女性ファイナンシャルプランナー田中香津奈のFelice Blog

サイトトップへ戻る

田中香津奈:女性FP、社会保険労務士

御歳97歳の祖父

2017年4月5日

長女の入学式まで、さっそく
「小1の壁」に直面している田中香津奈です。

この5年間、
日・祝日、そして年末年始以外は
ほぼ保育園に登園していたので、
平日とか、春休みとか、  
どう過ごして良いのか分かりませんが、
この機会に祖父が過ごしている老人ホームへ。

町内会で唯一、高齢者の一人暮らしで、
ご近所の方の心配もあり、
自宅をそのままにして、
取り急ぎ施設に住んでみました。

あっという間に2年が経ちました。

その間、自宅は取り壊し、
更地になっています…
そして、その更地について、
母と叔母は揉めています…

祖父は、長女が生まれたとき、

「小学校に上がるまでは、がんばらなくちゃ。
ランドセル買ってあげないと」

と宣言して、あれから6年。

御歳97歳になりました。

そして、今回ランドセル姿を見てもらう
ことになりました。

20170405-01

長女が書いて持参したお手紙を読みつつ、
次女と話しています。

20170405-02

卒園式で、ピアニカを担当したので、
共有スペースにあるピアノで、
その演奏を聴いてもらいました。

20170405-03

祖父が毎日過ごしている個室はこんな
感じです。

20170405-04

2年前、ホーム選びをしたときに、
まだ要支援認定だったので、

「自分でお風呂に入りたい」

という要望をかなえるために
部屋にお風呂がついているホームを
探しました。

20170405-05

自宅のお風呂は祖母のために、
リフォームした檜作りで、
ゆったりとしたスペースでした。

「やっぱり、家のお風呂がいい」といって、
自宅に帰るのではと心配しましたが、
旅行好きの祖父は、
「このようなお風呂もホテルみたいでいいね」
と気に入ってくれて、
ほっとひと安心したのが
ついこの間のことのようです。

