアップを予定しているので、
記事が掲載されたら
またご報告させていただきます。

続きを見る

東京海上日動あんしん生命 FP向けセミナー

2017年2月3日

あっという間に1月が終わり、
バタバタしている田中香津奈です。

東京大手町、皇居前です。
毎年、お正月に一般参賀が行われる場所ですね。

右にパレスホテルが見える絶好の場所に、
東京海上日動日動火災ビルがあります。

この景色は地上からですが、ビルを上がると、
皇居を一望できます。

20170203-01 

年に数回、FP向けのセミナーを開催してくれますが、
銀座から大手町に引っ越してから初めての訪問。

あんしん生命 常務取締役 桜井洋二さんからの
ご挨拶で開始です。

20170203-02

FP向けのゲストを迎えたシークレットセミナー
だったので、 セミナー風景の写真及び録音は禁止
でしたが、 大変参考になりました。

2月3日の日本経済新聞の朝刊に
『低金利で運用難響く 生命保険料他社も上げ』
という記事がありました。

保険業界全体的にいえますが、
商品の売り止めが続き、
売る商品がないと嘆く保険営業パーソンの声を
聞くことが多いです。

そんな中、あんしん生命は商品は充実している
最高水準に位置します。

昨年、大ヒット商品の「長割り終身」
の売り止めがありましたが、
支払った保険料が全額戻る医療・がん保険の
「Rシリーズ」は、 低金利下でありながら、
料率改定しないことが決定しています。

「家計保障定期保険」は
昨年11月に商品改定しましたが、
多様な顧客ニーズを実現しやすい、
良心的な商品に仕上がっています。

その後は、初めて行われる夜の懇親会。
セミナー出席者が、
そのまま全員参加となりました。

私の左は、竹下さくらさん。

右は豊田真弓さん、小川千尋さん、
平野敦之さんです。
雑誌、マスコミをはじめ、
このようなプレスに呼ばれるFPは、
20人前後しかいないという世界です。

20170203-03

松浦健二さん、松木祐司さん、馬養雅子さん
古川悦子さん、菅原直子さん達とも
お話することができ、
有意義な情報交換会となりました。

続きを見る

ソニー生命出身の牧野克彦さん

2017年1月25日

今年1番の寒さということで、移動手段の
電動自転車でさすがに新宿まで行くことが
できなかった、田中香津奈です。

岐阜在住のお客様が
東京にこの日にいらっしゃるのに合わせて
相談希望のご連絡があったため、
京王プラザホテルのカフェで待ち合わせ。

10時から1時間ほど、
事業承継をするための自社株評価の解説と、
相続についてお話させていただきました。

20170125-02

その後、京王プラザホテル向かいの会場にて、
染宮先生の「最強セミナー300回記念企画」に
参加しました。

昨年11月から3回シリーズで、
公開インタビューが行われています。

今回は株式会社ウィッシュアップの牧野克彦さん。

ドクターをはじめ、
富裕層マーケットのスペシャリストです。

元ソニー生命で、
現在は生保営業パーソン向けに毎年100回を越える
研修や講演会などをしながら、
現役のトップ営業パーソンでもいらっしゃいます。

保険業界では、私がメンターとして慕うお一人です。

このためにわざわざご自宅の奈良から、
朝5時30分に家を出て雪の中、
上京されたとのことです。

昨年9月まで行っていた個別相談には、
実は、経営者と開業医の方からのご相談が多く、
一度きちんとした形で学びたいと思っていました。

そこで、染宮先生にご紹介いただく形で、
昨年は思い切って、
牧野さんのセミナーを受講しました。

4月に東京・両国で「開業医」向けの2日間の研修を
受けたのです。

知識を確認しにいくつもりが、
実際に開業医の先生と向き合っている
実践的な内容に圧倒されました。

スキルだけでなく、接し方のマナーなど、
本には書いていないことが盛りだくさん。

その後、
5月の決算書を活用した法人研修、
7月は自社株対策を含めた事業承継、
そして12月の資金繰り対策を交えた法人研修、
と東京で開催される牧野さんの講座は、
すべて受講しました。

