女性ファイナンシャルプランナー田中香津奈のFelice Blog

サイトトップへ戻る

お金へのネガティブ思考を解消して、アラフォー女性が60歳までに
3,000万円作る方法を学べます。

NKSJひまわり生命 in 群馬(太田)

2017年2月8日

今日は次女の保育参観で、
渋谷区の給食を一緒に食べる予定の
田中香津奈です。

「かかあ天下と空っ風」といえば群馬県。
昨日は、太田市で相続セミナーがありました。

私は、現在ひまわり生命で、
「相続」か「ねんきん定期便」
のどちらかのテーマで
講演をしています。

特急りょうもう号に乗っていましたが、
あまりの風の強さに減速していました。

20170208-01

風の強さは、東京の比ではなく、
一言で言うならば、厳し過ぎです・・・

 20170208-02

駅前には日本史の教科書でもお馴染みの
新田義貞像。
従えているのは弟のようです。

20170208-05

今年度初のJSA中核会セミナー。

当初、ひまわり生命でセミナーを始めた頃は、
中核会は男性が多く、
威圧感を感じることもありましたが、
名刺交換等で優しい方ばかりということが分かり、
今は逆に安心感があるくらいです。

20170208-03

満員御礼で、2017年新バージョンの内容を
最後まで聴いていただきました。

2月1日付の日経新聞でも取り上げられた
最高裁初判断「相続税対策の養子有効」
の記事も解説させていただきましたが、
やはり一番反応が良いのは、
私の祖父の財産を巡る母と叔母との事例です。

20170208-04

最後に、挨拶をしていただいた
JSA中核会群馬支部の副支部長である
 「光保険サービス」代表の上原政弘さん
のご紹介です。

名刺の自己紹介について、
「阪神タイガースの指名を待つ。・・・
農大二高 東京農大を大変優秀な成績で卒業。」
から始まり、
裏面もインパクトのある名刺が秀逸で、
大変参考になりました!

続きを見る

「FP FAIR 2016」実況中継

2016年10月13日

前回のブログでは、
セミナーの様子が無かったので、
改めてアップさせていただきます。

ご好意で、FP協会の方から
SNS用写真を送っていただきました。

ありがとうございます!

161013-01

先ほど、
当日サプライズ参加してくれた
商工中金の義兄と電話で話しましたが、
ES(エデュケーショナル・セッション)
の中では 一番広めの会場だったとのこと。

 161013-03

このセミナーを受講すると、
継続教育の単位が 1.5単位がもらえます。

161013-02

名刺を改めて見てみると、
北海道、富山、東京、大阪、兵庫、
京都、奈良、三重、熊本、鹿児島、
などなど、全国各地からの参加です。

161013-04

今回のFPフェアがきっかけとなり、
私と年齢が近い 弁護士先生と
お会いすることになりました。

161013-05

東京永田町法律事務所代表の弁護士、
税理士の長谷川裕雅先生です。

年齢は私の1つ下で、同世代になります。

早大政経卒業後、
朝日新聞社の記者をしていたとのことで、
国会議事堂隣に事務所を構えています。

なんか堅そうと思われた方はいませんか?

全くそんなところはなく、
とても気さくな先生なんですが、

実は、
販売部数10数万部を突破した
ベストセラー書籍
「磯野家の相続」の著者だったのです!!

http://磯野家の相続.com/

今後、セミナーなど何らかで
ジョイントさせていただきますので、
どうぞお楽しみに!!

続きを見る

『ねんきん定期便』を活用した保険の見直し方

2016年10月10日

という内容で、
FP協会主催の「FPフェア2016」
10月9日(日)に、
登壇してきました。

今年は、記念すべき第30回目となり、
今年の会場は、大阪・梅田のグランフロント大阪。

161010

 「FPフェア」とは、
19万人のファイナンシャルプランナー
(FP)が属する、日本FP協会が、
年1回開催する会合です。

全国からFPが出席していて、
今年は1,500名以上の来場とのこと。

JR大阪駅から直結なのですが、
会場までは、立ち寄りたくなるお店が
ずらりと並んでいて、
誘惑が多かったのですが、
12時前に会場に到着!