共有スペースは、 デッキも併設してあり、
とてもゆったりしています。

20170405-06

決して、きらびやかな施設ではありませんが、
スタッフの方々の対応もやさしく、
快適な生活を過ごしています。

昨年、話題となった書籍
「ライフ・シフト-100年時代の人生戦略」によると、

『2007年生まれの2人に1人は107歳まで生きる
 今20歳の2人に1人は100歳まで生きる
 今40歳の2人に1人は95歳まで生きる』

長女と次女のいずれかは107歳まで生きる時代、
と考えると、お金との新しい付き合い方が
本当に大事になってきます。

続きを見る

春スキー

2017年3月3日

長女が小学校に上がる前に、
一度はスキーに連れて行きたい!と思い、
20年ぶりに新潟県の湯沢までにスキーに行った
田中香津奈です。

スケジュールを見たら、空いていたのが、
3月2日のみということで、
1日の夜から新潟県、
越後湯沢へ。

18時以降発なら、宿泊割引が適用されるので、
18:12発19:28着のMaxときに乗りましたが、
意外と近いものです。

20170303-02

遅めの夕食になりましたが、
新潟名物へぎそば
といえば「小嶋屋」です。

つるつるとしたのど越しで、
めんつゆもあっさりしており、いくらでも
食べられる感じです。

20170303-01

前泊すると、朝からスキーできるのが
最大のメリット。
そして温泉もゆっくり楽しめます。
また、平日の春スキーということもあり、
すごい空いています。

雪は1週間ぐらい降っていない
ということでしたが、
2m以上もの 積雪。

20170303-03

すべてレンタルで揃えましたが、
私が全盛期でスキーをやっていた頃とは
違い、お洒落なウェアが揃っており、
時代の流れを感じます・・・

20170303-04

キッズパークで遊んでもらっている間に、
私は約20年ぶりのスキー。

20170303-05

スキー1級の滑り姿はいかがでしょうか。

頭で考えるイメージと、体の動きが
一致せず、最初はかなり苦労しました。

20170303-06

長女も初スキーに挑戦しました。

レッスンに入ろうと思いましたが、
元スキーのインストラクターでもある
私の直接指導の成果?もあり、
後半はかなり上手に滑ることが
できるようになりましたよ。

20170303-07

そうそう、行った宿泊先は、
『NASPAニューオータニ』。

バブル時代の建物なのか、
とても綺麗ですし、
和室も選ぶことができます。

スキー場も直結していますし、
ボード禁止のため、
スキー派にとっては、
本当におすすめです。

続きを見る

カンガルーではありません・・・

2017年1月30日

週末を利用して、関西方面に来ている
田中香津奈です。

行きは飛行機で、羽田空港から伊丹空港へ。

海外旅行気分を味わいたかったのですが、
伊丹空港が思っていたよりも地味だったのと、
乗っている時間も短すぎて、
海外気分はとうてい無理でした。
(当たり前ですが・・・)

1月28日は、奈良の若草山の山焼きという、
早春を告げる一大行事があり、
その前に東大寺に遊びに来ました。

20170130-01

次女が鹿を見て、

「ガルー!」
「ガルー!」

というのでその先を見てみると、
鹿が群れで 休んでいました。

鹿のことを、カンガルーと思っていたようです。

全く似てなくもないのですが、
「ガルー!」には笑ってしまいました!

20170130-13

 

東大寺の大仏殿の中に柱の穴があります。
実は、大仏様の鼻の穴と同じ大きさなのです。

この柱の穴をくぐり抜けると無病息災の
ご利益があるといわれています。

長女がくぐり抜け、

20170130-03

次に、次女がくぐり抜けました。

20170130-04

 

18時近くになり、平城京跡にある朱雀門へ。

20170130-05

最初の600発の花火の後は、
一斉に火がつけられ、
若草山が燃える炎は壮観です!

20170130-06

 

翌日は、京都にある東急ハンズへ。

フェイスブックを見ていたら、
1月18日に紹介した「器 たつのこ」が、
販売会を実施していたからなんです。

東京・青山でいつも社長にお会いしていますが、
今回は京都に突撃訪問。

驚いていましたが、喜んでくれました。

京都の東急ハンズでは昨年の11月に続き、
今回が2回目ということ。
好評につき、また4月にも開催するとのことでした。

20170130-07

ハンズの後は、四条駅から京都駅へ戻り、
嵯峨野線に乗り換えて、
太秦(うずまさ)映画村へ行きました。

20170130-09

暴れん坊将軍に出演した本物の馬にも
乗ることができます。

20170130-12

長女がチャレンジしてみました。

20170130-11

水戸黄門や暴れん坊将軍といった時代劇を
撮影した現場は迫力がありました。

東映ということもあり、プリキュア等の
アニメも充実しています。

年代を感じてしまいますが、個人的には、
「魔法使いサリーちゃん」の資料が
楽しかったです。

20170130-10

今関西地方は雨模様、
天気予報では東京は晴れているようで、
これから自宅に戻ります!

続きを見る

明けましておめでとうございます

2017年1月4日

明けましておめでとうございます。

年末年始は遠出をすることが
なかったので、歩きと電動自転車のみ
での移動していた、田中香津奈です。

大晦日:恵比寿の通称タコ公園
(5,6年前は、もっと大きなタコでした)

 

20170104-02

元旦:長女が自転車で近所の公園まで
デビュー

20170104-03

2日:金王神社の初詣&渋谷MODI内で
カラオケ。
長女が歌いまくりです。。。

20170104-01

3日:代々木公園で凧揚げ
良い風が吹いてました!

