女性ファイナンシャルプランナー田中香津奈のFelice Blog

サイトトップへ戻る

お金へのネガティブ思考を解消して、アラフォー女性が60歳までに
3,000万円作る方法を学べます。

最初の一歩が踏み出せなかった動画

2017年3月8日

これまで、情報発信をするために、
動画はやった方が良いと思いながら、
なかなか実行できなかった
田中香津奈です。

原稿は昨年末に、
ほぼ出来上がっていたのですが、
先延ばしにしてしまっていたんですよね・・・

フェイスブックにしても同じことがいえますが、
私は保守的なところがあり、0を1にするのが、
苦手ところがあるんです。

喉が真っ赤に晴れているにもかかわらず、
3月8日12時より撮影を開始しました!

そんな決心がついたのも、
明日の長女の卒園式前には
終わらせたいという思いが
あったからです。

20170308-01

左に写っている方は、
元ソニー生命のライフプランナーの
宗優(そうまさる)さんです。

ご縁あり、いろいろと私の仕事を
フォローしていただいているのですが、
機器系に疎い私は本当に頼りにしています。

ソニー生命のMDRTの会長を
長年務めていらっしゃったり、
「保険の窓口」の創業メンバーの1人
でもあります。

また、大型代理店のライフプラザパートナーズも
立ち上げていらっしゃいます。

とにかく、保険業界のいろんなことを
ご存知なので、大変勉強になります。

20170308-03

イーエフピーの花田敬さんに教えていただいた
無線マイクを付けているところです。

20170308-02

ライトの調整をしてもらっています。

20170308-04

宗さんに、音声チェックをしてもらっています。

20170308-05

一区切りで、動画チェックをしています。

結局、12時スタートの動画撮影は
16時までかかりました。

手作り感満載の動画なんですが、
ひとまず無事に完了することができました。

編集等は宗さんにお任せしているのですが、
私自ら、どんな仕上がりになるのか
楽しみにしています。

最後に、お弁当情報です。

渋谷西武百貨店の地下1Fにて販売しているのですが、
津多屋』の「のり二段幕の内弁当」が
家庭的な味でとても美味しいです!

宗さんも私も大のお気に入りで、本日も食べました。
ドリフターズの「8時ダヨ!全員集合」から
ロケ弁を作り始め、口コミだけで広がったというお弁当、
機会がありましたら、是非食べてみてください!

続きを見る

明けましておめでとうございます

2017年1月4日

明けましておめでとうございます。

年末年始は遠出をすることが
なかったので、歩きと電動自転車のみ
での移動していた、田中香津奈です。

大晦日:恵比寿の通称タコ公園
(5,6年前は、もっと大きなタコでした)

 

20170104-02

元旦:長女が自転車で近所の公園まで
デビュー

20170104-03

2日:金王神社の初詣&渋谷MODI内で
カラオケ。
長女が歌いまくりです。。。

20170104-01

3日:代々木公園で凧揚げ
良い風が吹いてました!

20170104-04

と、人混みとは無縁の生活だったので、
心穏やかに過ごすことができました。

2016年は、
セミナー(講師ではなく受講生としてです!)
を通じて、たくさんの出会いと
たくさんの経験を積むことができた
貴重な1年となりました。

なぜなら、2005年の会社設立以来、
自己流でビジネスをしてきた私にとっては、
これまでの私にとっての常識を
根本的に覆されるようなことも
たくさんあったからです。

ドミノ倒しのように、
いろんなセミナーに参加しましたが、
同時にウン百万円というお金も使いました。

セミナーの分野を大きく分けると、
以下の2つです。

 ●マーケティング系
 ●生命保険系

いずれも、超トップレベルの話は
迫力も説得力も違います。

たとえば、
話し方がわかりやすいのはもちろんのこと、
セミナーの進め方が絶妙に上手です。

「時間」が一番貴重な私にとっては、
知りたかったことを最短ルートで
教えてくれたことが、
本当に価値がありました。

また、表面的にまとめた資料ではなく、
実際経験したこと、
お客様の事例に基づいた話をしてくれます。

だからこそ、説得力があります。

どちらの分野も、
メンターとなる先生に出会うことが
できました。

今後、私のビジネスおいて、本当に心強い存在です。

トータルでは
新車が買えるくらいの金額ですので、
2016年度の私の行動はバカじゃないのか
と思われる方もいるかもしれませんが、
私にとってターニングポイントと
なったことは間違いないと思っています。
 