161010-01

参加者には、
2日間すべてのセミナーのレジュメが
冊子になっているものをもらいます。

1cmもあるカタログのような冊子ですが、
これがまたすばらしい。

161010-05

よくある雑誌mookより、宣伝なしで、
最新情報が満載。

何より、他のFPの先生の原稿は読んでも、
セミナー資料を見ることはあまりないので、
セミナー講師としては、この冊子は大変勉強なりました。

首賭けのネームプレートを受け取り、

161010-06

155名収容の会場を
下見させていただきましたが、

161010-02

「満席」とのことでした。

161010-03

竹下さくら先生は、
私にとっては常に基準となるべき
存在であり、
ありきたりな情報を
まとめ上げるだけのFPとは
一線を画した本流の硬派な姿勢に、
私自身影響を受けているところが
多いです。

私が会社を設立して、
初めてメディアに出た
女性誌「oggi」が2006年1月号。

記事の中で、竹下さくら先生と
同時に掲載させていただいた感動は
今でも忘れられないです。

161010-08

FP勉強会でお会いすることも多いですが、
なかなかお話する機会もなかったです。

今回、控え室でご一緒させていただき、
お子さまのことなどプライベートな
ことまでお話することができました。
  

15時~、
私のテーマである
『「ねんきん定期便」を活用した
保険の見直し方』です。

壇上から見渡すと、
知っている顔ぶれがチラホラと。

商工中金に勤務している義兄の姿も発見し、
緊張というよりは安心することができました。

90分、初のホワイトボードなし、
そして質疑応答なし、
レジュメ20枚と、
いろいろと制約があったなか、
無事に 終了。

161010-04

 

最後に長女の運動会についてです。 
セミナー前日の10月8日(土)。

来年から小学校のため
今年が最後だったのですが
あいにくの雨。

体育館での開催となりました。

1歳の頃から参加しているので、
いろんな思い出が頭の中をよぎり、
大きくなったなぁっと、
感慨深かったです。

最後はメダルをもらって無事終わりました。

161010-09

今年もあと3ヶ月。

大きな行事が終わって
ホッとしていますが、
これからセミナー開催の準備を
着々としていきたいと思います。

続きを見る

単発個別相談の申込み終了しました

2016年10月1日

前回の「お知らせ」ブログを
見ていただいた方から、
最後の駆け込みの個別相談がありましたが、
最終的には29組のお申し込みがあり、
昨日を持って単発個別相談のお申込みを
終了しました。

後半に集中していたために、
かなりタイトなスケジュールでしたが、
ほっとしています。

独立系FPの有料個別相談を開始してから、
15年目。

セミナーに集中していた時期や、
2度の出産前後で、
一時期休止したことはあっても、
約1800組もの相談を受けてきました。

無料ではない中、
みなさんよく来ていただいたなぁと
感慨深いです。

「かづな先生のマネー相談」
から始まり、
メール相談や電話相談もしたこともあります。

主に「お気軽プラン」と「満足プラン」という2本柱。

会社設立以降は、
「かづな先生のセカンドオピニオン」、
通称「セカオピ」で
長い間みなさんのご相談を承ってきました。

その中で共通して、
特に、最近顕著なご相談は、

「現役時代の生活レベルを落とさないで
 ねんきんライフを手に入れたい!」

です。

私がアラフォーなので、
年齢層が近い独身女性の方、
私が5歳と2歳の子どもがいるので、
同じような年齢のお子さまが
いらっしゃるママ、
私が会社を経営しているので、
経営者の奥様やドクターの奥様