20170104-04

と、人混みとは無縁の生活だったので、
心穏やかに過ごすことができました。

2016年は、
セミナー(講師ではなく受講生としてです!)
を通じて、たくさんの出会いと
たくさんの経験を積むことができた
貴重な1年となりました。

なぜなら、2005年の会社設立以来、
自己流でビジネスをしてきた私にとっては、
これまでの私にとっての常識を
根本的に覆されるようなことも
たくさんあったからです。

ドミノ倒しのように、
いろんなセミナーに参加しましたが、
同時にウン百万円というお金も使いました。

セミナーの分野を大きく分けると、
以下の2つです。

 ●マーケティング系
 ●生命保険系

いずれも、超トップレベルの話は
迫力も説得力も違います。

たとえば、
話し方がわかりやすいのはもちろんのこと、
セミナーの進め方が絶妙に上手です。

「時間」が一番貴重な私にとっては、
知りたかったことを最短ルートで
教えてくれたことが、
本当に価値がありました。

また、表面的にまとめた資料ではなく、
実際経験したこと、
お客様の事例に基づいた話をしてくれます。

だからこそ、説得力があります。

どちらの分野も、
メンターとなる先生に出会うことが
できました。

今後、私のビジネスおいて、本当に心強い存在です。

トータルでは
新車が買えるくらいの金額ですので、
2016年度の私の行動はバカじゃないのか
と思われる方もいるかもしれませんが、
私にとってターニングポイントと
なったことは間違いないと思っています。
 
というわけで、2017年は
これまでインプットしてきたことを
惜しみなく発信する、
アウトプット元年となります。

そして、6年ぶりの自社開催セミナーも
予定しています。

年初ということで、以下、私の決意表明です。

試行錯誤し、
最終的に辿り着いたミッションは、
『働く女性の資産形成を支援する』
です。

私が定義する「働く女性」というのは、
会社員や公務員として
「給与をもらう・もらわない」
ということだけではありません。

会社や診療所を経営している
夫の経理を担当している、
というのも「働く女性」です。

一方、夫が自営業者で、
給与は貰っているけれど、
実際には会社の経営や業務には
携わっていない
というようなケースは
該当しないという考えです。

私が自社セミナーを開催していた
6年前と比較すると、
金融商品のラインアップが
大きく変わりました。

これからは金融商品における
「リスク」の基本的な考え方を
分かっていないと、
完全に取り残されてしまうことでしょう。

一昔前と違い、
大切なお金が時を経るにつれて、
目減りしていく時代ということです。
 
2017年度、いよいよ出発の時が来ました。

「お金の心配」
「お金の不安」
「お金の悩み」
から解放されるために
必要な資産形成アイデアと
行動力を手にいれる
一歩を踏み出すために、
全力で支援をさせていただきます。

本年度もどうぞ
よろしくお願い申し上げます。

続きを見る

シンガポールに住みたくなった!

2016年11月17日

これまでのソニー生命の変額保険の
運用益を活用して、
4泊5日でシンガポール旅行ヘ
行ってきました。

運用益は旅行費用にするために、
別管理しているのですが、
オーストラリア旅行に続き、嬉しいです。

シンガポールへは
高校3年の春に行ったことがあります。

あれから24年の年月が流れてしまいましたが、
その時に乗ったシンガポール航空の
サービスの素晴らしさが印象的で、
今回も利用することに。

飛行機から見える景色を見て、
長女は何を思っているのかなぁ。

ずっと、外を眺めていました。

161117-01

出発の羽田空港は強い雨だったのですが、
富士山上空は晴れていて、 とても幻想的。

 161117-02

朝8時50分のフライトでしたが、
到着したのは夕方。 

161117-15

初日は、張り切って
屋台に食べにいったのですが、
帰りに流しのタクシーを拾うことができず、
宿泊先のマリーナベイ・サンズを目指して
歩くことに。

タワー1、2、3と3つの高層ビルを屋上で
連結した構造になっていて、
高さはなんと200m!