1回の研修は2日間ですが、
経営者や開業医の方々からの
どんな案件にも対応できるようになったのは、
牧野さんの教えがあったからといっても
過言ではありません。

私は、牧野さんの講座をすべて受講しましたので、
トータル100万円近くになりましたが、
価値から考えると全然高くないと思います。

内容が素晴らしいので、
私の話を聞いて、九州のライフプランナーさんも
昨年大阪で参加されましたが、
この業界が3年未満の方にとっては、
難しく感じると思いますので、
オススメはできません。

ソニー生命、プルデンシャル生命、
メットライフ生命、東京海上日動あんしん生命、
ジブラルタ生命といった専属の業界5年以上で、
さらなる高みを目指したいような
保険営業パーソンには
目からウロコかと思います。

午前中にご相談いただいた方の会社は、
設立約50年、社員100人を超えるような
規模なんですが、
自信を持ってお伝えできるのも、
こういう知識の裏付けがあるからともいえます。

牧野さんのインタビューで、印象的だったお話です。

お仕事で試行錯誤していらっしゃったプロセスについても
お話されていましたが、

よくないと指摘されたら「ありがとう」
よいことを指摘されたら「感謝」

ということ。

このマインドは、私も心にとめておきます。

20170125-03

左にお馴染みの染宮先生、
右に牧野さんという貴重な3ショット。

ピースサインしている牧野さんですが、
圧倒する情報量と経験に加え、
気配り、心配りが素晴らし過ぎるのです。

大坂のドクターマーケットをメインにされていますが、
ファンが多いのも分かります。

20170125-04

今回も、本当に役に立つ情報をありがとうございました!
これからも、私とご縁のある方のために最大限、
還元させていただきます。

続きを見る

仮説をたてることが大事

2017年1月23日

昨日の日曜日、
長女の学習机をいくつか見に行きましたが、
結局決められず。。。
4月までに本当に揃えるべきなのか
悩んでいる田中香津奈です。

今日は最新の世界経済についてです。

アナリストやエコノミストの予想は、
当然当たるときと外れるときがあるのですが、
私はひとまず仮説をたてるということが
大事だと思っています。

そこで、金曜日、
尾河眞樹氏の
「2017年の為替相場見通し
~トランプ政権下のアメリカと
長期のドル相場展望~」
を聴いて、印象に残ったところをご紹介します。

トランプ政権発足時ということもあり、
中心は世界経済、特にアメリカ、欧州についてです。

日本についての話題は、
安倍首相が任期延長の法案を通したことくらいでした。

選挙で大敗したり、支持率が落ちない限り、
現状が続くといった見解。

アメリカはトランプ政権発足により、
政治不透明感指数(EPU)がアップしている。

EPUとは、米シカゴ大学のデービス教授や
米スタンフォード大学のブルーム教授らが立ち上げた
Economic Policy Projectのことで、
新聞に掲載された記事を利用して、
月次または日次の頻度で経済の不透明性の度合いを
示す指数を開発したものということです。

ちょっと見ずらいですが、
右肩上がりになっているのがお分かりいただける
と思います。

不透明度は増しています。

20170123-01

そして、2017年前半は、
フランス大統領選があるということで、
世界のトップが替わる節目の年など、
大きな変化がある世界経済について、
わかりやすく講演されていらっしゃいました。

講演後、懇親会もあったのですが、
その合い間に新オフィスの看板前で、
尾河さんと2ショートです。

20170123-02

手には、昨年12月に出版された
「<新版>本当にわかる為替相場」
を持っています。

為替相場は難しいイメージがありますが、
わかりやすく解説されているので、お勧めです。

私も2017年に、資産形成スクールを立ち上げますが、
激動の情勢に惑わされることなく、
わが道を行く投資の考え方をお伝えしていきます。

今まで勇気を出して、
有料で個別相談にいらしていただいた方からの
ご要望を取り入れているのですが、
初めて私のことを知る方もいらっしゃいますので
「私が何ができるのか」ということを
今回メニュー化しました。