ご相談の約7割が、このような方々です。

有料相談だからかもしれませんが、
現状厳しい生活で、
路頭に迷っている方からは申し込みはなく、

言い方が悪いかもしれないですが、
現在の仕事・私生活が
きちんとした方ばかりです。

女性からの相談が圧倒的に多く、
また、家族や経営者にそういう影響力が
強い女性から期待されているということで

「ネオマネースクール」が女性向け
ということが一目でわかるように、

女性のための資産形成スクール
「フェリーチェプランアカデミー」

とすることにし、
数々のメソッドをご紹介していきます。

今まで、私は、金融商品の活用のセミナーや、
金融商品の販売側が主催するセミナーに、
数多く参加してきました。

セミナー参加者の大多数は男性であり、
女性の参加者は少数です。

女性は私1人ということも多々あります。

参加者は一流の方ばかりで、
みなさん紳士的な対応なので、
私個人的には居心地が悪いと感じたことはありません。

全体的には

「お金に関するレベル高めの情報を得る
セミナーは、男性社会、男性優位」
ということなのです。

男女は同権であっても、同質ではありません。
従って、男性と女性とではおのずから、
受ける教育に違いがなければなりません。

女性にふさわしいお金との付き合い方を
身につけるのは、
女性だけの資産形成スクールが理想。

以上が、
私が女性限定の資産形成スクールを
立ち上げようと思った理由です。

このスクールを通じて、
女性の方々にどんなことが伝えられるのか、
このブログで次回以降お伝えできたら
と思いますし、
生保募集人向け、
社労士向け事業も考えています。

最後にマスコミ掲載、2つ同時お知らせです。

週刊朝日MOOK「高齢者ホーム2017」
に登場しています。

高齢者ホーム 2017 (週刊朝日ムック)

 

「あの書類が重要な手掛かりに・・・
 いったいいくらもらえる?
 親子で年金でチェックしよう」

を監修しています。

50歳未満の「ねんきん定期便」
の見方をフローチャートにしています。
また、
「知らなきゃ損する!
介護関連の控除の話」は、
メディア初の話題を提供しています。

よろしければ、ご参考にしてください。

私の祖父がいる介護施設も
評価の対象に掲載されていましたが、
最も気になったのが、
居酒屋和民の介護事業を買収した
SONPOケアそんぽの家」が
全国各地にあることです。