というわけで、2017年は
これまでインプットしてきたことを
惜しみなく発信する、
アウトプット元年となります。

そして、6年ぶりの自社開催セミナーも
予定しています。

年初ということで、以下、私の決意表明です。

試行錯誤し、
最終的に辿り着いたミッションは、
『働く女性の資産形成を支援する』
です。

私が定義する「働く女性」というのは、
会社員や公務員として
「給与をもらう・もらわない」
ということだけではありません。

会社や診療所を経営している
夫の経理を担当している、
というのも「働く女性」です。

一方、夫が自営業者で、
給与は貰っているけれど、
実際には会社の経営や業務には
携わっていない
というようなケースは
該当しないという考えです。

私が自社セミナーを開催していた
6年前と比較すると、
金融商品のラインアップが
大きく変わりました。

これからは金融商品における
「リスク」の基本的な考え方を
分かっていないと、
完全に取り残されてしまうことでしょう。

一昔前と違い、
大切なお金が時を経るにつれて、
目減りしていく時代ということです。
 
2017年度、いよいよ出発の時が来ました。

「お金の心配」
「お金の不安」
「お金の悩み」
から解放されるために
必要な資産形成アイデアと
行動力を手にいれる
一歩を踏み出すために、
全力で支援をさせていただきます。

本年度もどうぞ
よろしくお願い申し上げます。

続きを見る

日本FP協会に2回登場します!!

2016年7月3日

私が「ファイナンシャルプランナーの
田中香津奈です」と名乗る時、
FPである根拠は、
日本FP協会の認定を受けているからです。

日本FP協会の会員数は約19万人。

会員には毎月、
「日本版FPジャーナル」が自宅または勤務先に
毎月1日に届けられるシステムに
なっているのですが、
そのジャーナル誌に掲載されることに
なりました!

160702-01

これまで、何百冊以上もの
執筆・掲載がありましたが、
やはり、日本FP協会での特集記事
というのは、特別な思いがある
というのが正直な気持ちです。

 今月7月号の相談事例を取り上げる
コーナー、
「事例研究|NEWライフスタイル79号」
に4ページに渡り掲載されています。

160702-03

『かづな先生のセカンドオピニオン』
という有料相談の実際の相談事例。

来店型の保険相談ショップで
提案を受けたのですが、
それらが本当に自分たちに合致しているのか!
という最終確認をしに、
 私のところにご相談にいらっしゃいました。

ご相談当時は新婚だったご夫婦で、
翌年お子さまも誕生しましたが、
その半年後にご主人が通勤途中で倒れてしまい、
働けない状態になったという事例ですが、
結果的には、4,500万円以上の保険金を
手にすることができました。

病気やけがなどで働けなくなり、
さらに、高度障害に陥った場合には、
生命保険の支払対象になる商品が
多いのですが、
正しく請求していないケースが
多数あるのが現実です。

最近の事例では、つんくさんです。
つんくさんは、
喉頭がんのため声帯を全摘出されましたが、
多方面で活動されていますね。

つんくさんの状態は
「言語またはそしゃくの機能を
全く永久に失ったもの」
という事由に該当する可能性が高く、
例えば5,000万円の保険金に加入していたら、
5,000万円支払われる
可能性が高くなるということです。

仮にあなたが生命保険に加入していて、
「声帯を全摘出して、声を失いました」
と 家族から担当者に連絡してもらったときに、
「大変でしたね、お大事なさってください」
という担当者と、
「もしかしたら、高度障害保険金の
対象になるかもしれません」
という担当者とでは、
どちらが良いでしょうか?

最近は特に実感することが多いですが、
保険をはじめ資産運用等、
お金周りのことって、
担当者が大事です。

ドクター・法人案件になってくると、
担当者がすべてと言っても
過言ではありません。

消費者側は、「木を見て森を見ず」
ではありませんが、
「商品を見て担当者を見ず」
にならないように、
担当者の経験・レベルに
一度注目してみてください。

 そして、この号には、10月に大阪で行われる
「FPフェア2016」(会場:グランドフロント大阪)
の案内も同封されていますが、
私が登壇することとなりました。

160702-02

日  時:10月9日(日)15:00~16:30 
ジャンル:リスクと保険
タイトル:『ねんきん定期便』を
活用した保険の見直し方

 FPの方は、継続単位も取得できますので、
ご都合つく方は、ぜひご参加いただければ幸いです。

今月は、同様の内容で、
SJNKひまわり生命の募集人さん向けに
岩手県・盛岡で講演してきます。

先月、アフラックの大阪で行った
募集人向けセミナーの後半にて
『ねんきん定期便』を
少し取り上げましたが、
大好評でしたので、
深く掘り下げて
お伝えできればと思います。

続きを見る

『ねんきん定期便』活用コンサルタント

2016年5月22日

年初から通っていたマーケティングの講座がいったん終了しました。
いったんというのはこの講座は2コースあり、
もっと深く勉強したい方は、10月まで続き、私は今後も続きます。

ダブル講師で、

株式会社コンサルタントラボラトリー
代表取締役 北野哲正氏

コーチ、コンサルタント、セラピスト、カウンセラー、士業、整体師などの
”コンサルタント型ビジネス”における独立・起業・集客・プロモーション支援に
特化した活動を行っていらっしゃいます。
リクルート出身の絵に描いたような頭の切れる先生で、
ストイックに物事を追求する姿勢、分析力は
大変勉強になりました。