前半はここに2泊です。

161117-03

そもそもシンガポールに
雨季(10月から3月)があることを
知らなかった私は、
直前にチェックした
シンガポールの週間天気予報が
毎日のように雷雨でがっかり、、、。

しかし、現地では、天候に恵まれました。

ホテルから見える日の出はとてもきれい。

161117-04

朝食のバイキングの1つで
気に入ったのが麺類。

まっさらな麺でしたが、
香菜や赤とうがらしなど、
トッピングをてんこもりにして、
オリジナルのアジアンヌードルに。

161117-05

雨が降らないうちに、
最上階57階のプールに行くと、
シンガポールの都市部が一望。

夢のようなひとときでした。

161117-06

161117-07

「シンガポールは物価が高いよ」
ということを聞きますが、
とにかく飲み物が高い。

これはホテルの中のコーラの例ですが、
特にビールは高いです。

161117-08

プールにいる時間が長かったのですが、
お決まりのマーライオンには行ってきました!

とにかく、中国人とインド人の多さにはびっくり。
 

161117-09

後半2泊は、
都市部から少し離れたセントーサ島に
移動。

宿泊先は、ハードロックホテルです。

前半とは違い、
ほぼすべて徒歩圏内で動くことができました。

まずは、ハードロックカフェでケーキです。

161117-10

長女のお誕生日週間なので、
ケーキを頼んだと言ったら、
「Happy Birthday!」を
してくれました。

サプライズ演出がとても嬉しかったようです。

161117-11

「大人も子供も楽しめる」
というキャッチフレーズで
このホテルにしたのですが、
プールも浅めで滑り台もあり、
次女も初めて浮き輪デビュー
することもできました。

161117-12

ユニバーサルスタジオに
行った日は、これぞ雨季
といった感じの スコールに。

161117-13

雨やどりがてら入った屋内施設は、
懐かしの「セサミストリート」。

中学時代は、セサミストリートを見て
英語の勉強をした記憶があるんですが、本
物を見るのは初めて。

私が興奮してしまいました。

161117-14

結局雨はやまず、
シンガポールの「キッザニア」へ移動。

日本と同じくらい混雑していたのですが、
すべて英語対応の中、
長女はなんとか溶け込もうと頑張っていました。

とにかく、シンガポールは物価が高いですが、
どこの公共施設もきれい。

そして、蚊はほとんど見かけない。

昨年のオーストラリアは、
借金が世界一少なく、
そして2050年までに
もっとも人口が増加する国で、
経済的効果を感じることができました。

そして、今年のシンガポールは、
日本から撤退した
多くの金融機関が連なっていました。

日本も快適ですが、
やはり今後のお金の行き先は、
海外なんだと強く確信した
旅行となりました。

そういったことをふまえた
資産形成スクールについて、
着々と準備が進んでいます。

田中香津奈の
これまでにない情報発信を
楽しみにしてくださいね。

続きを見る

初動画(自転車に乗れました!) 

2016年6月2日

昨年の秋くらいから長女が、今は取り壊された国立競技場や
代々木公園にある自転車乗りの練習場で、補助輪なし練習をしていました。
しかし、なかなか上手くいかず、そうこうしているうちに、
練習するのにも寒くなる冬へ、自転車も玄関前に置きっ放しという始末。

久しぶりに家の近くで練習に行きましたが、ふとした時に
私が後ろから手を離したことも気付かず、スイスイと進んでいく
ことができました。

その時の感動をスマホで撮ったのですが、本当に嬉しいです。
早い子だと4歳から(中には3歳から)乗れたりするようで、
周りのお友達が乗れている姿を見て、頑張っていました。

そのときの様子を動画(5月29日)あげてみました。
動画アップは初です。

これからは私自身も、『ねんきん定期便』などについて
動画でも解説していく予定ですので、どうぞお楽しみに。

次は、畑の様子です。今年も渋谷区役所で更新の手続きをしました。
GWは、畑で始まり、畑で終わるというくらい、農作業に
明け暮れる毎日でした。

160601-01

(5月1日写真)

植えてからは、ちょこちょこ畑に行くようになり、
長女がモンシロチョウをつかまえたところを、
次女が興味深そうに覗いているところです。

160601-02

(5月22日写真)

1ヶ月もすると、小さいきゅうりができています。
今年は、4苗で100本超を目指しています。

160601-03

(6月1日写真)