そして、2017年の家計簿のコラムを
監修したものが3冊発売されました。

クッキング家計簿 シニア家計簿 シンプル家計簿

普段は引き受けることのない
節約についても取材協力しています。

取材は、真夏のときだった記憶があるのですが、
冷房をつけっぱなしにしても、
ほとんど電気代は変わりません。

PCでも同じことが言えますが、
付けたり消したりが効率が悪いものです。

特に今年の夏は、家に帰ってきても、
ホテルのような環境で快適でした。^^

先日、3年に1度の電気業者の点検が
きたので、その旨を話していたら、

「冷房と除湿はまた大違いです。
除湿にしていると、
ファンに負担がかからないので
電気代があまりかからないのです」

時々蒸し暑い日は、
除湿をつけて快適にすごしています。

そのほか、2017年のお金の流れを
よくするコラムが掲載されています。

よろしければ、
来年のお金の管理にお役立てください。

続きを見る

SJNK「ねんきん定期便」セミナー in 盛岡 & キッザニア

2016年7月27日

あっという間に夏休みになってしまいましたね。
海の日の連休明けは、
NKSJひまわり生命さんでの講演。
in 岩手・盛岡です。
昼間は、栃木・宇都宮で途中下車。

塾経営者のコンサルティングがあったためです。

160725-02

いつもは当日入りでしたが、
今回は前日入りのため、
セミナー打ち合わせ&夕食を兼ねて、
支社長と「沢内甚句」へ。

私と同級生の支社長で
単身赴任中とのこと。

支社を良くしたいという思いと、
こういうことを伝えて欲しい
という熱い思いが、
十分伝わってきました。

160725-03

鶏肉で有名なお店なんですが、
海鮮系も充実しており、
私の大好きな今が旬のほやの刺身。

 160725-04

セミナーは、朝10時スタート。
岩手県は、四国に相当するくらい、
本州で一番面積が広いとのことです。

移動距離が長い関係で、
支社での生セミナーを
その他4箇所でもオンラインセミナー
するということです。

このモニターは、私が話す立ち位置から右手にあります。

160725-11
 
160725-05

テーマは、
「ねんきん定期便活用法」です。

生命保険販売、
特に死亡保障と医療保障を提案するときに
正確な情報を元に話すことができるので、
お客様に喜ばれる内容となっています。

160725-07

80分ほどで講義を終え、
残りは質問タイム。
もちろんオンラインセミナーをした
4地域からの質問もありました。

「ねんきん定期便の話、初めてなんですが、
東京ではどれくらい普及しているんですか?」

「ねんきん定期便は信用ならないと思って、
それでも活用したほうがいいんですか?」

「ねんきん定期便世代ではなく、
年金受給者世代の相談は
どのようにのったらよいんですか?」

「シングルマザーは
どうやって年金を用意したらいいですか?」

などなど。

テレビモニターを通じて、
質問の受け答えをするという、
初めての経験もありましたが、

「生命保険、お客様にどうやって
ご案内したらよいか、
キッカケを見つけられました!」

「ねんきん定期便のお話、
早速試してみます!」

など、
嬉しい感想を名刺交換と同時に
いただきました。

みなさん、お忙しい中、ご参加ありがとうございました。

そんな中、夏休み入る前に、
まずは長女をキッザニアに連れていきました。

来年は小学生なので、
平日を利用して商業地にいくことは
難しいと思っているので、
なんとか強行突破です。

朝6時起き。

江東区豊洲まで満員電車に揺られ、
初キッザニア。
こんな感じで、
本格的に仕事体験ができます。

この写真は白内障の手術をしている
眼科の先生を体験中。

160725-08
 
一番人気のお菓子作り。
楽しみにしていたはずなのに、
予約が13時だったので疲れたのか、
「やだ~」と泣きながら、
ハイチュウを作っていました・・・

160725-09

スポーツクラブの無料券をもらい、
体験でチアガールを。

空手の姿しかみていないので、
女の子らしくてなんだか新鮮。

長女はダンスとか踊ることに
すごい興味があるようです。

160725-10

これから娘にとって学校選びは
とても大切なことなんですが、
どんな仕事を選ぶのかの方が、
はるかに大切なことだと思っています。

聞いてみたら、将来は婦人警官になりたいそうです!!

続きを見る

あのアフラックが『就業不能保険』?

2016年6月17日

アフラックはがん保険のパイオニア。
そして医療保険にも力を入れてきましたが、
なんとアフラックが『就業不能保険』を
販売することになりました。

*プレスリリース
「<病気やケガで働けなくなったときの 給与サポート保険>を発売

それって何?
要するに、働けなくなったときにもらえる保険です。

もともとは生保ではなく損保分野の商品であり、アフラックが日本に
上陸した1974(昭和49)年には、既に損保業界には存在していた
歴史ある保険種類ですが、生命保険募集人にとっては、
損保分野の商品はまだまだ敷居が高いというのが現状です。

ということで、保険に強い社会保険労務士を探していたところ、
私に白羽の矢が当たったということのようです。

古巣アフラックで、セミナー講師をつとめてきました。
場所は、大阪なんばの「パークスタワー」。

160617-02

開会に先だち、大阪総合支社長の井田さんからご挨拶。
井田さんとはアフラック在籍中、徳島の阿波踊りで「アフラック連」
があり、そのときご一緒したご縁があります。

160617-01

アフラックは総合支社の場合、支社長=部長、
副社長=支社長級の地位なんですが、
副支社長は私が新入社員だった料金部時代の
ひとつ上の先輩ということもあり、
皆さん、温かく迎え入れてくれました。