160521-03

キーストンフィナンシャル株式会社
代表取締役 大坪勇二氏

新日鉄で経理マンをされており、その後ソニー生命の
ライフプランナーとなり、トップセールスマン。
保険営業パーソンやFP向けの教育ビジネスを手がけ、
そして今年6月に電子書籍の会社を設立されるご予定です。
気配り、心配りが本当に素晴らしく、
自身の考えを具現化していくプロセスは素晴らしいです。

160521-02

毎月土日を使って、
50名ほどの受講生とグループディスカッションをしたり、
W講師の講義を聴いたり、外部講師の登場があったり、などなど。
約12年独自のスタイルでビジネスをしてきた私にとっては、
初めての異業種交流の場でもあり、
また、ビジネスで成功されている方の話を間近で聞くことができた
貴重な5ヶ月間でした。

受講生の方が有志で作ってくださったコーナーがあり、
「私はこんな分野が得意です。手伝ってほしいことや
一緒にビジネスをやりたい人、ご連絡ください」
という一人2分でプレゼンができる場があります。

最終回の今回、私は自分の”ワンシング”を発表してみました。
当初、昨年、ひまわり生命さんの保険募集人の方への
相続セミナーが好評だったので、「保険募集人の方」への
教育ビジネスを”ワンシング”にしようと思っていたのですが、
まずは、一般向けのコンテンツで落ち着きました。

今までの
かづなFP社労士事務所 所長
ファイナンシャルプランナー(CFP)
の肩書きにプラスして、
『ねんきん定期便』活用コンサルタント
とすることにしました。

実際の講義内での発表の様子です。

160521-04

プロフィールを改めて紹介し、

160521-05

「ネオマネースクール」の開校を宣言させて
いただきました!!

160521-06

ネオマネースクールでは、

~『ねんきん定期便』を活用して、
有利な資産形成をアイデアを手に入れる~

をコンセプトに、

『ねんきん定期便』は個人のお金のベースになる情報が満載で、
それらを読み解くことで、ムダ・ムラ・ムリのない資産形成ができます。
法人は『決算書』があれば、同様の効果が期待でき、
確実にお金を残すことができるようになります。

を目的とします。

ということで、
●個人向け
●オーナー社長向け
●開業医・開業医の奥様向け
の3コースで開校していく予定です。

今後は、
メルマガ・ホームページ作成などで、
少しでも早くみなさんに受講していただけるような体制を
作っていきます。

そして、フェイスブックをしていなかった私に、
受講生の方が開設を手伝ってくれました。
まだ投稿していない状態ですが、
よろしければ「田中香津奈」で検索していただくと
出てきます。

年初から通っていたこのマーケティングの講座は、
参加者ひとりひとりのレベルが高く、
これから活動していく上での道しるべ的な存在になったことは
間違いありません。

最終回の打ち上げです。

160521-07

北野さん、大坪さん、受講生の皆様、いろいろとありがとうございました!!

 

続きを見る

2016年 謹賀新年

2016年1月11日

あけましておめでとうございます。

年末はオーストラリアに向けて、一足早くお休みをいただいていましたので、
年始は1月4日(月)から仕事始めでした。
今回の旅行で、すごいリフレッシュできましたので、今年は
これまで以上に、新しいことに挑戦する気持ちでいっぱいです。

今回のオーストラリア旅行は、日本旅行を通じて申し込みました。
ツアー名は、《南半球大自然体感》ケアンズ6日 

ケアンズは、格安航空会社であるジェットスターしか飛んでいなく、
成田空港、そして、昨年4月に新設された格安航空会社専用ターミナルである
第3ターミナルからの出発ですが、ANA・JALと違い、正直遠いです。
(同じツアーの方で、第3ターミナルが遠くて、
乗り遅れた方もいたくらいです。。。)

160111-01

長女は座るなり、座席前に備え付けている画面を通じて、
映画やゲームに熱中して、怖がる様子はなかったです。
次女は、ちょっと不安そう。

160111-02

最初の2日間は、ツアーを申し込んでいたので、
ホテルに朝5時前後に到着して、ロピーで仮眠をとった後、
世界遺産キュランダ観光へ。
富士通の「世界の車窓から」で長年オープニングで
放映されていたキュランダ鉄道に乗車です。
2時間、30度近い晴天の中、冷房設備がない列車でしたが、
車窓から自然を感じることができます。

160111-03

帰りは、世界最長級のロープウェイ「スカイレール」へ。
列車で2時間かかったところを、あっという間に通ることができて、
二人とも快適&楽しそうです。

160111-04

ケアンズ2日目。
世界遺産グリーン島観光です。
ケアンズから船での移動で、約50分。
分かりづらい表現ですが、新潟港から佐渡へ向かう
感じと少し似ています。
グレートバリアリーフの景色を見ると、
ここまできてよかった!と思える瞬間です。