左がバジル、右がミントです。
その他、ナス・トマト・ピーマン、万願寺とうがらし、
ズッキーニも植えています。

160601-04

(6月1日写真)

最後に、「親の財産を100%引き継ぐ一番いい方法 」のご紹介です。
『親の貯蓄の流れ⇒親の生命保険の保障内容
⇒実家をどうするか・空家対策⇒相続』という
難しいテーマについて、漫画も取り入れ、
本当に身近でわかりやすくまとめられている本になっています。
私は生命保険のパートをとりまとめています。
(イラストでも登場しています!)

20160527

アラフォー、アラフィフのみなさまは
避けては通れない問題だと思いますので、
一読するだけでも何かヒントがあるのでは
ないでしょうか。

 

続きを見る

メンターの重要性

2016年4月14日

みなさん、メンターってご存知ですか?

日本語で表現すると、『師匠』という意味で、仕事やキャリアの
手本となり、味方になってくれる人のことです。

私の場合だと、税務のメンター的な位置づけになるのは、
染宮教育総研の税理士・染宮勝己先生です。

なんだかんだともう10年近く通っているので、税務や自社株、
決算書の読み方、相続など専門知識を得ることができました。
私は「最強倶楽部」に加入していますが、保険販売員だけでなく、
FPも大丈夫ですので、ワンランク上を目指す方は為になるのではと思います。
70歳目前という染宮先生ですが、いつも新しいテーマにチャレンジして、
情報を提供してくださいます。
ちょうど長女が0歳のときに、相続について勉強し、
今があるのですが、これからは相続だけでなく、
中小企業の『M&A』という分野も身近になっていくということを
今月の勉強会では知ることができ、毎回新たな気づきがあるのです。

そして、今年1月からマーケティングを勉強し始め、
その中で、ビジネス展開においておさえておきたいと思ったテーマについて
高額セミナーにもデビューしてみました。

そこで、新たなメンターとなる人との出会いがありました。

私の現在の率直な感想ですが、
『まだまだ勉強が足りない!まだまだ教わることがたくさんある!!』
ということです。
私は今、そういうメンターとの出会いのおかげで、
さらに人生が楽しくなることを確信しています。
思い切って参加してみましたが、
未知の世界に連れて行ってくださり、
「私はちょっとムリかも・・・」と思っていたことも、
「私もこういうことやってみたい!」という気持ちに
なることができています。
どうしてもお金に関しての情報は、
男性優位で女性の参加者はポツリといったところですが、
そんなことで精神面も少し強くなったかなと思います。

あともう少しで、みなさんに発表できる日が来ますので、楽しみに
していてください!

最後に私の日常生活です。

長女は相変わらず、空手教室に通っていますが、
だんだんそれらしくなってきました。

160328-02

以前住んでいた近くにある金王八幡宮での次女。
この写真をとったあと、バランスを崩してしまい、
石畳に頭をぶつけてしまい、大変でした・・・

160328-01

最後は神社で、裏千家茶道 一二三会による
お茶会に私と長女2人で参加している様子です。

160328-03

GWは特に予定はたてていないので、その間に
仕事を仕上げていきたいと思います。

 

続きを見る

2016年 謹賀新年

2016年1月11日

あけましておめでとうございます。

年末はオーストラリアに向けて、一足早くお休みをいただいていましたので、
年始は1月4日(月)から仕事始めでした。
今回の旅行で、すごいリフレッシュできましたので、今年は
これまで以上に、新しいことに挑戦する気持ちでいっぱいです。

今回のオーストラリア旅行は、日本旅行を通じて申し込みました。
ツアー名は、《南半球大自然体感》ケアンズ6日 

ケアンズは、格安航空会社であるジェットスターしか飛んでいなく、
成田空港、そして、昨年4月に新設された格安航空会社専用ターミナルである
第3ターミナルからの出発ですが、ANA・JALと違い、正直遠いです。
(同じツアーの方で、第3ターミナルが遠くて、
乗り遅れた方もいたくらいです。。。)