大阪総合支社の優績代理店さん約120名も
参加していただきました。
こんなに集まることはなかなかないとのことです。

160617-03

また、去年私は損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の
相続セミナーで、全国行脚をしていたので、
その時の評判をきいて参加してくれた方も多かったようです。

160617-04

「NO WORK NO PAY」
この基本原則はとても大切です。

160617-05

優績代理店さんということで、特典として
『ねんきん定期便』の活用を解説してきました。

160617-06

質問タイムも、大盛況で、
あっという間の90分でした。

知らないとつまづくであろう重要ポイントですが、
参加していいただいた皆様には、そのあたりの勘どころを
十分に理解していいただけたのではないでしょうか。

10月には再び大阪で大きめの講演が決定しており、
そこでは『ねんきん定期便』活用について、
より詳しい内容でお伝えさせていただきます。

詳細が決定しましたら、改めてご案内させていただきます!

続きを見る

『ねんきん定期便』活用コンサルタント

2016年5月22日

年初から通っていたマーケティングの講座がいったん終了しました。
いったんというのはこの講座は2コースあり、
もっと深く勉強したい方は、10月まで続き、私は今後も続きます。

ダブル講師で、

株式会社コンサルタントラボラトリー
代表取締役 北野哲正氏

コーチ、コンサルタント、セラピスト、カウンセラー、士業、整体師などの
”コンサルタント型ビジネス”における独立・起業・集客・プロモーション支援に
特化した活動を行っていらっしゃいます。
リクルート出身の絵に描いたような頭の切れる先生で、
ストイックに物事を追求する姿勢、分析力は
大変勉強になりました。

160521-03

キーストンフィナンシャル株式会社
代表取締役 大坪勇二氏

新日鉄で経理マンをされており、その後ソニー生命の
ライフプランナーとなり、トップセールスマン。
保険営業パーソンやFP向けの教育ビジネスを手がけ、
そして今年6月に電子書籍の会社を設立されるご予定です。
気配り、心配りが本当に素晴らしく、
自身の考えを具現化していくプロセスは素晴らしいです。

160521-02

毎月土日を使って、
50名ほどの受講生とグループディスカッションをしたり、
W講師の講義を聴いたり、外部講師の登場があったり、などなど。
約12年独自のスタイルでビジネスをしてきた私にとっては、
初めての異業種交流の場でもあり、
また、ビジネスで成功されている方の話を間近で聞くことができた
貴重な5ヶ月間でした。

受講生の方が有志で作ってくださったコーナーがあり、
「私はこんな分野が得意です。手伝ってほしいことや
一緒にビジネスをやりたい人、ご連絡ください」
という一人2分でプレゼンができる場があります。

最終回の今回、私は自分の”ワンシング”を発表してみました。
当初、昨年、ひまわり生命さんの保険募集人の方への
相続セミナーが好評だったので、「保険募集人の方」への
教育ビジネスを”ワンシング”にしようと思っていたのですが、
まずは、一般向けのコンテンツで落ち着きました。

今までの
かづなFP社労士事務所 所長
ファイナンシャルプランナー(CFP)
の肩書きにプラスして、
『ねんきん定期便』活用コンサルタント
とすることにしました。

実際の講義内での発表の様子です。

160521-04

プロフィールを改めて紹介し、

160521-05

「ネオマネースクール」の開校を宣言させて
いただきました!!

160521-06

ネオマネースクールでは、

~『ねんきん定期便』を活用して、
有利な資産形成をアイデアを手に入れる~

をコンセプトに、

『ねんきん定期便』は個人のお金のベースになる情報が満載で、
それらを読み解くことで、ムダ・ムラ・ムリのない資産形成ができます。
法人は『決算書』があれば、同様の効果が期待でき、
確実にお金を残すことができるようになります。

を目的とします。

ということで、
●個人向け
●オーナー社長向け
●開業医・開業医の奥様向け
の3コースで開校していく予定です。

今後は、
メルマガ・ホームページ作成などで、
少しでも早くみなさんに受講していただけるような体制を
作っていきます。

そして、フェイスブックをしていなかった私に、
受講生の方が開設を手伝ってくれました。
まだ投稿していない状態ですが、
よろしければ「田中香津奈」で検索していただくと
出てきます。

年初から通っていたこのマーケティングの講座は、
参加者ひとりひとりのレベルが高く、
これから活動していく上での道しるべ的な存在になったことは
間違いありません。

最終回の打ち上げです。

160521-07

北野さん、大坪さん、受講生の皆様、いろいろとありがとうございました!!