160111-05

長女にとって海といえば、静岡の熱海ですが、
今回は、世界遺産グレートバリアリーフです。
昨秋、水泳教室で気に入った水中めがねをして
楽しんでいました。

160111-06

ケアンズ3日目。
旅行行程の後半は、どうなるか未知の世界だったので、
フリーにしていました。
まずは、ケアンズ最大級のスーパーマーケットへ。
その場で焼いてくれるピザや、クリスマスを彷彿させる
ダイナミックなチキン、日本でも売ってそうなカルフォルニア巻きなど。
「オーストラリアに住めるかも」と思うほどの充実したラインアップでしたが、
驚くことは、物価が高いこと。
観光地ということもあるのか、日本の感覚で購入や外食をしようと
思うと、2倍前後はすると思います。
なんて日本は低コストで、高パフォーマンスの食がそろっているのか、
改めて認識させられました。

160111-07

散策の途中で立ち寄ったヒルトンホテルにて、
次女が記念撮影。

160111-08

ホテルから見える朝の景色は、とても幻想的な雲。

160111-09

4日目ともなると、日本で当たり前にやっているように、
ネットで検索して、ツアーではなく、自分で行きたいところに行こう!という
マインドに変わってきました。
今までの海外旅行とは大きく異なること・・・それはネット環境が
整っていることです。日本での環境を大きく変えないように
考えて借りていったのが、イモトのWiFi
通常の感覚で使うのであれば、1日980円(旅行先により異なる)の定額料金で
ネットを見る事ができます。とても便利でした!!
学生の頃、「地球探検隊」で現地発着ツアーに1人で参加していたときの
感覚がもどってきました。
ケアンズの人気観光スポットで子どもが喜びそうなところを検索したところ、
コアラやカンガルーなどが放し飼いになっているというトロピカルズーを発見。
公共バスに乗れば、自由な時間に行って帰ってくることが
できることがわかりました。

160111-10

念願のコアラとのツーショットです。
前日に購入したコアラのTシャツを着ています。

160111-11

カンガルーの餌付けをこころみましたが、
食べ飽きているのか、おなかがいっぱいのようです。

160111-12

最終日はオーストラリア土産に3人でお揃いのUGGのブーツを
買いました。

160111-13

子連れでどうなるかと思った海外旅行でしたが、
なんとか無事過ごすことができて、
帰りのケアンズ空港です。

160111-14

行ってみた感想ですが、「熱海も良いけれど、やっぱり海外旅行は楽しい。
考えるより、まず行動をしてみて良かった!」ということです。

最後に今年の抱負ですが、今まで、自己流でビジネスを展開してきましたが、
第2創業期として、マーケティングの勉強をしながら、
いろんなメディアを活用して、情報発信をしていきたいと思っています。

まずは、今まで取り組もうと思っていながら、
することができなかったメルマガを発行していき、
みなさまへの継続的な情報提供をこころがけていきます。
準備が整いましたら、このブログでもお知らせしますので、
ご登録いただければ幸いです。

今年も、どうぞよろしくお願いします。

続きを見る

個別相談再開&クロスタワー(旧東邦生命ビル)

2015年4月5日

4月1日(水)は、次女の保育園の入園式でした。
昨年の7月に産まれてから毎日、基本的にはずっと一緒にいたので、
寂しい感もあるのですが、本人は私と別れてもニコニコしていますので、
何だか複雑な気持ちになったりします。

ようやく、自由に仕事ができる環境になりましたので、
ずっと休止していた個別相談を再開させていただきます!
ただし、以前にも増して多忙になっているために、
日程調整が難しくなってきていますので、今までのような、
オープンな形でのメールフォームでの再開ではなく、
お電話いただいて、今後の流れについてお話していくという
形態をとらせていただきたいと思います。

ホームページの修正はこれから順次していこうと思っていますが、
まずはご相談したいという方は、平日月~金10:00-16:00の間に、
まずは私の事務所03-5468-2970までご連絡いただけましたら、
女性事務員が対応させていただきます。
「個別相談希望なので、折り返し電話して欲しい。」と言っていただけ
れば、その後私から折り返しご連絡させていただき、日程調整という
流れです。
簡単に概要をお聞きした上で、相談する必要がないと判断させて
いただいた場合や、私よりもっと適任がいると判断させていただいた
場合はご紹介まではさせていただきますので、折り返しの際に、
その旨をお伝えさせていただきます。
あくまでも、私の有料相談は解決のための手段のひとつですので、
無料相談でもレベルが高く、満足のいく回答をしてくれる方は
いらっしゃいます。ただ一般の方には、なかなか見つけることが
できないだけなのです。

再開後のプランは以下3つです。
基本的には、個人・法人問わず、生命保険・相続についての
ご相談を承ります。
ただし、ライフプランの変更にあたり、住宅購入などのご相談が
生じる場合は、ご相談の内容に含めて対応させていただきます。
相談内容・料金は以下を目安にしてください。

お気軽プラン
医療保障(医療保険・がん保険)、学資保険のご相談
10,000円(税込)