160111-01

長女は座るなり、座席前に備え付けている画面を通じて、
映画やゲームに熱中して、怖がる様子はなかったです。
次女は、ちょっと不安そう。

160111-02

最初の2日間は、ツアーを申し込んでいたので、
ホテルに朝5時前後に到着して、ロピーで仮眠をとった後、
世界遺産キュランダ観光へ。
富士通の「世界の車窓から」で長年オープニングで
放映されていたキュランダ鉄道に乗車です。
2時間、30度近い晴天の中、冷房設備がない列車でしたが、
車窓から自然を感じることができます。

160111-03

帰りは、世界最長級のロープウェイ「スカイレール」へ。
列車で2時間かかったところを、あっという間に通ることができて、
二人とも快適&楽しそうです。

160111-04

ケアンズ2日目。
世界遺産グリーン島観光です。
ケアンズから船での移動で、約50分。
分かりづらい表現ですが、新潟港から佐渡へ向かう
感じと少し似ています。
グレートバリアリーフの景色を見ると、
ここまできてよかった!と思える瞬間です。

160111-05

長女にとって海といえば、静岡の熱海ですが、
今回は、世界遺産グレートバリアリーフです。
昨秋、水泳教室で気に入った水中めがねをして
楽しんでいました。

160111-06

ケアンズ3日目。
旅行行程の後半は、どうなるか未知の世界だったので、
フリーにしていました。
まずは、ケアンズ最大級のスーパーマーケットへ。
その場で焼いてくれるピザや、クリスマスを彷彿させる
ダイナミックなチキン、日本でも売ってそうなカルフォルニア巻きなど。
「オーストラリアに住めるかも」と思うほどの充実したラインアップでしたが、
驚くことは、物価が高いこと。
観光地ということもあるのか、日本の感覚で購入や外食をしようと
思うと、2倍前後はすると思います。
なんて日本は低コストで、高パフォーマンスの食がそろっているのか、
改めて認識させられました。

160111-07

散策の途中で立ち寄ったヒルトンホテルにて、
次女が記念撮影。

160111-08

ホテルから見える朝の景色は、とても幻想的な雲。

160111-09

4日目ともなると、日本で当たり前にやっているように、
ネットで検索して、ツアーではなく、自分で行きたいところに行こう!という
マインドに変わってきました。
今までの海外旅行とは大きく異なること・・・それはネット環境が
整っていることです。日本での環境を大きく変えないように
考えて借りていったのが、イモトのWiFi
通常の感覚で使うのであれば、1日980円(旅行先により異なる)の定額料金で
ネットを見る事ができます。とても便利でした!!
学生の頃、「地球探検隊」で現地発着ツアーに1人で参加していたときの
感覚がもどってきました。
ケアンズの人気観光スポットで子どもが喜びそうなところを検索したところ、
コアラやカンガルーなどが放し飼いになっているというトロピカルズーを発見。
公共バスに乗れば、自由な時間に行って帰ってくることが
できることがわかりました。

160111-10

念願のコアラとのツーショットです。
前日に購入したコアラのTシャツを着ています。

160111-11

カンガルーの餌付けをこころみましたが、
食べ飽きているのか、おなかがいっぱいのようです。

160111-12

最終日はオーストラリア土産に3人でお揃いのUGGのブーツを
買いました。

160111-13

子連れでどうなるかと思った海外旅行でしたが、
なんとか無事過ごすことができて、
帰りのケアンズ空港です。

160111-14

行ってみた感想ですが、「熱海も良いけれど、やっぱり海外旅行は楽しい。
考えるより、まず行動をしてみて良かった!」ということです。

最後に今年の抱負ですが、今まで、自己流でビジネスを展開してきましたが、
第2創業期として、マーケティングの勉強をしながら、
いろんなメディアを活用して、情報発信をしていきたいと思っています。