いわゆる、レストランに行くと見る、
メニュー表です。

題して「資産形成コンサルティング・メニュー 
かづな先生の50アイデア」なのですが、
「ためる」「ふやす」「もらう」の50アイデアを
ご用意しています。

20170123-03

実際、セミナーでは230ページのパワーポイントを
テキストとして、「ためる」「もらう」「ふやす」の
50アイデアを学んでいただくのですが、
現状は、個別コンサルティングの3ヶ月コースを
予定しています。

でも、時間的にもそんなに消化しきれないですよね。

なので、修了時には、この50アイデアから、
田中香津奈があなたの現状に合う
10個のメニューを厳選して、
「あなたのオリジナル資産形成メニュー」を作成して、
働く女性を支援していきます。

続きを見る

ソニー生命出身の福地恵士さん

2017年1月11日

三連休は、
年末に突然保育園から依頼された
長女の卒業文集の作成に
集中して取り組んでいた、
田中香津奈です。

1月10日は、
自宅から自転車で約3分の距離にある
渋谷・フォーラムエイトへ。

元ソニー生命の福地恵士さん主催の
新春セミナーがあったからなんですが、
私も駆けつけました!

私がいつも仕事でお世話になっている
宗さんという方がソニー生命出身なんですが、
福地さんのことを新入社員時代から知っていて、
それから現在に至るまでの長いお付き合いとのこと。

1年くらい前に、福地さんの大山の事務所に
連れていっていただき、
いろいろとお話させていただいたというのが
最初のご縁なんです。

前回このブログにも登場した
RMLの清水社長が1991年に生保業界に
入ったのと同じ年ですので、
業界歴26年の知る人ぞ知る位置づけです。

話は脱線しますが、その宗さんの繋がりで、
昨年11月に岩井和泉さん率いる
「ソニー生命 新宿ライフプランナーセンター
第10支社」 の勉強会に呼ばれ、
講師をさせていただきました。

そのときの様子を掲載します。

img_0491

参加者が経験豊かなライフプランナーの
みなさまなので、社会保険労務士の観点から
基本というよりは、テクニック的な要素の強い
内容とさせていただきました。

話は戻りますが、
新春セミナーのゲストスピーカーは、
著書「成功はあなたのすぐそばに」の登場人物で、
私も、いろいろとお世話になっている
ライフプランナーの方です。
著書では上原素直(仮名)で出ています。

冒頭、福地さんの登場です。

20170111-01

上原素直さんは、
2016年度COTという基準を達成されましたが、
それは置いておきまして、
一流の営業パーソンって、
みなさんマメなんですし、
やっぱり努力されているんだぁ~っと、
いろいろと感銘を受けることが多かったです。

20170111-02

当日の参加者へは、
DVDの特典がありました。

福地さんはビデオ編集に関してプロ級なので、
こんなDVDもすぐ作成して、配布してくれます。

20170111-03

私自身、昨年は福地さん主催の
パーフェクトアプローチ(PAC)、
ダイヤモンドアプローチ(DAC)、
2泊3日の夏合宿にも参加させていただきました。

私は生保業界は長くなってしまったのですが、
自ら受講料を払ってセールス研修に参加したことはなく、
どんな感じなのか興味もあり、
私にとっては、初めて有料の生保営業パーソン向けの
セールス研修に参加を決めたといういきさつです。

2017011-04

すごい情熱的な方ですので、
中途半端な気持ちで参加するというのであれば
止めておいた方が無難です。

ただ、現状を何とかしたいという
保険営業パーソンであれば、
大きな気づきがあることは間違いありません。

次回はPAC研修は以下の日程で、

いずれも東京のエイムセミナールームの開催です。

●1月20日(金)~22日(日)
●2月24日(金)~26日(日)

このセミナーを受講すると、
法人保険のセミナーDAC研修も受講できます。

続きを見る

Felice Plan

田中 香津奈
ファイナンシャルプランナー
(CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
社会保険労務士(登録番号 第13140401号)
株式会社フェリーチェプラン 代表取締役

2005年に独立系FP会社、株式会社フェリーチェプランを設立。
『守りのお金』と『攻めのお金』のバランスを考慮した情報を、セミナー、個別相談、執筆&メディア出演等を通じて発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

2017年6月
S M T W T F S
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最新記事

rss

カテゴリ

過去の記事