満足プラン
お気軽プランに加え、死亡保障、老後保障(年金保険)
401k、投資信託も交えたご相談
20,000円(税込)

スペシャルプラン
満足プランに加え、相続対策・法人の節税対策のご相談
30,000円(税込

相談場所は、渋谷区神宮前の事務所になりますので、
どうぞ、よろしくお願いします。

3月最後の週末は、お花見に行ってきました。
家の近くの神社、金王八幡宮の金王桜です。

150402-07

ビルの谷間で、堂々と満開に咲き誇る姿は、本当に美しいものです。

150402-06

昨年の11月くらいに買ってきて、事務所のベランダに
植えたチューリップの球根ですが、
こんな綺麗に咲きました。

150402-08

話は変わるのですが、私の自宅の近くに、
クロスタワー(旧東邦生命ビル)があります。
東邦生命は破綻してしまいましたが、当時東邦生命といえば、
優秀な社員が多かった良い保険会社でした。
駅から近いといはいえ、立地的に行き易いというわけではなく、
人混みを気にしなくて良いので、個人的には好きな場所の
ひとつでもあります。
ビルの1Fに隠れた中華の名店、『慶家菜』があり、
落ち着いてご飯を食べることができますので、
たまに利用させていただきます。
TBSの「チューボーですよ!」にもたまに登場しますが、
ここは美味しいです。

 150401-01

帰ろうとしたときに、見かけないお店を発見。
北海道系の居酒屋さんがあったはずなのに閉店・・・?
と思い見に行くと、新しいお店がオープンしていました。

150402-04

お洒落なお店になったんだなぁ~と思っていると、
中から、見覚えのあるシェフがいます。
もしかして、調理の鉄人の坂井シェフ?

目が合い、わざわざ表まで出てきてくれたのは、
坂井シェフで、記念写真にも気軽に応じてくれました。

150401-03

 
3月16日にオープンしたばかりで、「イル・ド・レ」というお店です。
4~5年前に名店「ラ・ロシェル渋谷」がクロスタワーの最上階に
あったのですが、私は行く機会が無かったので、こうやって坂井
シェフのお店ができて、偶然にもお会いできて何だかうれしかったです。
気軽にフレンチを食べることができ、値段的にもリーズナブルとの
ことですので、近いうちに行きたいと思います!

女性社労士の渋谷支部の集まりで、数日後に「ラ・ロシェル南青山」へ
行くこともお話させていただきました。
女性社労士の女子会は、次女の保育園の入園式翌日。
重厚感、高級感漂うお店でした。

150402-13

第一線で活躍されている先輩社労士の方をお招きしての女子会でしたが、
大変勉強になりました。

また、クロスタワーといえば、亡くなった尾崎豊さんが、
青学の高等部時代にこの場所からよく夕焼けを眺めていたということで、
ファンにとっては、聖地みたいな場所があります。

150402-12

尾崎豊さんのレリーフがあり、その横には「17歳の地図」の
歌詞が刻まれています。そして、その周りや壁面にはものすごい数の
ファン達の熱いメッセージが書かれています。

150402-10

渋谷の駅前は開発ラッシュで、どんどん新しい建物に生まれ変わって
いきますが、ちょっと駅から離れるだけで、こんなに素敵な場所が
ありますので、よろしければ、是非行ってみてください!

続きを見る

ホームページリニューアルしました!

2014年12月1日

今年10期目である株式会社フェリーチェプラン。

会社を設立した平成17(2005)年12月から、ちょうど10年前になりますが、
走り抜けてきたという思いがあります。
子供がいなかったこともあり、実質独身時代とあまり変わらない自由さがありました。
現在は子どもがいますので、あの頃のような自由さは全くないですが、
不自由さの中にこそ自由があることを実感する毎日です。

当時、FP(ファイナンシャルプランナー)の認知度もまだまだといった感じでしたが、
書籍・雑誌、新聞やサイト、テレビやラジオといったメディアから取材を受けてきました。
私はメディア露出を目的とするライターFPではないので、
最初の接点はかなり受け身な感じなんですが、
いざ仕事を引き受けると、全力でやらせていただきました。
今振り返ると田中香津奈という存在を知ってもらうことに、有効な手段でした。
また、日本経済新聞主催のセミナー等を通じて全国で講演をさせていただいいた
機会があったことは仕事運も味方してくれたと思います。
個別相談では、生命保険相談だけでなく、住宅ローンや損保についても
幅広い金融の知識をベースに、プロとして中立・公平な立場で
最も有効なアドバイスをしていくことを最優先にしてきました。

この10年で、FP(ファイナンシャルプランナー)は銀行、保険会社などの金融機関、
または住宅業界に勤務している人にとっては当たり前の資格となり、
インターネットでは保険の比較サイトがあふれ、
街中には無料の保険相談ショップが乱立状態ですので、
本当に自分に合った情報が分かりづらくなっています。
FP業界は離合集散を繰り返し、最終的には組織で動くというよりは、
個々が強くなって動くという原点回帰の流れにあります。
そんな中、保険不要論をひたすら繰り返す一部のFPがいますので、
ますます有効な情報が取りづらくなっているのが現状です。