まずは、今まで取り組もうと思っていながら、
することができなかったメルマガを発行していき、
みなさまへの継続的な情報提供をこころがけていきます。
準備が整いましたら、このブログでもお知らせしますので、
ご登録いただければ幸いです。

今年も、どうぞよろしくお願いします。

続きを見る

オリックス生命&続「OURHOME」

2015年9月25日

9月18日(金)は、オリックス生命主催の新商品説明会がありました。
この日は、代表取締役の片岡一則氏自らが話しをするということで、
FPをはじめ、マスコミ関係者も参加していました。
(片岡社長就任時のインタビュー掲載記事
http://toyokeizai.net/articles/-/33735

かなりやり手という噂があったのですが、
実際お話をされている感じは柔和な印象で、
「オリックス生命の戦略と商品開発 」と
質疑応答の時間がありました。

150921-01

銀行窓販を中心としていたハートフォード生命を買収して
ますます勢力を拡大しているオリックス生命は、
平成26(2014)年度は保有契約250万件を突破し、
今年は300万件を予定しているということ。

150921-02

10年前である平成17(2005)年と比較すると、
生命保険業界は1.4倍の伸展率に対し、
オリックス生命は6倍という驚異的な数字!!
連日、日生と三井生命の合併の報道や、
保険業法改正による変革により、
以前のビジネスモデルからの脱却元年といわれ始めている昨今ですが、
業界勢力図を塗り替えていくのびしろはまだまだ残されているといった
印象を受けました。

150921-03

また、主要部署の部長さんたちも勢揃い。

150921-04

そんな中で新商品・商品改定・付帯サービスを10月1日からリリースするということで、
営業教育部長からみっちり1時間のセミナーが行われました。
その付帯サービスというのは、「ティーペック」のことであり、
現在は主にメットライフ生命やアクサ生命が取り扱い可能です。
付帯サービスの中では、認知度や使い易さ、サービスの質において現状No.1といえる
「ティーペック」を、今後オリックス生命が取り扱えるようになるということは、
さらに勢いを増すアイテムを手に入れたのではと思います。

次は、前回ご紹介したEmiさんの「OURHOME」の続編です。
「鉄脚だけで買うことができるんですね」とか、
「コルクをひいていたんですけど、意外と交換頻度が高く、
ゴミが溜まりやすいんで、コストが高いと感じてました。 置き畳っていいですね。」 など、
ご無沙汰していた方からも、ブログの感想をいただきました。

ご好評につき、育児と仕事を両立している我が家の「OURHOME」流

*続・リビング編(見た目、著書と似てます。。。) 

150915-14

Emiさんの著書では、「情報ステーション」として紹介されている空間は、
我が家では私の仕事場に。
今回の一連の整理において、今までの書類をどんどんスキャンしていきますので、
作業しやすいデスクにするために、 雑誌、書類、など何でも収納するスペースに、
デスクを設置しました。
このデスクは、 家具とパーツを扱う「SQUARE」から脚だけ買いました。

150915-15

1枚板については、三重県伊賀市にある「ジマツ・デザイン・プロジェクト」の
HPを通じて購入。もちろんカットにも応じてくれますし、オイル加工も
してくれますので、送られてきたら、すぐに使うことができます。

既製品の机ってかなり高いものですが、単なる1枚板だと、
高くても2万円以内で買えたりします。
その後気に入った私は、『クスノキ』と『ニガキ』も購入しましたが、
信じられないくらいリーズナブルな金額でした。

小柄な私は、自分のサイズにあった机とは 縁遠かったので、
低コストでオリジナルデスクを手に入れることができて、満足しています。
これからも合間時間を見つけて、その他もリニューアルをしていきたいと
思っています。

続きを見る

明治安田生命の学資保険

2015年9月16日

本日16日(水)は、NKSJひまわり生命の相続セミナーが栃木で
開催予定だったのですが、台風による水害の影響で中止となりました。
被害にあわれたみなさま、なかなか清掃作業などは進まないと思いますが、
日常の生活に戻られることを願っています。