 

続きを見る

メンターの重要性

2016年4月14日

みなさん、メンターってご存知ですか?

日本語で表現すると、『師匠』という意味で、仕事やキャリアの
手本となり、味方になってくれる人のことです。

私の場合だと、税務のメンター的な位置づけになるのは、
染宮教育総研の税理士・染宮勝己先生です。

なんだかんだともう10年近く通っているので、税務や自社株、
決算書の読み方、相続など専門知識を得ることができました。
私は「最強倶楽部」に加入していますが、保険販売員だけでなく、
FPも大丈夫ですので、ワンランク上を目指す方は為になるのではと思います。
70歳目前という染宮先生ですが、いつも新しいテーマにチャレンジして、
情報を提供してくださいます。
ちょうど長女が0歳のときに、相続について勉強し、
今があるのですが、これからは相続だけでなく、
中小企業の『M&A』という分野も身近になっていくということを
今月の勉強会では知ることができ、毎回新たな気づきがあるのです。

そして、今年1月からマーケティングを勉強し始め、
その中で、ビジネス展開においておさえておきたいと思ったテーマについて
高額セミナーにもデビューしてみました。

そこで、新たなメンターとなる人との出会いがありました。

私の現在の率直な感想ですが、
『まだまだ勉強が足りない!まだまだ教わることがたくさんある!!』
ということです。
私は今、そういうメンターとの出会いのおかげで、
さらに人生が楽しくなることを確信しています。
思い切って参加してみましたが、
未知の世界に連れて行ってくださり、
「私はちょっとムリかも・・・」と思っていたことも、
「私もこういうことやってみたい!」という気持ちに
なることができています。
どうしてもお金に関しての情報は、
男性優位で女性の参加者はポツリといったところですが、
そんなことで精神面も少し強くなったかなと思います。

あともう少しで、みなさんに発表できる日が来ますので、楽しみに
していてください!

最後に私の日常生活です。

長女は相変わらず、空手教室に通っていますが、
だんだんそれらしくなってきました。

160328-02

以前住んでいた近くにある金王八幡宮での次女。
この写真をとったあと、バランスを崩してしまい、
石畳に頭をぶつけてしまい、大変でした・・・

160328-01

最後は神社で、裏千家茶道 一二三会による
お茶会に私と長女2人で参加している様子です。

160328-03

GWは特に予定はたてていないので、その間に
仕事を仕上げていきたいと思います。

 

続きを見る

SJNK相続セミナーin宇都宮

2015年12月21日

前回のブログから、あっという間に1ヶ月が経ち、12月もあと残りわずかと
なりました。毎日本当に慌しく過ぎていきます。

1月から始まったSJNK相続セミナーですが、熊本・静岡・沼津・浜松・佐賀・小倉・
大洗・千葉・豊橋・甲府・帯広・博多・京都・呉・名古屋・大阪(2回)・宇都宮
と全国各地でお声をかけていただきました。

そんな中、今年最後のSJNK相続セミナーで宇都宮に行ってきました。
長女が保育園で流行している風邪をもらってきてしまったようで、
渋谷を出たのが遅くなりましたが、無事宇都宮駅に到着することが
できました。