これから私は今までの経験を活かし、
『CFP』『1級FP技能士』『社会保険労務士』資格の相乗効果により、
バランスの良い、現実的な情報を提供していきます。
40代となった今、ひとつの区切りとして、今までの経験と知識を活かした
仕事を継続していくのに、まずやらなくてはいけないと思ったことが、
ホームページのリニューアルです。
TVの「住宅ビフォー・アフター」のように、継ぎ足しできたホームページですので、
ページ数もどんどん多くなり、整理できていない状況になっていました。
私のホームページは情報提供系のサイトですが、リニューアルに向けて、
まずはコンテンツを整理していくことに重点を置きました。

141201

サイトを通じて、初めて田中香津奈にアクセスしていただいた方に、
活動実績が一目で分かるように、
執筆&メディア活動
書籍情報
過去に開催したセミナー
セミナー参加者の声
にカテゴリーを分けました。

そして、多くの方が参考にしていただいている「かづな先生の保険ゼミ」。
平成16(2004)年1月11日から平成17(2005)年12月までの2年間、
毎週アップしていったことによって完成した全100回のコンテンツです。
当時は、生命保険の情報系コラムというものが無かったのですが、
10年を経て、今一度目次から見直し、実務家FPならではのコンテンツに
リニューアルをかけていきます。
しばらくは、プロファイルのサイトでコラムとして、リニューアルコンテンツを
順次アップしていこうと思っています。

「かづな先生の保険ゼミ」と同じくらい、アクセスが多いのが、
かづな先生の医療保険比較」。
今回は、第3分野だけでなく、第1分野にも踏み込むことによって全11種類に増やし、
「保険比較」としてリニューアルしています。
保険料の安さだけで比較するのではなく、付加価値も含めた比較が大切!という
視点を変えた構成に仕上げてみました。

そして、旧来の「保険ゼミ」&「保険比較」に新しく加わったのが、
保険ナビ」です。
数多くの取材を受ける中、やはり、わかりやすいコンテンツも必要だ
ということを痛感していましたので、限られた文字数の中で、
ケーススタディにあてはめた解説をまとめてみました。
年齢・家族構成で選ぶ
心配ごとで選ぶ
ライフイベントで選ぶ
と、いろんなケースを想定できるようにしています。
あくまでも、『保険の考え方』を重視しているというスタンスから、
オススメ商品については、具体的な商品名ではなく、
保険種類にすることによって、商品狙い撃ちの保険プランに
ならないようにしています。

こらから新たに、セミナー・個別相談ページをはじめ、社労士の新規サイトも
追加作成していきます。
セミナー・個別相談について具体的にどのように運営していくかは、
この年末年始でじっくりと考えた上で、
改めて2015年度にホームページ上に公開させていただきます。

現在の活動についてですが、予定では来年4月、
次女が保育園に無事入れたら本格始動しようと思っていたのですが、
(0歳児入園は、待機児童の約6割を占める狭き門のため、来年2月まで入れるか未定・・・)、
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命にて、全国の支社を対象に相続セミナーの
講師のお話をいただいています。
現時点で、来年1~3月の間、熊本・静岡・沼津・浜松・沼津・北九州・茨城・福岡・京都での開催が
決定しています。
『必ずもめる相続と保険活用法』というオリジナルのレジュメを元に、
分かりやすくお伝えできればと思っています。

相続税の対象外の方も、人が亡くなれば相続が自動的に発生してしまいます。
お金は揉め事の一番の原因であり、身近なところでは現在私の母と母の妹との間で、
お互い弁護士が介入し、全く解決の糸口は見つからないようです。
祖父は健在なのに、恥ずかしながら泥沼化してしまっており、
今思うと祖父があの時にああすれば良かったのではないかと思うことがいくつかあり、
このことも、セミナーではお伝えさせていただく予定です。

これからも新ホームページを通じ、
セミナーや個別相談にて直接みなさまとお会いできる日を楽しみにしています!

続きを見る

事務指定講習(社労士)

2014年4月17日

今年初めに送られてきた段ボール一式。
社労士の事務指定講習に関する教材一式が入っていました。
不足資料がないかは確認した後は、通信教育に関しては手つかずのまま・・・。
2月1日から5月31日までの4カ月間で仕上げなければいけません。

送られてきた主な教材は、

・労働社会保険実務総論
・労働社会保険様式記載例
・労働社会保険実務研究課題書
・労働社会保険実務指導様式集

140416-06.jpg

・社会保険労務ハンドブック
・社会保険労務六法

140416-08.jpg

・レポート提出内容総括集、提出用&返信用封筒(※3回分)