今週の14日(月)は、丸の内で行われた明治安田生命の新商品セミナーに
参加してきました。

8月2日から学資保険と介護保険の新商品を発売したのにあたり、
ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士を集めてのセミナーです。

8月29日の日経新聞朝刊にも特集されていましたが、
平成26(2014)年度の学資保険の新規契約件数は前年度よりも約8割多く、
比較できる1998年度以降で最も多かった年となりました。
報道ベースでは「1.8倍」の販売件数を強調していますが、
平成26(2014)年の出生数100.3万人に対して、
学資保険の加入者が101.4万件と、出生数を上回っているという
視点から説明していただくなど、興味深い内容でした。

今後、メディアなどの取材で広まると思いますが、
明治安田生命が8月に投入した学資保険「明治安田生命つみたて学資」は、
戻り率が最高水準となっています。
戻り率をアップさせるための各社設定を設けていますが、
その1つである保険期間より保険料払込期間を短くする「短期払」の設定を
「5年払済」という短い設定も可能です。
1回の保険料は高くなりますが、短期払いが可能な
お金に余裕のあるご家庭には、向いているのではないでしょうか。
問題点を挙げるとしたら、販売チャネルが外交員のみという点です。
日本生命にも言えますが、学資保険はドアノック商品のため、
買い手側もその点だけは注意したほうが良い点です。
また、教育資金を貯める手段として、学資保険以外にもありますので、
その家庭事情に合った方法で貯めていくべきです。

2月に朝日新聞「どうする?学資保険」で取材を受け、
6月に新・保険ゼミ「こだわりの学資保険の選び方」で調査したにもかかわらず、
数ヶ月もしないうちに、戻り率の順位が変わる保険種類というのは、
学資保険がいかに戦略商品の1つになっているか、ということを
象徴していると思います。

セミナー後は、昼食をとりながらの懇親会。
この機会に商品部長の森本氏と一緒に昼食を交え、
いろいろと詳細を教えていただくことができました。
15日の日経新聞朝刊【2面】で『大手生保で最も保守的な社風で知られる
明治安田生命』と紹介されるほどの会社ですが、女性部長が誕生しています。

150915-13
(左:商品部長 森本律子氏と)

一時期は、給付対応や商品性などで評判が悪かったり、
逆ざやにも苦しめられてきた漢字生保ですが、
今や完全に勢いを取り戻しているという印象を受けました。

次に畑です。
秋の収穫に向けて、9月上旬の一瞬晴れたときに、
苦土石灰をまいておきました。
酸性に傾いた土壌を改良するためというのが理由のようですが、
最初の講習時に教えてもらったからやっているだけなので、
効果のほどは分かりません。

150915-01

長雨で石灰はすっかり土になじんだので、
この週末、種をまいてきました。

150915-10

次女も初めて靴を履いて、畑デビューしましたが、
この後すぐ顔から転んだので、鼻とおでこが傷だらけです。

150915-09

<今回蒔いた種>
*レタス
*かぶ
*ほうれん草
*春菊
*焼肉レタス
*小松菜
*にんじん

150915-11
            (2015.9.13時点)

間引く必要のある野菜ばかりで、すべてが順調に育つとは
限りませんが、上手く育てば良いなぁと思っています。

最後に、次女は長女が寝ているすきに、
長女の大好きなおもちゃを触るのが最近の日課です。

150915-02

起きているときに触ろうとすると、
長女に取り上げられてしまうからですが、
1歳なりに考えて動いているようです。

 

続きを見る

Felice Plan

田中 香津奈
ファイナンシャルプランナー
(CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
社会保険労務士(登録番号 第13140401号)
株式会社フェリーチェプラン 代表取締役

2005年に独立系FP会社、株式会社フェリーチェプランを設立。
『守りのお金』と『攻めのお金』のバランスを考慮した情報を、セミナー、個別相談、執筆&メディア出演等を通じて発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

2017年6月
S M T W T F S
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最新記事

rss

カテゴリ

過去の記事