151219-02

本来9月に開催する予定でしたが、
甚大な水害の影響があったため延期になったのが12月17日(木)。
75名の方々にご参加いただきました。

151219-03

今年1月に作成したレジュメですが、
実際のセミナーでの反応やご質問・ご要望を取り入れて、
改善していますので、今年度集大成の内容です。

151219-06

男性の割合が多かったので、女性の気持ちを交えて、話を展開。
「そうだよね~」と笑ってらっしゃる方も多かったです。

151219-04

無事に終わり、帰りの新幹線の待ち時間に
やっぱり宇都宮餃子を。

151219-05

普段、2人の娘がいると、ゆっくりご飯食べられないので、
その習慣で一気に食べてしまいました。

本来ならば、次女が保育園に入園できたら、
自社セミナーの開催をしようと思っていたのですが、
相続セミナーや個別相談もコンスタントにあったので、
結局企画ができないまま平成27(2015)年が終了してしまいました・・・。
とても有り難いことなんですが。

やる!やる!といいつつ、結局できないことが多い私・・・
手元に伝えたいことがたくさんあるのに、上手く表現できていない私・・・

誰かに負けたくないということではなく、
自分自身に納得がいかないということです。
子供達が小さいから仕方がないと言ってくださる方もいるのですが、
自分ができないことを、子どもに夢を託すということで、
誤魔化しながら日々を送るという生き方が、私にはできません。
納得できないことを諦めではなく、前へ進む力に変えていけたらと
思っています。

寒さも本格的になってきましたが、朝4時起きの朝活も継続しています。
なぜなら、これまで私が歩んできた道のりの中で得た有益な知識や情報を、
整理をしていますが、それらをどんどん具体的な形にしていきます!

今は年末に出発するオーストラリア旅行に向けて、準備しているところです。
今回は、アメックスのポイントも使いますが、その場合、旅行会社は日本旅行と
指定があります。
プランに関しては専門である日本旅行に任せていますが、海外旅行保険については、
私の専門なので、お任せするわけにはいきません!!
日本旅行の窓口で案内された損保ジャパン日本興亜(以下、SJNK)の案内用紙に
【加入しません】に○をつけてきました。

11月にSJNKグループのFP・メディア向けセミナーに参加したときに、
ご紹介いただいたSJNKの「新・海外旅行保険【off(オフ)】」をネット経由で
申込みをするからです。
日本旅行も推奨保険は同じ損保ジャパンですが、販売チャネルによって保険料は大きく
異なります。
損保ジャパンの海外旅行保険については、対面・ネット申込みの補償内容もしくは質は
変わらないのに、保険料は最大54%OFF!になります。

現在、自分で海外旅行保険に加入しない場合、
確認書に署名しなければいけないほど加入がすすめられている時代ですので、
思わず「ついでに」と対面で申し込んでしまいがちですが、
ネットにて自分で申し込むだけで約半額になることは
ほとんど知られていないのではないでしょうか。
ネットの強みとしては、セット販売ではなく、フリープランもできるというところです。
以上、海外旅行保険を検討されている方の参考になればと思い、
レポートさせていただきました。

最後は、クリスマスに先駆けて12月19日(土)は、青山学院大学校内の
ガウチャー記念礼拝堂で青山学院大学ハンドベルクワイアによる
第32回クリスマスチャペルコンサートに行ってきた様子です。

151220-02

中高時代にハンドベル部にいたためか、この季節になると、
何だかソワソワすると言いますか、母校と関係なく教会に
行きたくなるんですよね。

長女の空手教室が土曜日にあるのですが、教室から青学までは
3分くらいなので聴いてきました。本当に心が安らぎました。

151220-01

少し早いですが、みなさん良いお年を。
そして、来年も引き続き、ブログを見に来ていただければ幸いです。

 

続きを見る

SJNK相続セミナーin大阪 (再会編)

2015年8月6日

東京都心で観測史上はじめて5日連続の猛暑日となった8月4日(火)、
新大阪に向かいましたが、それにしても毎日暑いです・・・
夏休み中ともあり、帰省するのだろうなぁという家族連れで
賑わっていました。