140416-07.jpg

など全12種類。

労働社会保険実務研究課題書で設定された事例ごとに、
必要となる手続きと、使用すべき書類を想定し、「必要となる手続きメモ」を作成します。
そして、使用すべき書類を労働社会保険実務指導様式集から抜き取り、
労働社会保険様式記載例を参考に、書類を仕上げていくという地道な作業です。

事例29まであり、社労士の試験範囲であった、労働基準法から厚生年金まで
ほぼ全て網羅していますので、試験後の実践的な復習も兼ねています。
また、会社経営やFP業務で実際に遭遇するケースの書類を実際に
確認することができたのは大きな収穫でした。
例えば、
*会社設立して、社会保険への加入や雇用したときの手続き
*出産・育休に関する支給を受ける時の手続き
*高額療養費や傷病手当金の請求手続き
*年金受給に関する手続き
などで、全56種類、64枚に及ぶレポートとなりました。

ここ最近は、夜中とか朝早くから起きてやっていたので、妊婦生活との両立で、
体もキツかったのですが、ポストに投函し終わったので、ほっとしているところです。

次のステップの面接指導過程は、8月のお盆の時期に行われます。
東京・有明のTOC有明コンベンションホールにて朝から夕方まで、
終日の研修も必須事項となりますが、通信・面接ともにクリアしないと、
今年中の社労士登録はできません。
日程的に産後1カ月後になりますが、まずは参加してきます!

また、今週末は社労士のみなさんの集まりがあります。
そこでパネルディスカッションがあるのですが、
登録も完了していない私にパネリストとしての依頼がありました。
FPとしての実績があるからということのようで、
Wライセンスについてお話できればと思っています。
これからは社労士としての交流も増えそうで、いろんな人との出会いが楽しみです。

次は、チューリップを見に、立川の昭和記念公園に行って来たときの写真です。
昔は米軍基地だったようですが、池ではボートを漕いでいる人がいたり、周りでは
お弁当を食べている人がいたり、すごいのどかな感じでした。

140416-01.jpg

色鮮やかなチューリップです。

140416-02.jpg

140413-05.jpg

140416-04.jpg

広場の周りにはポピーも咲いており、心が癒されました。

140416-03.jpg

遠くにお住まいの方も、チューリップ畑を見るだけでも価値がありますので、
是非、行ってみてください!

最後に、2つお知らせです。

女性のための求人・転職サイト『とらばーゆ』で、
「働く独身女性が入っておくべき 医療保険」について解説しています。

4月26日(土)をもちまして一旦お休みさせていただく
『かづな先生のセカンドオピニオン』ですが、
残り約10日分の枠がすべて埋まりましたのでご連絡です。
お申し込みいただいた皆様、ありがとうございました!

続きを見る

かづなFP社労士事務所(予定)

2014年2月6日

2月1日の日本経済新聞1面に、金融庁が保険販売ルールを
2015年中にも創設するとの記事がありました。

なぜその商品を勧めるのか理由を説明するほか、
顧客の意向を聞かずに個別の保険を勧誘するのは禁じる方向であり、
たとえば、複数社の商品を取り扱う乗合代理店では比較販売する場合、
勧める商品が他と比べてどこが優れているのかを説明するようにするとのこと。

とても大切なことですよね。

しかし、この販売ルールは保険販売員のモラルの問題でもあるわけであり、
保険会社本体から大型代理店に支払われるインセンティブ制度の撤廃と、
実績に応じた手数料格差の撤廃をしない限り、
この問題は抜本的な解決には至らないのではないでしょうか。

漢字生保の中にはいまだに特約てんこ盛りの商品を販売し続けていますが、
特約が多いと商品内容は複雑化しますし、比較もしづらくなってしまいます。
良いか悪いか分からなくすることにより、何となく継続させることを目的とし、
保険会社本体の最大の狙いではあるのですが、
主契約に対して特約最大2つまでにする!
更新制度も原則禁止!
などの規制をすれば、少しは健全化するのではないかと思います。

次に、2月1日からファインナンシャルプランナー(FP)資格の最上位であるCFP(R)
認定者となりましたのでご報告です。

140201-02.jpg

140201-01.jpg

●CFP(R)・・・民間資格(日本FP協会)
●1級FP技能士・・・国家資格(厚生労働省)
●大学課程・・・民間資格(生命保険協会)

これにて、三大FP資格の最上位資格はすべて取得したことになりますが、
FPというのは、業務独占資格ではないからこそ、
実務経験と活きた知識がより重要になってきます。
最上位資格を取得していても、上辺だけの知識の要約や、
保険料の安さや戻り率比較に終始してしまっている方もいますが、
商品の特徴をしっかりと伝える時代です。
2月1日の日経新聞の中で、金融庁は勧める商品が他と比べて
どこが優れているのかの説明義務を保険販売員に求めているわけですが、
実は、FPにも問いかけられているのではないでしょうか。

そしてこれからの時代は、FP資格は、税理士・社会保険労務士・行政書士といった
業務独占資格のプラスα資格としての役割がますます強まっていくのではないか
と思っています。
正式に社会保険労務士になった暁には、事務所の屋号を『かづなFP社労士事務所』として、
新たな活動を行う予定です。

私は今まで、数人のFPの方々と協力して、仕事をしてきましたが、
10期目を迎えるにあたり、一緒にやっていく人を募集することにしました!