150805-01

新大阪駅前のダイキンの温度計も35度。
やっぱり暑いです。どうなんでしょう。関西方面は
関東とはまた違う暑さで、表示よりも暑く感じました・・

150805-02

地下鉄で大阪・淀屋橋に向かい、
大阪北支社に無事到着。

150805-03

今年17回目のSJNK相続セミナーですが、
偶然の再会がありました。
以前、日経の読み方セミナーで全国で講演していたときに、
赴任されていた地方で参加していただいた方が、
現在、ひまわり生命の大阪北支社に在籍されているということ。
セミナーがご縁で、平成20(2008)年から年賀状を送ってくださるのですが、
SJNKひまわり生命の商品についてのメリットについて
一言コメントが必ず添えられています。
そのコメントで教えていただくことも多々ありましたので、
会場でご挨拶の名刺をいただいたときは、本当に驚きました!!
こうやって何年かぶりにお会いするって嬉しいことです。

150805-04

15:00~16:30の約1時間半、真剣に聞いていただきました。

150805-05

相続について専門用語を多用することなく、分かり易く説明してもらい、
身近に感じてもらえたという感想もいただきました。
現場の最前線にいる募集人さんは、相続の『そ』の字も
知らない見込みのお客さんのところへ説明に伺います。
やはり、難しいこと、細かいこと、理屈っぽいことって、
NGなので、ストレートに分かり易く伝えることが大事です。
例えば、相続において『遺留分』という言葉は頻繁に出てきますが、
こんな言葉は現場では極力使ってはいけないということです。
では何て置き換えたら伝わるのかというと、『最低保証』という言葉に
置き換えることで、すべてがスッキリします。

前回4月の大阪出張のときにお土産に買って帰った551がお気に入りのようで、
”大阪=豚まん”と思っている長女からのリクエストで、551をおみやげに。

150805-06

帰宅は21時頃だったのですが、
すっかり食に興味がある次女も今回は参加して、
一緒に食べていました。
最近は10歩くらい歩けるようになり、長女のやることに
何かと絡んできます。

150805-07

最後に畑についてです。
梅雨の時期だっり、この連日の猛暑により、
成長が早いので、あっという間に”バット”級のきゅうりに
なってしまいます。

150805-09

約50本ほどとれたきゅうりも収穫を終え、
すべての苗を抜き取ってきたのですが、取れ過ぎは
好きだったものも、嫌いになってしまう傾向があり、
ここ最近長女は、きゅうりを食べません・・・

なすは茎部分で150センチを超えていますが、
収穫の際、トゲに刺さるという難関が待ち受けています。
刺さると意外に痛いです。

150805-11

枝豆は収穫時期が終わったのですが、
その後は、しそを植えており、重宝しています。

150805-10

他にも、しし唐やミニトマト、パプリカなども順調に収穫できました。

150805-12

最初は、素材を活かそう!とフライパンで焼いて
食べていたことがあったのですが、
その調理法だけでは消化しきれず、いろいろ試しました。
例えば、なすが大量に採れたときなどは、豚のバラ肉としそで巻いて、
パン粉をつけて揚げていたのですが、数が多すぎて手間がかかり過ぎるので、
後半は天ぷら風にして揚げていました。

150805-08

その他、なす・ししとう系を素揚げして、いりこのダシベースで、
煮浸しにするのも、量を消化しながらも、美味しくいただくことが
できます。

ただ今回の畑の教訓として、やり過ぎると嫌いになってしまう・・・ということです。
何事も”ほどほど”が大事ということを改めて学ばせていただきました。

続きを見る

Felice Plan

田中 香津奈
ファイナンシャルプランナー
(CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
社会保険労務士(登録番号 第13140401号)
株式会社フェリーチェプラン 代表取締役

2005年に独立系FP会社、株式会社フェリーチェプランを設立。
『守りのお金』と『攻めのお金』のバランスを考慮した情報を、セミナー、個別相談、執筆&メディア出演等を通じて発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

2017年4月
S M T W T F S
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最新記事

rss

カテゴリ

過去の記事