なかなかホームページが更新できない状況が続いていますので、
取り急ぎ、ブログで募集を告知したいと思います。

今回の募集の概要としては、『未経験者大歓迎!』です。
募集人数は若干名。
35歳以上の未婚女性または母子家庭のママを希望しています。
ブログ等を見て私の考え方に賛同できる方であれば、ウエルカムですので、
ご興味ある方は、まずは弊社事務所まで履歴書を送っていただけますと幸いです。
ご応募、お待ちしております!

※一定数の募集人数に達しましたので、2014年2月28日(金)をもちまして、
  受付は終了いたしました。

  

続きを見る

七五三&社労士合格祝賀会

2013年11月27日

11月24日(日)は、前回のブログでもお伝えしていました
TAC主催の社労士合格祝賀会が、紀尾井町にある「ホテルニューオータニ
東京」でありました。 

祝賀会は15時開始だったのですが、93歳になる祖父が娘の七五三と、
私の着物姿を見てみたいということで、祝賀会と同日の午前中に
写真撮影会と食事会を「ホテルオークラ東京」でやることになりました。

131126-13.jpg

七五三そのものは既に終わっていたのですが、当日祖父の
体調が悪くなってしまった関係で、お披露目することができなかった
ので、実現できて良かったです。
私が着ているこの着物は約50年前のものですが、色あせることも
なかったので、祖父は大変喜んでくれました。

131126-12.jpg

合格祝賀会会場のニューオータニです。
晴天に恵まれた、とても良い日でした。

131126-08.jpg

会場付近の案内板です。
15時からスタートだったのですが、
事前に写真撮影等がありました。

131126-14.jpg

TAC株式会社代表取締役社長の斎藤博明氏との
記念写真です。

131126-11.jpg

写真中央の黄色のお花をつけている方は、
今回私を合格へと導いてくれました宮島哲浩先生です。
周りは同じクラスの合格者で、社労士試験という戦場から
無事生還してきたみなさんです。
宮島クラスは他にもありますが、普段は顔を合わすことのなかった
たくさんの合格者の皆様とも交流を深めることができました。

131126-09.jpg

この写真は、竹之下節子先生との記念撮影です。
年金のスペシャリストで、講義が分かりやすいと評判だったので、
昨年の10月から12月くらいまで新宿校まで通っていました。
CFPの勉強も並行していたのと、時間的に調整が難しくなり、
今年に入ってからは出席できませんでしたが、試験にでるポイントを
確実に明快に解説してくれる素晴らしい先生です。

131126-10.jpg

年金アドバイザーの看板講師でもあり、私は通信で
試験の1週間前からDVDでお世話になりました。

社労士の合格発表前でそわそわしている最中に受検しましたが、
11月25日(月)にようやく合格証書が届きました。

131126-16.jpg

ご丁寧に順位まで教えてくれる資格のようです。
私は88点で505番でしたが、社労士合格者であれば、
90点以上がほとんどで、満点近くをとっている方も多くいらっしゃる
のではないかと思います。

131126-17.jpg

祝賀会も終わり最後見送られる途中、宮島先生に改めて感謝の気持ちを
お伝えすることができました。
こうして、長かったような短かったような受験生活を終えることができました!
苦しいことも多く何度か心が折れそうになるときもありましたが、
絶対に合格するという強い心を持ち続けながら挑戦できて、本当に良かったですし、
これからの私自身の仕事の幅に広がりを持たせていきたいと思っています。

131126-15.jpg

最後は、11月14日(木)に行った七五三の様子です。
お参りは明治神宮でしたが、途中で疲れてしまい寝てしまいました・・・

この写真はメイク前に鏡を見ているところです。

131126-02.jpg

髪飾りもつけて、お顔は完成です。

131126-03.jpg

着物を着させてもらい
131126-04.jpg

やっと整いました。

131126-06.jpg

娘は髪の毛が多い方ではないので、何度か男の子に 間違われることもあったのですが、
ようやく女の子らしくなってきたような気がします。

131126-07.jpg

なんとなんと、来月になったら生まれて初めて、 髪の毛を切りに行く予定です。

続きを見る

Felice Plan

田中 香津奈
ファイナンシャルプランナー
(CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
社会保険労務士(登録番号 第13140401号)
株式会社フェリーチェプラン 代表取締役

2005年に独立系FP会社、株式会社フェリーチェプランを設立。
『守りのお金』と『攻めのお金』のバランスを考慮した情報を、セミナー、個別相談、執筆&メディア出演等を通じて発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

2017年4月
S M T W T F S
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最新記事

rss

カテゴリ

過去の記事